披露宴の演出でシャンパンタワーを盛り上げるポイント

結婚式演出 シャンパンタワー


結婚式の披露宴では、シャンパンを使ったさまざまな演出が取り入れられる事がありますが、その中でも「シャンパンタワー」の人気は高い演出のおひとつです。日常生活では滅多に目にする事のない演出であるからこそ、結婚式に取り入れたいと考える方は多いのではないでしょうか。では、シャンパンタワーがなぜ選ばれるのか、その理由や種類などについて説明していきます。

結婚式にシャンパンタワーの演出がぴったりの理由

シャンパンタワーが披露宴などのおめでたいイベントに取り入れられる事が多いのには、この演出に隠れた意味が関係しています。シャンパンタワーをするために積み上げられるピラミッドのような形は、天に感謝する祈りという意味があり、一個ずつグラスを積み上げていく事に対しては、一歩ずつ人生の歩みを刻むという意味が隠されています。さらに、タワーにシャンパンを溢れるほど注ぐ行為は、幸せが満ち溢れるようにという願いが込められています。盛大にグラスが積み上げられ、そこにおふたりでなみなみとシャンパンを注いでいく様子は、ご新郎ご新婦が幸せな人生を送れるようにという意味が込められているのです。

シャンパンはスパークリングワインとは違い、フランスのシャンパーニュ地方で作られた高級なお酒です。原材料であるぶどうも厳しい基準を通過し、じっくり熟成されたものが使われています。一般にシャンパンは高級かつ贅沢なお酒という認識が強いでしょうが、そのシャンパンを豪快にタワーに注ぐ事で、結婚式をより高級感溢れるものに出来ます。

シャンパンタワーの種類

シャンパンタワーをする場合、グラスをたくさん綺麗な形に積み上げていきます。このグラスの積み方は一般的に、「三角形」と「四角形」で作られる事が多いです。グラスを何段積み上げるかによって使われるグラスやシャンパンの本数は変わってきます。三角形ですと、5段であればグラスは35個とシャンパンが3本から5本程度必要です。仮に結婚式に参加する人が100人いる場合ですと、9段でグラスが120個、シャンパンは20本程度必要になります。四角形の場合は、5段でグラスが55個、シャンパンは6本ほど必要です。7段となると140個のグラスと10本から14本のシャンパンを用意する必要があります。一般的にはピラミッドのように美しい形に見える四角形でタワーを積み上げられる事が多いです。

また、シャンパンタワーには、専用のグラスが使われるため、一般的なドリンクを飲むものとは別です。シャンパングラスは、シャンパンを味わうのに適している形となっており、細長いグラスが主なものです。細長い形状のフルート型グラスや膨らみがあるものも中にはみられます。シャンパンタワーに使われるのはフルート型ではなく、「ソーサー型」と言われるグラスが一般的です。飲み口が広く作られており、フラットな形状のグラスです。見た目が華やかになり、タワーに注ぐ時、綺麗に仕上がりやすい特徴があります。

シャンパンタワーの演出を盛り上げるポイント

せっかく結婚式にシャンパンタワーを取り入れるのであれば、豪華にして、皆さんに楽しんでもらえるようにしたいはずです。そこで、シャンパンタワーを盛り上げるためのポイントをおさえておきましょう。

シャンパンタワーを2基用意する

通常、シャンパンタワーが結婚式で行われる場合、一基のタワーにご新郎ご新婦で一緒に注ぐ事が多いです。しかし、より会場を盛り上げたいのであれば、タワーを二基用意して、ご新郎とご新婦がおひとりずつそれぞれのタワーにシャンパンを注いでいくのも良いでしょう。おひとつよりも見た目が非常に豪華になりますし、高級感が増します。

飾りつけにこだわる

シャンパンタワーを豪華にする方法として、飾り付けに力を入れるのも魅力的です。人気があるものとしては、光や色を取り入れる方法です。今や一般的となりつつありますが、タワーを積み上げる土台、あるいは照明によってタワーに色彩を取り込む演出です。ブルーやピンクなどの光を当て、会場を暗くするとゴージャス感が高まります。

また、土台に花を添えたり、グラスのおひとつおひとつ、あるいはまだらに花を散らしてみたりするのも素敵です。ほかにも、ところどころのグラスにドライアイスを入れて、シャンパンを注ぐと同時に、タワーに煙がまとう演出も涼やかな雰囲気を作りだせるため魅力的でしょう。タワーの土台付近、あるいは天井から吊り下げるようにしてバルーンを飾るのも、可愛らしい演出となるのでおすすめです。

注いだあとはおふたりで飲む

シャンパンタワーに注いだ後、ご新郎ご新婦のおふたりで飲む演出は、ゲストの皆さまに幸せな様子を伝えられます。タワーのサイズにもよりますが、頂上のグラスをおふたりのストローで飲んだり、あるいはおひとりで手にとって、おふたりで飲んだりする形でも良いでしょう。結婚式においてはご新郎ご新婦が主役となりますので、皆さんに祝福されるよう、おふたりで同時に飲む演出も良いでしょう。

シャンパンファイトを取り入れる

結婚式のようにおめでたい場所では、「シャンパンファイト」を取り入れるのも、盛り上げる演出としておすすめです。シャンパンファイトはよく、プロ野球のリーグ優勝などの場でされている事が多いもので、ボトルを振って栓を抜き、勢いよくシャンパンが噴き出す演出です。屋内ではなく、ガーデンウエディングの場でされたり、あるいは2次会で取り入れたりするのも良いかもしれません。会場を一気に盛り上げてくれるシャンパンを使ったおすすめの演出でしょう。

思い出に残る結婚式では、シャンパンタワーで豪華に演出される方は少なくありません。普段の生活では滅多に体験するような事ではありませんので、結婚式を機に、経験してみるのも良いのではないでしょうか。会場の雰囲気も良くなりますし、自分たちだけではなく、ゲストの皆さまの記憶にも残るはずです。


wedding-production