ご新婦を喜ばせる最高のアイデア! 結婚式でのサプライズプロポーズとは?

810_MG_9354


結婚は決まったものの、プロポーズはしていないというカップルは少なくありません。そこで、おすすめなのが結婚式当日にサプライズとして、プロポーズをする演出です。ここでは結婚式で改めてプロポーズをする際のサプライズ方法について見ていきましょう。成功すれば、パートナーにも、ゲストの皆さまにもきっと喜んでもらえるはずです。

サプライズプロポーズの魅力

プロポーズをしていないという方はもちろん、理想的なプロポーズを出来なかったというご新郎にとっておすすめな演出が、「サプライズプロポーズ」です。きちんと言葉にして結婚を申し込んでいなかった方は、ぜひ結婚式の場で誓いの言葉をささげてみましょう。

サプライズプロポーズの魅力は、ご新婦に喜んでもらえる事は間違いありませんし、会場を盛り上げられる点です。おふたりが結婚するという自覚がさらに強まる結果になりますし、なにより結婚式の思い出として強く記憶に刻まれるのではないでしょうか。

サプライズプロポーズの演出方法

サプライズプロポーズをしてみたいと考えた時、どのような演出にすれば良いのか迷ってしまうかもしれません。そこで、いくつかサプライズにおすすめの演出を紹介しますので、実際に取り入れるかどうか検討してみて下さい。

手紙を書く

プロポーズの手段として、手紙を書いて伝えてみるのはいかがでしょうか。披露宴の終盤に、ご新郎からご新婦に向けて手紙を読み、その内容がプロポーズであれば感動すること間違いありません。また、電報として読まれている文章が、じつはご新郎からのプロポーズだったというサプライズも驚いて感動する事でしょう。実際に言葉で伝えるよりも形に残りますし、ずっと結婚式の時の感動を記念品として残しておけるのは良いものです。

ビデオレターを活用

ビデオレターを使ってメッセージを贈られる演出は少なくありませんが、それがご新郎からのプロポーズとなれば、驚きを隠せない事でしょう。お色直しのためなど、何かしらの理由をつけて会場から退出し、ビデオレターを流した後、ご新郎が入場してプロポーズをするなど、演出の作り方はたくさんあります。ご友人からのお祝いのメッセージと見せかけて、ご新郎からのプロポーズなど、びっくりさせる演出を考えてみましょう。

歌や演奏、ダンスで

ご新婦へ向けて、ご新郎おひとり、あるいはご友人やご兄弟、ご家族などと一緒に歌や演奏、ダンスをサプライズでした後、プロポーズする流れもおすすめです。プロポーズをサプライズでしてくれた喜びもあるでしょうし、なにより結婚式までに頑張って準備してくれていた事に、喜びや感動を隠せないかもしれません。会場も同時に盛り上がる良い演出ではないでしょうか。

ダーズンローズセレモニー

ヨーロッパにて古くから伝わる週間の「ダーズンローズセレモニー」は、12本のバラの事を意味します。恋人に12本のバラを贈る事で、幸せになれるというジンクスがあるのです。例えば、会場にいるゲストさまからご新郎がバラの花を12本あつめ、ご新婦に差し出すとともにプロポーズする演出です。また、ご新婦は返事をしたあと花束から1本のバラを取り出し、ご新郎の胸に挿します。

フラッシュモブ

フラッシュモブは、突然パフォーマンスをし始めて驚かすサプライズの事です。例えば、内緒で練習を積み上げてきたダンスをし、最後をプロポーズのような仕様にアレンジするなど、やり方はさまざまです。花束を差し出したり、結婚指輪の箱を開ける演出をしたりと、プロポーズをご新婦にする派手な演出でしょう。

サプライズプロポーズにはどんな準備が必要?

サプライズプロポーズには、ご新婦にするプレゼントやプロポーズの言葉を考えるのはまず欠かせないところでしょう。また、準備としてプランナーの人と打ち合わせをしたり、その他サプライズを手伝ってくれるゲストさまとも話を合わせておいたりすることも必要です。いかにパートナーにばれないように準備するかが肝心ですので、周囲の人の協力はまず、欠かせません。早めに依頼をしておきましょう。

歌やダンスなどの催しをするのであれば結婚式当日に向けて練習しなければなりませんし、手紙や映像を使うのであれば、編集作業なども完了させる必要があります。まずはどのようなサプライズにしたいかを考え、それからスケジュールを決めて、準備を始めていきましょう。

サプライズプロポーズはどのタイミングでやると良い?

サプライズプロポーズをするタイミングは、披露宴か2次会が適切でしょう。挙式中は、ご両家のご両親やご親戚、ゲストの皆さまが温かく見守る場なので、あまり派手な演出は出来ませんし、設備的にも難しいかもしれません。披露宴であれば、モニターや楽器などを使う事が出来ますし、催しをする準備も整えられます。

ひとまず挙式や披露宴はしっかり終わらせたいという場合は、2次会で親しいご友人が集まる場で、サプライズでプロポーズをするのも良いでしょう。ご新婦にとっても、身内が少ない2次会では、素直に感動の気持ちを表に出せるかもしれません。

結婚式にサプライズプロポーズをしてみたいと考えている方は、これらの情報を参考にしてサプライズでご新婦を喜ばせてみてはいかがでしょうか。きっと、ご新婦にとって一生忘れられない1日となるはずです。


wedding-production