結婚式でゲストの皆さまも盛り上がれるおすすめ演出13選!

熊本四季の丘でのゲストと一緒に楽しめる演出


結婚式という限られた時間の中でも思い出に残るものにしたい、感動できるものにしたい、ゲストの皆さまに喜んでもらうためにどのような演出をしたらいいのかと悩むことでしょう。結婚式に来てくれた多くのゲストの皆さまが盛り上がって楽しんでもらえる演出にはどのようなものがあるのでしょうか?

ゲスト参加型の盛り上がる演出

ゲスト参加型の盛り上がることが出来る5つの演出を紹介します。

チェキとメッセージを使った演出

受付の際に参列者の写真をチェキで撮り、ご新郎ご新婦へのメッセージを書いてもらいます。写真やメッセージはアルバムとして残るので良い思い出となるでしょう。

フォトブース

ゲストの皆さまと一緒に写真撮影する場所を用意することで、おしゃれに記念撮影をすることが出来ます。最近はSNSでご友人の結婚式に参列した様子をのせる人が多いのでフォトブースがあるとよりおしゃれな写真を撮ることができるので、喜ばれます。

フォトジェニック

ご新郎ご新婦、ご友人やご家族がわいわいと楽しく写真を撮ることができるスペースを作ることです。写真が苦手だという人も楽しい空間につい写真を撮りたくなってしまうでしょう。

キャンドルリレー

キャンドルリレーとはその名の通り、 キャンドルの火を繋いでリレーをする演出です。キャンドルの灯がおひとつずつつながっていく様子は大変幻想的で感動することでしょう。

ドレス色当てクイズ

ご新婦は結婚式の披露宴や2次会でお色直しとして色打掛やドレスを着用しますが、そのドレスの色をゲストの皆さまに当ててもらうのです。当たった人には景品をプレゼントするというゲスト参加型の色当てクイズにするとみんな喜んで参加してくれるでしょうし、盛り上がります。

ご新郎ご新婦おふたりで行う演出

ご新郎ご新婦のおふたりが行う演出に驚かされてゲストの皆さまも一緒に盛り上がることが出来る演出が2つあります。

クルーザーでの登場

最近は2次会での演出用に利用する人が増えてきているようです。海辺の披露宴会場であれば、ご新郎ご新婦の入場をクルーザーですることも。セレブ感があふれた演出にゲストの皆さまも驚くはずです。クルーザーでの登場による演出が可能かどうか確認してみるといいでしょう。

始球式

野球好きのご新郎ご新婦ならオープニングを始球式で行う演出が盛り上がるでしょう。おふたりの人生の門出としても、華やかなものに仕上がることでしょう。

ご家族で盛り上げる演出

こちらでは、ご新郎・ご新婦のご家族が盛り上げる演出方法を紹介していきます。

ご新郎とご新婦の父との腕相撲大会

真剣な両者の対決にゲストの皆さまだけではなくご新婦もそのご家族も熱が入って応援するので盛り上がること間違いなしです。

ベールダウン

バージンロードを歩き始める前に、お母さまへ感謝の気持ちを伝えベールを下す儀式です。ベールを上げるのはご新郎の役目ですが、ベールを下す儀式はなかなか人前で行われないので、知らない人も多いことでしょう。最近は取り入れ始めている人たちが急増してきています。

業者を使ってできる特別演出

お金がかかってもいいから業者を使って行う演出を結婚式に取り入れてみんなに盛り上がってもらうことを大前提に考えている人たちもいます。

フラッシュモブ

結婚式にピッタリな楽曲を利用してダンスを行うフラッシュモブを取り入れると会場全体が盛り上がることでしょう。

マグロ解体

結婚式においてマグロの解体をゲストの皆さまの前で行う演出です。大きなマグロ1匹を解体していく様子は大変な迫力があり、マグロから取り出されたトロや大トロなどがゲストの皆さまにふるまわれると大いに盛り上がることでしょう。

カフェディアブル

カフェディアブルは1976年に考案されたもので、3種のオレンジリキュールのラム、キュラソー、 コアントローを使用してオレンジフレーバー・コーヒーを作り、それをサーブするパフォーマンスです。

お笑い芸人やタレントを呼ぶ

お笑い芸人やタレントを結婚式に呼んでパフォーマンスをしてもらったり、即席のライブをしてもらったりすることで予想外のことにゲストの皆さまも大いに盛り上がることでしょう。お笑い芸人さんが来てくれるとやはりプロですからゲストの皆さまを大いに満足させてくれます。若手だったり無名の芸人だったり、マジシャンを呼ぶ場合には10~20万円、たまにテレビに出ているような芸人であれば 20~40万で呼ぶことが出来ます。

結婚式をするならゲストの皆さまにも喜んでもらえ満足するものにしたいと思うでしょう。ゲストの皆さまの満足度を高め、盛り上がってもらいたいために演出にはこだわりたいと思う人も多くいます。ゲスト参加型の演出であれば、第三者的な立場だけではなく直接結婚式のイベントにかかわっていくことが出来るので楽しむことができます。自分たちで演出を考えることに限界がある場合にはプロの業者に依頼する方法もあります。プロに依頼すれば手間もかからず楽しめる演出を考えてくれるでしょう。


wedding-production