披露宴での席次表作成! 席の配置を考える際の注意点

千葉セントマーガレットウエディングのパーティ風景:席次について


会議室での会議、会社の懇親会、車に乗った際など、社会人のさまざまなシーンで必要になるのが席の配置のマナー。結婚式においても席次表にゲストの皆さまの役職などが記されるので、ゲストの皆さまに恥をかかせないためにも特に席の配置には気を付けなればいけません。

どのような配置で大切なゲストの皆さまに座っていただくべきなのでしょうか。今回は披露宴の席次表の作成の手順、席の配置を考える際の注意点についてご紹介します。

席次表を作るまでの手順

席次表を作るには、ゲストの皆さまの人数をある程度決めておく必要があります。

式場と披露宴会場が決定した時点で、だいたい何人を結婚式に招待するのかが決まっているはずです。この段階ですでに招待状の作成や送付など一連の仕事を終えていると思いますので、いよいよここからは具体的な式の規模と内容を決定していくことになります。

席次表を決める前に出席が決定しているゲストの皆さまの肩書きを確認し、決定しておくことも必要です。ご新郎ご新婦とそのゲストの皆さまの関係によって席次表に書き入れる肩書きが決まってきます。現職場のゲストの皆さまは会社名と今の肩書きを記載し、その他は恩師・先輩・同僚・ご友人・ご親族・ご両親などの肩書きを記載していくことになります。

また、ご家族の名前に敬称をつけるかどうかも重要なポイントです。一般的に身内の方には敬称をつけないとされています。したがってご新郎ご新婦のご両親やご兄弟、ご姉妹には「様」をつける必要はありません。ただし、ご兄弟、ご姉妹が既婚者である場合は「様」をつけるのが通例です。

席順の種類

結婚式は一大イベントなので席順を決めるだけでも神経をつかうものです。バラエティに富んだ結婚式のスタイルが見られていますが、席次の配置に関しては大きく分けてくし型とちらし型の2つのスタイルが一般的です。

くし型というのは縦に長い机をいくつか用意して席を作る配置の仕方のことです。このスタイルはたくさんのゲストの皆さまが座れるというメリットがあります。一方のちらし型というものは丸テーブルを複数配置する方法のことを言い、いかにも結婚式というイメージを重ね合わせる人も多いのではないでしょうか。ご新郎ご新婦が各テーブルを回るなどの結婚式の王道を行くことができる人気のスタイルです。

席次表を作成する際に知っておくべき上座と下座

舞台などでも上座下座という言葉が使われますが、結婚式の席次表を作成する場合にも上座や下座を意識することが大切になります。ご新郎ご新婦に近い席を上座、ご新郎ご新婦から遠い席を下座と呼びます。基本的に主賓をはじめとする重要なゲスト、目上の方などを上座から配置することになりますが、それ以外にも少し遅れて来場することがわかっているゲストを出口付近などに配置したり、小さなお子さん連れの招待客を出口に近いところに配置するなどの気配りも必要になってきます。

配置の決め方

では具体的にどのような形でゲストの皆さまを配置していけば良いのでしょうか?まずはご親族から考えてみたいと思います。

ご両親やご親族の席順

ご親族やご新郎ご新婦のご両親は、席次表では下座の一番後ろ、つまりご新郎ご新婦からは最も遠い席に座すのが普通です。昔はご新郎の父が結婚式の主催者となっていたこともありましたが、やはりご両親はあくまでゲストの皆さまを迎える側ということになります。

職場関係の場合

続いて職場関係の人に関しては、上司はやはり上座に座ることになります。順番としては主賓の次に大切なゲストさまという位置になり、くし型であれば主賓の次、ちらし型であれば主賓や恩師と同じ席となります。

一方職場関係でも先輩という肩書きであれば、くし型とちらし型で事情が異なってきます。くし型であれば上座の後方、ちらし型であれば下座のご新郎ご新婦寄りの席というのが普通です。

ご友人の場合

最後にご友人という肩書きの場合は、くし型でもちらし型でも下座のご新郎ご新婦寄りが定位置となります。また、ひとくちにご友人といっても、それぞれの方同士ではあまり仲が良くなかったり、面識がなかったりと、その関係は異なるもの。ゲストの皆さま同士で話しやすいような配置に工夫をしましょう。

こうした基本的な席順の決め方をしっかりと覚えておいて、失礼のないように配慮しましょう。

最前列テーブル数が偶数・奇数の場合の注意点

特にちらし型の席次の場合は最前列のテーブル数に注意を払う必要があります。最前列の奇数の場合上座の中央席、ご新郎ご新婦の真ん前の席にご両家の主賓が座ることになりますが、最前列が偶数の場合はご新郎側の主賓の席とご新婦側の主賓の席に分けるのが通例です。

会場によっても違ってくるでしょうし、主賓の人数によっても変わってきますので、会場スタッフと打ち合わせしつつ、席次表として違和感のないようにしっかり準備する必要があるでしょう。

席次表は最近、招待状とともに「ペーパーアイテム」と呼ばれ、ご新郎ご新婦のアイデアを発揮するポイントともなっており、かなりお洒落な席次表が作られています。あまり堅苦しくなく、デザインよりも現代風なものを用意したいというカップルはさまざまな種類の席次表のつくり方を勉強してみてはいかがでしょうか。なかには業者に任せず、手作りするカップルもいるようです。もちろん業者に頼むとクオリティの高いものができますので、自分の要望をしっかり伝えてセンスの良い席次表を作成するのも楽しいでしょう。一方で、席次表の配置の仕方が適正なものになるように気を配りましょう。


wedding-useful