挙式と披露宴の正式な違いとは何?

熊本四季の丘の披露宴


挙式を行うなら、同時に披露宴も行う人も多いでしょう。挙式と披露宴はセットになっていることがあり、これらは1日の間に行われます。おふたつのイベントは似ているようではありますが、まったく違うものであり、目的や招待する方や会場なども違うものになります。こちらでは、挙式と披露宴の違いを知るとともに、それぞれの必要性についても考えていきましょう。

挙式と披露宴の目的の違い

挙式

挙式は結婚式の事でもあり、目的は式を行うことです。これは儀式の事であり、おふたりが結ばれてこれから一緒に生活を行うための契りを結びます。披露宴とは違い、主にご親族のみで行われます。しかし、儀式なので宗派によっても行い方が違いがあり、キリスト教式や仏前式や神前式など、いくつかの種類があります。

披露宴

お披露目パーティーという意味合いが強く、ご友人や職場の人を呼ぶのは披露宴になります。披露宴に間に合わない方はニ次会から参加という人もいます。ケーキ入刀やスピーチ、さらにはご友人たちによる余興が行われます。

挙式と披露宴の招待する方の違い

挙式

挙式ではご親族を中心に招待しますが、お世話になっている人を呼び、ご親戚・お世話になっている上司・恩師などがメインです。特別仲の良いご友人などがいれば呼んでも良いかもしれません。

披露宴

ご友人や職場の方などを呼び、そこまでは親しくないけど付き合いがある方なども、披露宴にゲストとして招待します。また、基本的に挙式にゲストさまとして参列していただいたかたは、披露宴にも出席をしてもらいます。

また、二次会を行うときは、披露宴での人数調整で呼べなかった人を中心に呼ぶと良いでしょう。二次会は本来であれば、ご友人たちが中心になって開催する会ですので、結婚式などとは違い逆にご新郎ご新婦を呼んでもてなすという意味合いが強いです。どこに誰を呼ぶかは、ご新郎ご新婦とどれぐらい親しいかで決めると、人選で悩まずに済みます。

ただ中には職場の上司など、職場の人をゲストさまとして呼びたくない、という人もいるでしょう。もし、上司や同僚を呼びたくないというなら、職場の方はすべて呼ばずに身内だけの式や海外挙式にするという方法もあります。

挙式と披露宴の会場の違い

ホテルなど挙式と披露宴を同時に行えるところは、挙式の後に披露宴を行います。ホテル・ゲストハウス・専門式場・レストランなどがあります。ただゲストハウスやレストランですと収容可能人数は限られ、大規模な挙式や披露宴は行えません。

チャペルや教会・神社などで結婚式を行う場合には、披露宴をする場合は別会場になります。この場合は別会場までご新郎ご新婦や参列者が移動するので、少し大変です。会場が徒歩圏内になければお車代をここで出す必要も出てくるでしょう。

どのような場所で挙式や披露宴を行うかは、挙式と披露宴のどちらを重視するかで決まってきます。

挙式を重視したいというカップルは、婚姻の儀式という挙式そのものを大切にしたいという方が多いため、挙式メインの会場を選ぶ傾向にあります。また、挙式は披露宴のように余興を入れるなどといったアレンジがしにくいので、会場の設備や雰囲気も重視する傾向にあります。

披露宴を重視したいという方は、ゲストの皆さまを楽しませるという意味合いが強くなり、挙式よりも長い時間で行います。披露宴会場にこだわっている場合に、式場選びは変わってきます。

挙式と披露宴の金額の違い

挙式と披露宴の費用は、挙式は高くても25万円程度、挙式は300万円程度となっており、全体で300万円から400万円ぐらいが平気的な予算です。ただその他にも衣装代や引き出物代などがかかりますので、全体で400万円と程度みておけばよいでしょう。

しかしこれはご両親からの援助やご祝儀代などがありますので、ご新郎ご新婦おふたりが用意する費用は、もう少し安くなるケースも多いです。ゲストさまを多く呼べばそれだけ費用がかかるかと言えば、ご祝儀がありますので、一概にそうとは言えません。また引き出物やプロのカメラマンやお車代など、挙式や披露宴に多くのオプションをつければ、それだけ費用もかかります。

ホテルやゲストハウスを利用すると予算は400万円程度、専門式場だと300万円程度、レストランだと250万円程度、教会や神社だと挙式代のみかかり、披露宴を行うなら他の会場を用意する費用が別途かかります。小規模な披露宴を行うなら料亭で行うという方もおり、40名ゲストさまの参加で150万円程度です。

挙式と披露宴はそれぞれ違い、呼ぶ人や行う目的など大きく違います。それによって会場選びもどこにするかおおよその目安は付いてくるでしょう。
挙式と披露宴の両方を行う場合、挙式のみを行う場合のどちらでも、ご家族やご親族と相談して決めていくのが良いでしょう。ご家族やご親族も挙式には参加するでしょうから、交えて会場などを考えていくようにしましょう。


wedding-useful