結婚式のお金は支払い方法がいくつかある?タイミングはいつがベスト?

福岡ウエディングアイランドマリゾン:結婚式の支払方法


結婚式費用の支払いには、いくつかの方法があります。支払い方法について十分に理解しておかなければ、かかった料金の支払いができなくなってしまうこともあります。結婚式費用の支払い方法の種類やそれぞれのメリット、デメリットについて考えてみましょう。

結婚式の支払い方法の種類

結婚式の費用の支払い方法はいくつもありますが、大きく分けると現金払い、クレジットカード払い、ブライダルローンの3つの支払い方法があります。

現金払い

現金払いは、結婚式場の専用口座に期日までにお金を振り込む、というものです。ただし、支払い期日までに現金でお金を揃えなければならないので、手元の資金が少ないカップルはご祝儀を充てたり、ご両親の援助を仰ぐなど資金調達が必要です。ご両親からの援助などを受けられるのであれば、現金払いがおすすめです。

クレジットカード払い

クレジットカード払いというのは、結婚式の費用の支払いにおいて最も多く使用されています。分割払いや一括払い、ボーナス払いなどクレジットカードによって支払い方法を選択することができるのが魅力です。

クレジットカードを利用することで、高額な結婚式費用を支払う場合に、たくさんのポイントを受け取ることができます。しかし、基本的には借金ですので、結婚後も支払いが残ってしまうというデメリットがあります。

ブライダルローン

ブライダルローンは手元に資金がなくても、結婚式費用を賄うことができます。手元に資金がなくても結婚式は諦めきれない、と考えているのであれば、ブライダルローンを検討するのがよいかもしれません。

しかし、新生活が始まって色々と物入りな時に結婚式費用をずっと支払い続けなければなりませんので、ローンがあることによって生活が圧迫してしまう可能性もあります。

結婚式の費用のために、新生活の家具や生活用品の購入も我慢しなければならない、というのはとても辛いので、おふたりで話し合った上でローンを組むか決めることが大切です。

前払いのメリット・デメリット

結婚式費用の前払いのメリットやデメリットは、結婚式の後に支払いをしなくて済むことがメリットです。良い気分で結婚式を終えたにもかかわらず、この後の支払いのことを考えると急激に暗い気持ちになってしまうこともあります。

しかし、デメリットとしては、ご祝儀を受け取れるのは式の当日ですので、ある程度計画を持ってお金を用意しておかなければ、前払いで支払いをすることができなかったり、借金をしなければいけない可能性もありますので、注意が必要です。

当日払いのメリット・デメリット

当日払いの最大のメリットといえば、受け取ったご祝儀を結婚式費用の支払いに充てることができる、ということです。また、結婚式費用がなく、貯金が足りなくても問題ありません。

ご家族の支援や貯金がない方にとっては、非常に魅力的な精算方法だといえます。しかし、ご祝儀は実際に開封しなければ、どの程度金額が入っているのかわかりません。

また、おめでたい日ですのでそのような現金の計算などはしたくない方もいるでしょう。結婚式直後にこのようなお金の計算で、式を挙げたばかりのおふたりの間に不穏な空気が漂うことも少なくありません。

後日払いのメリット・デメリット

後払いのメリットは、当日払いと同じようにご祝儀を支払いに使用することができる点です。貯金を切り崩したり、ご家族やご親族に頼ることができない場合には、魅力的な支払い方法だといえます。

しかし、当日払い同様に結婚式直後にお金を数えなければなりませんし、思ったよりもご祝儀を受け取れないということもありますので、支払えなくなってしまうトラブルが起きてしまうリスクも高くなります。

結婚式の支払いについての注意点

結婚式の支払いで、トラブルが起こるのは決して珍しいことではありません。トラブルが起こってしまう支払い金の例としては会場の予約金があります。

会場予約をするために、会場が決定した段階で予約金の支払いを行います。基本的には約10万円から15万円程度となるのが一般的です。最終的な精算をするときに、請求金額の合計から差し引かれることになっていますので、把握しておくことが大切です。

また、外部ショップに頼む場合の費用は、支払うタイミングが異なります。基本的には後払いや前払いなのですが、外部ショップにドレスなどを依頼する場合には、支払いのタイミングが結婚式の支払いのタイミングとずれる場合があります。

そのため、結婚式の費用を前払いする場合には、後に外部ショップへの支払いが待っていますし、後払いにする場合には事前に外部ショップに支払いを行うことになります。

このように、結婚式のお金の支払いとは別のタイミングで支払いが必要になるケースがあるので、その場合にはお金のやりくりが大変になることもありますので、注意が必要です。

外部ショップを利用するのであれば、ショップへの支払いのお金は残しておくことが大切でしょう。

このように結婚式における支払い方法というのはさまざまで、それぞれにメリットもデメリットもあります。そして支払い時に注意しなければならない点もいくつもありますので、しっかりとチェックしておくようにしましょう。


proposal