結婚式の演出で自己満だと思われないための心がけ

結婚式の演出 自己満だと思われないために


一生に一度の晴れ舞台という表現があるように、結婚式を挙げることは大変喜ばしいものです。しかしながら、一生に一度だからといっても好き勝手に式の段取りを決めてしまうことはできません。参加してくださるゲストの皆さまや、ご親族の方々も含めた参加者全員が心地良い時間を過ごすためには最低限の配慮が必要であり、このことから結婚式は社会常識が求められる場でもあると言えます。大切な結婚式を自己満足で終わらせないためには、どのような点に注意して式のプランニングを進めていけば良いのでしょうか。

自己満足の結婚式が好ましくないワケ

結婚式はゲストの皆さまから結婚を祝福してもらう場であるのと同時に、ご新郎ご新婦がこれまでお世話になってきた皆さまに感謝の気持ちを伝える場でもあります。自己満足の演出ばかりになってしまうと、最も重要な感謝の気持ちを伝えられなくなってしまう可能性があるばかりか、一部のゲストの皆さまを不快にさせてしまう可能性すらあります。仲間内でパーティーを行うことと結婚式とは違いがありますので、最低限ご親族の集まる結婚式は杓子定規とまでは言いませんが、一定の配慮をしたプランにしておく必要があります。おふたりだけや仲の良いご友人とだけで楽しみ過ぎてしまって、他の方々に迷惑をかけることだけは避けるようにしましょう。ご新郎ご新婦側は、自分達のために時間を割いて結婚式に参列しているゲストの皆さまことも考える必要があるのです。

自己満足の結婚式と思われがちな演出とは?

結婚式のプランニングは自由自在で、予算の都合さえつけば多少無理そうなことでも応じてくれる結婚式場が多いですが、演出が過剰になってしまいひとりよがりな自己満足的な式になってしまうと、ゲストの皆さまに不快な思いをさせてしまう可能性があります。それでは自己満足だと思われがち結婚式の特徴について見ていきましょう。

ご祝儀と釣り合っていないおもてなし

まずは配慮に欠けている演出プランについてです。ゲストの皆さまは結婚式に参加するのにあたり、ご祝儀を支払うことになりますが、その金額に見合っただけのおもてなしが受けられないと不満を感じてしまうものです。たとえばお料理や飲み物、引き出物の内容などが、著しく一般常識から外れていると、後々不満の声を耳にする可能性がありますので注意が必要です。これはご祝儀の金額以上のお食事を出さなければならないわけではなく、ある程度は質の確保が必要であるということです。

多すぎるお色直し

お色直しの回数にも注意が必要です。せっかくの機会ですしさまざまなドレスを着たいという気持ちも分かりますが、着替えるためには時間がかかるものです。ゲストの皆さまを何度もお待たせしてしまうことはあまりよくありません。お色直しはあまり多くならないようにプランニングを進めていくことをおすすめします。

一部の方しかわからないような余興内容

次に一部の人しか楽しめない結婚式についてです。披露宴はご友人による余興や関係者の挨拶などが催されることが多いですが、その内容には充分に注意しておく必要があります。挨拶の内容について言うならば、ご新郎ご新婦の悪口になるような言葉や縁起でもない言葉などを使用することは避けるべきです。また余興については、少々羽目を外すのも悪くはありませんが、ご友人の一部だけが楽しめる内容になってしまうと、周囲の方々が楽しめない可能性があります。ご親族の方々も参加するのが結婚式ですので、老若男女を問わずに楽しめる余興内容を演出する必要があります。

二次会の企画ミス

二次会だからといって、自分たちの好みを押し出しすぎるのは禁物です。合コンのような雰囲気になってしまったり、反対に堅すぎてゲストの皆さまが楽しめない雰囲気になったりしてしまわないように気をつけましょう。

ロケーションばかりの結婚式場

この他にも会場選びの段階で気を付けることもあります。たとえば演出のためにロケーションを重視して、遠方の結婚式場を利用することは、あまり良いこととは言えません。参加者に長旅を強いることになりますし、交通費や宿泊費などの問題もありますので、適度な距離の式場を選ぶと良いかもしれません。あるいは遠方の式場を利用するのであればお車代や宿泊費を工面する、もしくは来ていただく代わりにご祝儀は不要とするなどの配慮が必要となります。どうしてもここで挙式したいという式場もあるのは事実ですので、その場合は参加されるゲストの皆さまへの配慮を忘れないようにしてください。

どうしたら自己満足の結婚式を防ぐことができる?

自己満足な結婚式を防ぐためには、結婚式の大前提にもなっている感謝の気持ちを忘れないことが大切です。何か演出を企画することは悪いことではありませんが、もしもその企画を行ったとしらゲストの皆さまはどのように思うのか、最低限の配慮は怠るべきではありません。せっかく来ていただいたゲストの皆さまを不快にさせないために何をすべきか、どのような企画ならば皆さまを楽しませることができるのかを考えておくようにしましょう。もしも不安ならばご家族の方々にアドバイスを受けながらプランニングをしていくと良いかもしれません。

ゲストの皆さまに「良い結婚式だったね」と言ってもらえるように、自分達だけでなく皆さんも一緒に楽しめる演出を練ってみてください。配慮は忘れず、感謝の気持ちで結婚式を挙げるようにしましょう。


wedding-production