心遣いが大切! 結婚式を遠方で行う際のマナー

福岡ウエディングアイランドマリゾン新郎新婦と外観:遠方で行う際のマナー


一生の思い出となる結婚式をどこで挙げるかというのは非常に重要なポイントです。自分の地元に帰って式を挙げたいという方もいれば、ハワイなどの海外結婚式に代表されるように自分の憧れの地で結婚式を執り行いたいなど、今現在住んでいるエリア以外で式を挙げたいという方もいるでしょう。また遠距離恋愛から結婚に至ったカップルは、どちらか片方にとっては遠方と言える土地で結婚式を挙げることになる可能性が高いでしょう。

おふたりからの心遣いや、アクセスフォローのある式場の選び方で遠方での結婚式もステキに叶えられます。そのためにどんなことに注意すべきか、ご新郎ご新婦が意識すべきマナーをご紹介しましょう。

遠方で結婚式を行う際、ゲストの皆さまを招待する場合のマナー

遠方で結婚式と挙げる場合、招待するゲストの皆さまの交通費や宿泊代に関しては、主催側がある程度負担するのは基本的なマナーです。全額を負担するというのが難しくとも、半額は負担するなどして、お礼の気持ちを示すべきです。そのためには予算をしっかり立てることが必要です。招待する人数、料理、引き出物など結婚式にかかる費用全体を考えて、招待する人数や負担額を考えましょう。

できるだけ早くゲストの皆さまに結婚式の日程を伝えることも大事なマナーです。遠方の場合、当日の移動では間に合わず、前日に現地入りしなければならないこともあります。そうなると、前もって前日の日程を空けておかなければいけないので、できるだけ早く伝える必要があります。

お車代、宿泊代は誰に用意すればよい?

遠方といってもどれくらいの距離かは時と場合によって違うので、どのくらいの費用を負担するべきかの相場はありません。事情は皆異なるのでそれぞれのご新郎ご新婦側でよく考えて道理にかなった範囲で負担するべきです。

それでもある程度の目安としては、式に出席するための交通費に5,000円以上かかるゲスト皆さまに関しては負担するのが賢明です。さらに宿泊が必要なゲストの皆さまに関して、宿泊代と交通費で20,000円以上かかるようであれば、なるべく両方を負担してあげるのがよいでしょう。

お車代、宿泊代の渡し方

遠方で式を挙げる場合、車で来るというよりは新幹線や飛行機で来ることになるケースが多いかもしれません。そのような場合の交通費は、あらかじめチケットをとっておいて、郵送してあげることがマナーです。また、きちんとチケットが手元に届いたかどうかもチェックして間違いなく手配が済んだことを確認しましょう。

チケットではなく現金でお車代を渡す際は、のし袋に入れて、表書きは「御車代」と書いて渡しましょう。このとき、お札は新札を入れるのもマナーのひとつです。人数が多い場合は、確実に渡せるように渡すタイミングを選ぶのも重要です。受付係の方に頼んで、ご祝儀を受け取るタイミングでお車代を渡してもらうよう頼みましょう。

宿泊施設が必要な場合はゲストの皆さまの宿泊施設を確保し、予約もしてあげることが大切です。こうした面できちんと気配りをできるかどうかはその後の人間関係にも影響があることですので、適切に対応できるように準備しておきましょう。

交通費・宿泊費をゲストの皆さまに負担してもらう際のマナー

宿泊が必要な場所での結婚式にゲストの皆さまを招待する場合に、交通費だけ負担する旨を告げるにはどのような文言が適切なのでしょうか。

あまり難しい言葉を並べようとせず、「交通費しかご用意できないのですが、ご出席いただけるでしょうか?」と簡潔に述べるとよいでしょう。

あるいは、日帰りできるもののある程度交通費がかさむような場所で式を挙げる場合に、遠方であることと交通費を負担できない旨をあらかじめきちんと告げておくことでトラブルを回避できます。前述したように交通費に関してはまったく負担してあげられないということがなるべくないように気をつけることも大切です。

また、そうした際に例えば「二次会の会費を無料にする」といった、代わりの配慮をするとよいでしょう。

遠方でも式場選びには注意しよう

日帰りがとても難しいくらい遠くで結婚式をおこなう場合にはゲストの皆さまの宿泊施設の確保がとにかく大切になります。ホテルで結婚式を挙げる場合はそのホテルに部屋をとればよいですし、ホテル挙式でない場合でも、近くのホテルや宿までアクセスしやすい結婚式場を選ぶことによって出席者の負担を減らすことができます。

ゲストハウスやレストランで結婚式をする場合で遠方から友人を招待する場合などは、事前にゲストの皆さまの交通事情を調べて、しっかりと気配りをするようにしたいものです。いくつか式場の候補をあげて、交通アクセスや宿泊先までのアクセスがよいところ、または主要駅や空港などを回れる送迎バスが用意されている会場を選ぶのが賢明な方法でしょう。事前申込みの特典などでサービスされる場合もあるようです。

結婚式で招待客にどのように気配りを示せるかはその後の友人関係にも影響を及ぼすと共に、自分たちがしっかりとした大人のマナーを持っていることを現す機会でもあります。どのような場合にどのようにすればよいか事前にしっかりと調べておきましょう。

また親族や目上のお世話になっている方を遠方の結婚式に呼ぶ場合は特に気遣いが必要ですので、ご両親にもよく相談して失礼がないようにしたいものです。結婚式には挙式や披露宴の費用だけでなく、こうしたゲストの皆さまに対する交通費や宿泊費の負担など何かとお金がかかります。しっかりと予算を組んで抜かりない計画を立てましょう。


wedding-useful