中座のエスコート相手には誰を選ぶと良い?

結婚式 中座のエスコート相手 誰を選ぶと良い?


披露宴のプログラムのひとつとして行われることの多い中座。この中座には、どのような意味や目的があるのでしょうか?また、中座の開いて選びには悩まされるものです。披露宴をより盛り上げるために、中座の相手の選び方や、方法を紹介します。

披露宴で中座をする理由

結婚式の披露宴には「中座」という項目があります。これは、ご新郎ご新婦がお色直しを目的として、会場から一時的に出るものです。一般的に、中座はお色直しに時間のかかるご新婦から先に退出し、次にご新郎が退出し、入場はおふたり一緒にされます。中座を希望しない場合には、お色直しをしないケースも出来ますが、それでもご新婦に関してはほとんどの場合、一度中座として退出する事がほとんどです。

中座の相手は誰を選ぶと良い?

披露宴で中座として会場から退出する時、ご新郎ご新婦はおひとりではなく、誰かと一緒に会場から去ります。その相手に誰を選ぶかは自由なので、さまざまなケースを知り、一番良いと思える相手を取り入れてみましょう。

定番はご両親!

中座のお相手の定番はご両親です。父か母のどちらかと一緒に退場する事もあれば、3人で退場する事もあります。いずれかのご両親と退場するのが最も多いケースとなっており、披露宴の流れで、ご両親が目立つ演出の一つでしょう。

ご新郎ご新婦で中座する場合も

通常、披露宴の中座はご新郎ご新婦別々にご両親とする事が多いのですが、ご新郎ご新婦のおふたりで中座するケースもあります。ご新婦のほうが髪型を変えたり、ドレスを着替えたりする事もあり時間がかかるため、ご新郎とご新婦が一緒に中座すると、ご新郎が少々待つ事もあります。しかし、一緒に退場できるので、シャッターチャンスが新たに生まれたり、進行の手順がおひとつ減ってスムーズになるメリットもあるでしょう。

ご兄弟もおすすめ

ご兄弟がいる方であれば、一緒に退場するのも問題ありません。特に、ご兄弟で仲が良いのであれば、せっかくの記念なので、中座のお相手をお願いしてみるのも良いでしょう。ご兄弟は一般的な結婚式の流れですと、人前に立つ場面が無い事が多いため、お願いしてみるのも良いかもしれません。

おじいちゃん、おばあちゃんとも

おじいちゃんやおばあちゃんと中座で退場する例も少なくありません。小さな頃からお世話になっている祖父母と一緒に退場したいと考える方はお願いしてみてはいかがでしょう。

ご親戚もおすすめ!

中座のお相手には親戚もおすすめです。例えば、甥っ子や姪っ子のように、まだ小さい親戚と一緒に退場すると、可愛らしい写真として残ることでしょう。

ご友人でも良い?

中座のお相手は身内という印象が強いですが、ご親戚や幼馴染を選んでも全く問題ありません。ご両親やご親戚には別の場面でエスコートしてもらうという場合には、ご友人を選ぶのも良いでしょう。

ウエディングプランナーと

結婚式の計画をしていく中、ウエディングプランナーと仲良くなる事は珍しくありません。お世話になったプランナーを、中座のお相手として選ばれる事もあります。一緒に計画した人と、記念に残る中座を楽しんでみてはいかがでしょう。

ご新郎ご新婦の中座の方法はどんなものがある?

中座をする時、お相手と退場する時にはいくつかの方法があります。自分にはどの形があっているのかチェックし、取り入れてみましょう。

手をつないで

仲良し感を出すなら、手をつないで退場する方法がおすすめです。少し照れくさいかもしれませんが、ご両親やご親戚と手をつなぐ機会は、大人になってからはなかなか無いかと思います。結婚式を機に、手をつないでみてはいかがでしょう。

腕を組んで

腕を組んで退場する方法は、新郎に多いスタイルでしょう。ご新郎とご両親が退場する時は、手を組んだ方がスマートです。ご新婦に関しましても、お父さんと退場するのであれば、腕を組んだ方がそれらしさが出るのではないでしょうか。

ご新郎向けの中座の方法は?

中座の方法の中でも、ご新郎向けとしていくつか変わった退場方法があります。会場を盛り上げる効果もありますので、検討してみてはいかがでしょう。

胴上げで

ご新郎であれば、一部のゲストの皆さまやご親戚などを含め、胴上げをしつつ退場するのもひとつの方法です。胴上げしながら退場するのが難しそうであれば、出口の近くになったら胴上げをするように、少し広めの場所でされる方がおすすめです。会場が一体になって盛り上がる演出といえるでしょう。

肩を組んで

ご新郎ならではですが、肩を組んで中座の演出は絵になるのではないでしょうか。お父さんやご友人、あるいは親しいご親戚とであれば、肩を組みながら退場すると、男らしさが増すのでおすすめです。

騎馬戦スタイルで

会場を盛り上げるのに、騎馬戦のようなスタイルで退場するのもおすすめです。衣装の関係から、ご新郎しかできませんが、主役らしさが出る退場方法でしょう。ご友人に手伝ってもらうのも良いですし、お父さんやご兄弟、ご親戚にお願いするのも良いかもしれません。

中座をさらに盛り上げるには?

中座を少しでも盛り上げる演出にしたいという事であれば、サプライズを取り入れるのがひとつの方法です。例として、中座のお相手をサプライズで指名することです。もちろん本人の心の準備などもありますので、前もってお願いしておくのも良いですが、感動を高めるために抜き打ちでお願いするのもおすすめです。本人から指名する方法、あるいは司会者から指名してもらう方法もありますが、やはり主役であるご新郎やご新婦から選ばれた方が盛り上がるのではないでしょうか。

中座にて、エスコートの相手を誰にしようか悩まれることは決して少なくありません。これらの情報を参考にして、中座の計画を練ってみてください。


wedding-production