結婚式のスピーチを依頼する際に気をつけること!

福岡ウエディングアイランドマリゾンのパーティ風景:スピーチの依頼について


結婚式を挙げる場合に、式場や披露宴会場が決まると、次に式や披露宴の具体的な内容について検討を始めるはずです。その中で悩むことのひとつが出席者によるスピーチ。一口にスピーチと言ってもその種類はさまざまで、考慮すべき点がたくさんあります。

今回は、どのようにスピーチを結婚式に織り込めばいいか、そしてスピーチを依頼する場合はどんな点に注意すべきかについて考えてみましょう。

結婚式で行われるスピーチの種類

結婚式の流れから考えると、最初にあるスピーチは主賓スピーチです。主賓とは両家の招待客の代表者のことで、基本的にはご新郎ご新婦それぞれの職場の上司、特にお世話になった恩師に依頼するケースが多く、その他、親族、友人に依頼するケースもあるようです。

ご新郎ご新婦双方の主賓スピーチが終わったら、続いて乾杯のスピーチがあるのが一般的です。乾杯のスピーチは、ご新郎側の主賓がそのまま乾杯の音頭をとったり、ご新郎の主賓を依頼した人の次に格の高い方に依頼したり、お世話になった恩師、友人に依頼されるケースが多いようです。

その他、結婚式のプログラム内に余興を入れる際は、時間の都合や他にも楽しみたい演出などがあることを担当のウエディングプランナーに相談すると良いでしょう。スケジュールの調整や依頼の仕方を教えてくれます。

スピーチは誰に頼めば良い?

主賓スピーチを誰に頼むかという問題はすなわち主賓を誰にするかという問題と同じです。これには一般的に会社の上司や恩師、さらには先輩など目上の方に頼むケースが多いわけですが、もちろん最近では比較的ご新郎ご新婦と年齢の近い若い方などが努めるケースもあるので、一概に「この人!」と決めるわけにもいきません。

気をつけたい点として、両家の主賓の格をある程度揃えておくほうがスムーズかもしれません。また主賓を誰にするかについては両家のご両親にも事前にしっかりと報告しておきましょう。家にとって大切なお付き合いのある目上の方などがいる場合もありますので、注意して選択することが必要です。

スピーチを依頼する際のマナー

スピーチの依頼は可能な限り直接会って、出席していただきたい旨、主賓としてのスピーチをお願いしたい旨を伝えましょう。遠方にいる方に依頼する場合は、たとえ友人であってもメールやSNS、人づてでの依頼ではなく、手紙や電話で連絡をするのが望ましいでしょう。

また依頼する際は、どんな披露宴にするか、招待客の人数、話題にして欲しいこと、持ち時間の目安など、スピーチに必要な情報を事前に伝えておくとよいでしょう。

依頼の仕方一つで大人としてしっかりと振る舞えているかが現れます。丁寧な依頼をするように気をつけることはもちろん、主賓の方のことを考えた依頼をするようにしましょう。

スピーチを依頼するタイミングはいつが良い?

あらかじめスピーチの内容を考える時間が必要なので、主賓としての出席とスピーチを依頼するのはなるべく早くすべきです。なかには人前で話すことが基本的に苦手という方もいるでしょうから、ギリギリになって依頼するというような展開はできるだけ避けましょう。

遅くとも招待状を送る式の2か月前には依頼したほうがよいでしょう。ただ、招待状が完成するまで待つ必要はありません。事前に主賓を依頼する方が決まっているのであれば、決まった時点で主賓としての出席とスピーチの依頼をして、「招待状は後日改めて送付させていただきます」と伝えることもできます。

スピーチをしていただいた方にはどのようなお礼を用意すべき?

主賓スピーチをしていただいた方にはどのようなお礼をすべきでしょうか?一般的には交通費をお渡しするというケースが多いようです。もちろん気持ちですのでそれ以外にお礼を用意しておいてもよいかもしれません。もし主賓が式に出席するために宿泊も必要であれば、交通費と宿泊代の両方を負担してあげられるのか、それとも交通費だけしか用意できないのかを事前に告げておくことが大切です。

お礼としてお金を渡す際はご祝儀袋に入れて渡すべきです。その際、表書きには「御礼」と記載し、ご新郎ご新婦の「名前」を記入するのがマナーです。渡すタイミングは受付が終わった後、依頼をしたご新郎ご新婦それぞれの両親から渡してもらうとよいでしょう。

余興で友人としてのスピーチをしてくれる人にも同様です。主賓ほどの形式的なものはないにしても、自分たちのために一肌脱いでくれた友人に感謝を示すことは結婚後の付き合いを考えても大切なことと言えるでしょう。

大勢の出席者の前でスピーチをするというのは大変なことなので、人によっては主賓スピーチの大役を断られることもあるでしょう。そのような場合は無理強いせずに別の人に依頼するようにしましょう。またスピーチの内容についても事前にある程度は打ち合わせをしておいて、どうしても触れられたくないことがあればそうした点を述べておくならば安心して式当日を迎えられるでしょう。

とはいえ、昨今は自由なスタイルの結婚式や披露宴が多く、新しく人気のゲストハウスなど、結婚式場によっては形式的な流れではなくてもおふたりのやりたいようなスタイルが叶うよう対応してくれますので、まずは気になる結婚式場の実際のパーティレポートなどをじっくり見てみてはいかがでしょうか。


wedding-useful