結婚式に招待する人の中に異性の友人を呼んでも良い?

8100323SO_101547


結婚式の招待客を決める時、異性のご友人をどうするか悩む方も多いのではないでしょうか。実際、性別を超えて育まれる友情というものもあります。しかし、こと結婚式に関してはあらぬ誤解を避けたいところです。結婚式に異性の友人を招待する際の注意点などを解説します。

結婚式に異性の友人を呼んでも良い?

もちろん、結婚式に異性の友人を呼んではならないというルールはありません。特に学生時代の多くを共学で過ごした人は異性の友達がいてもおかしくないでしょう。社会人になってからは、特殊な環境を除いてだいたいが男性と女性が混ざっています。時には異性と親しい友人になることがあったとしても、むしろ自然なことといえるでしょう。

しかし、ご友人として親しければ親しいほど、端からは恋人のように誤解されかねません。事前にパートナーや義両親に紹介するなど、きちんと説明しておくことも時には必要でしょう。とくにご年配の方は異性というだけでいろいろと気にしてしまう方もいらっしゃいます。義両親や相手側のご親族から非常識と思われてしまうこともあるので、パートナーと相談をした上で慎重に呼ぶかどうかを検討しましょう。

それでも趣味のサークルなどで何人もいる異性のご友人というようなものならば、特に誤解を受けることも少ないでしょう。

配慮が足りないとどのようなトラブルが起きる?

「普通の友達だから、特に説明することもないか」などと悠長に構えていると思わぬトラブルに発展してしまうこともあります。結婚式当日に特定の異性と親しく話していては、パートナーからあらぬ誤解を受けることもあるかもしれません。自分のご両親は相手が誰か良く知っていて安心しているかもしれませんが、パートナーのご両親はハラハラと見ている可能性もあります。ゲストの皆さまにも「あそこはどういう関係になっているのだろう」と、悪い印象を与え、スッキリしない結婚式にもなりかねません。誤解を与えることのないよう、周囲の方への配慮は必須です。

異性のご友人の席はどうすべき?

異性のご友人はできるだけ違和感のでない席を用意しておくことがおすすめです。男女混合のテーブルを真ん中に設けて、ご新郎ご新婦の共通のご友人として着席してもらうのもひとつの方法です。また、ゲストさまとして招待したい異性のご友人にパートナーがいれば、おふたりを同時に招待することで手っ取り早く誤解を解決できるでしょう。

とはいえ、結婚式に異性のご友人が参加しているというのは、それだけでも目立ってしまうこともあります。どうしても、周囲がざわついてしまうかもしれません。そうなっては、せっかくの厳かな結婚式が台無しです。異性のご友人を呼ぶならば、二次会からにするというのも良いでしょう。よりカジュアルな二次会ならば、異性のご友人もたくさん参加するはずです。しかし、親しいご友人であればあるほど、結婚式に呼ばれず二次会からしかお声がかからないことを寂しく思うかもしれません。異性のご友人にも、本当は呼びたいと思っていたことを説明するなどの配慮も必要です。もちろん、パートナーとの関係が第一ですが、これまでせっかく育んできた友情を壊してしまうことのないように注意しましょう。

招待していい異性のご友人と避けるべき異性のご友人

「やましいことがないし、ただの友人だからどうして呼んではいけないのかわからない」という意見もあるかもしれません。しかし、どんなに仲の良いご友人であったとしても、やはり異性の場合は、結婚式に呼んでいい人と呼ぶのを避けるべき人がいます。どこが違うのか解説しましょう。

招待しても問題ない異性の友人

たとえば幼馴染、おふたりの共通の友人、パートナー同伴で参加できる異性のご友人ならば招待してもまず問題はないでしょう。ご新郎ご新婦と男女の関係ではないし、過去にそのようなことがあったとも想像させないような相手ならば、不快に思われてしまうこともありません。

避けるべき異性の友人

どんなに「現在は友達」と、お互いに思っていたとしても、過去に付き合っていた異性のご友人は結婚式に呼ぶのは避けるのがベターです。パートナーからしても、元彼、元彼女と対面するのは複雑な気持ちになるものです。素敵な思い出として結婚式を記憶したいならば、なるべく面倒な要素は持ち込まないことをおすすめします。

いかがでしたでしょうか。一昔前は結婚式には同性のご友人しか呼ばないというのが半ば常識だったかもしれません。しかし、現代では異性のご友人に呼ばれる結婚式もよくあることです。かつてのようにご新郎側友人席は男性のみ、ご新婦側友人席は女性のみという光景の方がめずらしいかもしれません。ゲストさまとしては何気なく参加してきた人も多いかもしれませんが、実は招待の背景にはいろいろな気苦労もあったのではないでしょうか。そのような手間をかけてまで招いてくれたことにあらためて感謝するとともに、自分が異性のご友人を呼ぶことになったら同様に周囲に配慮することを忘れないでください。パートナーはもちろん義両親ともきちんと話し合い、すべての人が円満に楽しめる結婚式にしてくださいね。


proposal