人生に一度だから挙げておきたい結婚式! その必要性とは?

1026-27CR_250725


結婚とはカップルが夫婦になることですが、役所に婚姻届を提出するだけのことではありません。結婚式を挙げる夫婦は多いことでしょう。しかし、中には結婚式を挙げない夫婦も存在しています。それでは、結婚式にはどういった目的やメリットがあるのでしょうか。

これらを明確にすることで、どういった結婚式を挙げたらよいのか分かることでしょう。
ここでは、人生に一度しかない結婚式を挙げる必要性について説明します。

本来の結婚式の目的とは?

多くの夫婦が結婚式を挙げるものですが、結婚式には本来どういった目的があるのでしょうか。本来の目的は夫婦の永遠の愛を誓い合う儀式です。そのため、神聖な儀式である必要性があります。しかし、こういった儀式とは歴史を重ねることで目的が変化していくものです。結婚式もそのひとつで、永遠の愛を誓う儀式ではありますが、それ以外の目的も果たすようになっています。

結婚式にはご家族やご親戚以外に仲のよい友だちや仕事の関係者なども招待するものです。そのため、そういった方たちに相手を紹介するチャンスでもあります。もちろん、結婚式以外にも紹介する場面はいくつもありますが、これまでのお付き合い期間を見守ってくれた友だちや関係者に、ふたりが揃って丁寧に感謝を伝えることができるのです。

さらに、ご親戚や友だちなどから祝福を受けることが出来ますので、これからの結婚生活をより幸せに迎えることが出来ます。そして、自分たちの好みの演出で結婚式当日を楽しむことが出来るため、一生の思い出になることでしょう。

結婚式を挙げるメリット

多くの夫婦が結婚式を挙げていますが、そこにはどういったメリットがあるのでしょうか。結婚式には夫婦から家族へのメッセージを伝える場面がありますが、こういったチャンスはなかなかありません。日頃から家族へ感謝の気持ちを持っていたとしても、恥ずかしくて言えないものです。しかし、こういったタイミングだからこそ伝えることが出来るのです。

そして、結婚式とは人生で最も大規模なイベントです。それだけ大規模なイベントを経験することで、夫婦になったことを自覚出来るでしょう。婚姻届を提出するだけで結婚をすることは可能ですが、それだけで結婚をしたという自覚は芽生えにくい場合もあります。しかし、結婚式を挙げることで本当に結婚をしたと実感出来ますし、実際に結婚式を挙げた夫婦の方が離婚率が低いというデータも出ています。

結婚式場によっては、結婚式を行った夫婦に向けたシーズンイベントやアニバーサリーイベントを行っているところもあります。永遠の愛を誓い合った神聖な場所や、友だちに祝福された幸せが詰まった場所にもう一度足を運び、夫婦としてのスタートをした初心にかえるのもステキですよね。

結婚式を挙げるデメリットはある?

それでは、逆に結婚式にデメリットはあるのでしょうか。最も大きいデメリットは時間と手間がかかるということでしょう。おふたりが結婚式挙げたい場所の近くで生活をしているのであれば、結婚式場との打ち合わせも簡単です。しかし、中には上京している夫婦が地元で結婚式を挙げるというケースは珍しくありません。そのため、式場の下見や打ち合わせなどで、複数回結婚式場へ足を運ぶ必要があるのです。

また、おふたりが仕事をしている場合、仕事の合間で結婚式の準備をしなくてはならないので、なかなか時間がとれず負担になってしまうケースも少なくありません。おふたりで役割分担をして、ご家族や友だちから協力をしてもらいながら準備をしていく必要があります。

そして、結婚式には友だちを招待するものですが、どういった友だちを招待して良いのか悩んでしまうこともあるでしょう。どこまで仲の良い友だちを招待すべきなのか線引きは難しいでしょう。さらに、座席の配置についても考える必要があります。友だちの人間関係もありますので悩んでしまう場合があります。そして、仕事の関係者も招待するものですが、仕事関係は友だち以上に気を遣ってしまうものです。

昨今は結婚式場のオフィシャルホームページや、情報サイトのフォトギャラリーなどで、足を運ばなくてもたくさんの情報を得ることができます。資料請求や実際のパーティのレポートを見ることで、事前に解決しておける決め事もあります。準備になかなか時間がとれないおふたりに向けた特別なスケジュールを組んでもらうなど、まずは結婚式場に相談してみることをおすすめします。

結婚式をしないことで後悔してしまうこととは?

結婚式を挙げない場合に後悔してしまうことのひとつとして、「若いうちにウェディングドレスを着ておきたかった」と考える女性が多いようです。そのため、何かあるごとに結婚式を挙げなかったことを後悔してしまうことがあります。

男性と女性の間には結婚式に対する意識が違うとされています。男性側がいくら結婚式に興味が無かったとしても、後々になって奥さんから責められることもあるので注意しましょう。

また、ご家族や友だちが「夫婦を結婚式という形で祝福したい」と考えている方もいます。こちらも後々になって結婚式を挙げなかったことを周囲から言われてしまう可能性もあるのです。

つまり、結婚式を挙げるということは夫婦のためだけではなく、ご家族や友だち、仕事の関係者のためのものでもあるため、誰のために結婚式を挙げる必要があるかをきちんと考えることで、後悔することのない結婚生活を歩むことが出来るのです。

結婚式とは本来夫婦の永遠の愛を誓う儀式ですが、現在はそれ以上の意味を持つようになってきています。結婚式によって夫婦としての自覚を持つことが出来ますし、ご家族やご親戚、友だちにパートナーを紹介したり、感謝の気持ちを伝えたりするチャンスもあるのです。結婚式を挙げるか挙げないかを悩んでいる方は、必要性について考えた上でよく話し合いながら決めていきましょう。


proposal