結婚式での親族紹介! 順番や挨拶の方法は?

結婚式 親族紹介  順番や挨拶の方法


結婚式はご新郎ご新婦のためだけのものではなく、ご両家の結びつきを意味するものでもあります。そこで必要となるのが、ご親族紹介です。とはいえ、ご親族紹介の形式や順番には悩んでしまうもの。当日、スムーズにご親族紹介を進行するためにも、事前に挨拶の仕方や注意点などを確認しておきましょう。

ご親族紹介とは?

結婚式の当日、式が始まる前の待ち時間を利用して、ご新郎ご新婦のご両家のご両親の顔合わせが行われます。その時、ご両家のご親族をそれぞれ代表者が紹介していく流れをご親族紹介と呼びます。結婚はご新郎ご新婦のおふたりだけではなく、家と家の結びつきの意味があるため、基本的にほとんどの結婚式で行われる行事です。ご親戚のおひとりおひとりがどういう続柄なのかを知ってもらうために必要な行事と言えます。

ご親族紹介は挙式が始まる前、ご両家が待機する控え室で行われることが一般的で、ある程度準備が整ったあとの空き時間で行います。挙式と披露宴の間に行われる事もあるので、事前にご両親と打ち合わせをしておくとよいでしょう。

ご親族紹介の形式の種類

ご親族紹介には大きく分けると2通りの形式があります。ひとつが代表者形式です。これはご両家の父親が代表者となり、おひとりずつご親族を紹介していく形です。父親がいないケースですと、母親や叔父が行います。人前で話す事が苦手なご親族がいる場合、スムーズに紹介を進行させられますが、代表者が緊張してしまいやすい形式でもあります。

もうひとつが自己紹介として行う形式です。おひとりおひとりが名前を名乗り、関係や続柄を紹介していきます。おひとりずつ話す機会が設けられますので、自分の事を相手に伝えやすいメリットがありますが、時間に限りがありますので、スムーズに進行する必要があります。また、代表者から順番に、誰が自己紹介していくのか、流れを打ち合わせておく事も大切です。

紹介の順番はどうすべき?

ご親族紹介の順番は、1親等から2親等というように、本人から近い続柄である順、さらに年上から紹介をしていくのが一般的です。また、ご新郎側から行われるのが全体の順番となっています。続柄を意識すると難しくなりやすいですが、「ご両親」「父方祖父」「母方祖父」「兄弟」「姉妹」というような流れが一般的です。

ご親族紹介の挨拶方法

ご親族紹介は、おひとりずつの紹介を除くと、始まりと終わりの挨拶を代表者が行います。相手のご親族に対して、自分たちのご親族を紹介する旨を伝え、おひとりずつ順に紹介していきます。ご新婦側の挨拶や紹介が終わると、最後に終わりの挨拶があります。結婚式に集まった感謝の気持ちや、今後も宜しくお願いしますという事を伝え、その後に歓談が多少挟まれる事も多いです。ご親族紹介の流れは式場によって異なる場合がありますが、挨拶などの内容については違いがありません。前もって準備しておく事をおすすめします。

ご親族紹介のために用意しておくべきもの

いざ、ご親族紹介となると、緊張して流れが悪くなってしまう事があります。そこで、前もってリストやカンペを用意しておくと安心です。挨拶や終わりの文面はもちろん、誰から順番に紹介していくものなのか、どういった内容で紹介するのかをメモとして残しておきましょう。

また、ご家庭にもよりますが、ご両家が顔をあわせるのは結婚式が初めてというケースも少なくありません。そのため、ご両家とも緊張しており、緊張感のある空気になっている事が多いです。少しでも場の空気を和ませる為に、ご新郎ご新婦のエピソードを用意しておいたり、どういったお話をするのかだったりと、準備しておくと良いかもしれません。話す事が決まっておらず、沈黙が続く時間になると、結婚式に向けて緊張感がさらに高まってしまいます。

ご親族紹介の注意点

結婚式場の方が代理で進行を務める場合は、ご両家に対して敬称をつけますが、ご両家の代表、例えば父親が紹介する場合ですと、身内の紹介となりますので、たとえ目上にあたる人であったとしても敬称がつけられない事が多いです。もし、敬称をつけない事が気になってしまうのであれば、前もって敬称は省略すると伝えておくと安心でしょう。

また、何かしらの都合で結婚式に出席できない欠席者がいる事もあります。ご親族紹介では、それら欠席者に対しても紹介する必要があります。いとこなど、多少離れた続柄であれば無理に紹介する必要はありませんが、兄弟などの親等の近いご親族であれば、欠席していたとしても紹介しましょう。

ご親族挨拶はなるべく、手短に済ますのがマナーです。中には、ご親族の人数が多いご家庭もあります。全員が長々と紹介してしまうと、全員の紹介まで行き届かない可能性があります。長々と話さず、時間的なスケジュールに影響を及ぼさないよう、注意しましょう。また、なるべく進行はスムーズになるよう、流れを決めておきます。ご親族紹介の時は、メモを持っていても決してダメな事ではありません。それよりも、進行がスムーズでなく、だらだらと進行するご親族紹介の方が、相手に失礼になってしまいますので、注意しましょう。

結婚式の行事において、ご親族紹介はとても緊張する場面でもあります。相手に失礼にならないよう、そしてご両家の絆が深まるように、これらの情報を参考にしてみて下さい。


wedding-production