結婚式を挙げたいけどお互いの地元が遠い……どちらで挙げるべき?

810mr_r0032


たとえば北海道と九州など、お互いの地元が遠い場合の結婚式はどこで挙げるのがベストなのでしょうか。遠方からご親族がやってくることを考えながら式場選びをしなくてはいけないなど、独特の難しさがあります。困難を乗り越えてハッピーウエディングにする方法について紹介しましょう。

お互いの地元が遠い場合の結婚式を挙げるパターンとは

ご新郎ご新婦の出身地が離れていた場合、どこで結婚式をするかはひとつの大きな問題です。いくつかの方法が考えられますが、それぞれのケースでの注意点などを紹介しましょう。

どちらかの地元で挙げる

どちらか一方の地元で結婚式を行うならば、遠方から足を運ばなくてはいけなくなったご両親やご親族に対して特に配慮する必要があります。交通費や宿泊代をゲストの皆さまに負担させるというのは、本来ならば望ましいことではありません。できればご新郎ご新婦で負担するようにしたいところです。もし全額が難しいようならば、せめて飛行機代、ホテル代だけは持つようにしましょう。いずれにせよ、予算にも限りがあることですし、遠方からの参列者は身内だけにするなど厳選することが大切です。そうなった時、一方のご友人、知人ばかりが多いということにはせず、どちらのゲストもちょうど同じぐらいに落ち着くようなバランスを考えることが大切です。

今住んでいる場所で挙げる

どちらか一方の地元を選択するにあたっては、それなりの理由が必要なものです。たとえば、地方から上京してきたご新郎ご新婦が今はどちらも東京に住んでいるならば、東京で挙式をするというのもひとつの方法です。「今住んでいる場所だから」というのは、誰もが納得できる理由となるでしょう。結婚式場へ打ち合わせなどで足を運びやすいのもメリットといえます。もちろん、その際もゲストの皆さまの交通費や宿泊代のことは考慮しながらプランを練ることが必要です。

中間地点で挙げる

おふたりの地元のちょうど真ん中あたりで結婚式を行うというのも可能ひとつの方法です。ご両家のご親族やご友人への負担も半々ですませることができるでしょう。もし、たまたま中間地点にご新郎ご新婦の少なくともどちらか一方にとって馴染みのある場所があるならば、それでもかまいません。しかし、おふたりとも縁もゆかりもないところで式場探しから行わなければいけないというのは大変になることもあるので、ご両家のご家族も交え、おふたりで話し合って決めることが大切です。

リゾートウエディングにする

おふたりの憧れリゾート地や思い出の場所があるなら、リゾートウエディングにするのもおすすめです。ゲストの皆さまにとっても多少交通が不便だったとしても、観光も兼ねて参列するという楽しみができるのではないでしょうか。予算さえ問題なければ、おふたりにとってもゲストにとっても想い出にのこる挙式にできるはずです。

お互いの地元で1回ずつ挙げる

どうしても呼びたい友人、知人がたくさんいたり、両親や親族に負担をかけたくなかったりする場合は、お互いの地元で1回ずつ挙式するという方法もあります。料金は2倍になってしまいますが、交通費や宿泊代を負担するよりも安くすむケースがあるので、予算との兼ね合いでこちらの方がお得になるようならば検討してみてはいかがでしょうか。ただし、日程調整を2回もしなければいけないため、忙しいご新郎ご新婦には不向きかもしれません。

遠方で結婚式を挙げることが決まった際の注意点

遠方での結婚式だからといって、すべてのゲストさまが宿泊をしたいと考えているわけではありません。ホテルを余計におさえてしまい無駄になってしまったという失敗例もあります。仕事などで多忙の場合、かなり無理な日帰りでも構わないという人も結構いるのです。必ずそれぞれの参列者に宿泊の予定を聞いておくようにしましょう。

ホテルを予約する時にも、部屋割りには注意しなければいけません。お子さまのいるご家庭はツイン、ダブル、トリプルのどれが最適か悩ましいところです。ご夫婦でもシングル2部屋を希望している場合もありますし、それぞれのご家庭の事情はわからないので、直接リクエストを聞いてみても良いのではないでしょうか。また、誰と誰を隣の部屋にするかというのも難しい問題です。赤ちゃん連れのご家族と高齢者夫婦が隣になってしまい「夜泣きがうるさくて眠れなかった」と、クレームが寄せられた例もあります。組み合わせをよく考えて、ホテルにお願いしてみるようにしましょう。

結婚式の準備だけでも大変なのに、ゲストの皆さまの移動や宿泊まで考えなければいけないというのは、ご新郎ご新婦にとっても負担であることは間違いありません。結婚式場によってはホテル代と交通費がセットになったお得なパックプランを用意していることもあるので、そういったものを利用してみるのもひとつの方法なのではないでしょうか。

いかがでしたでしょうか。地元が遠く離れたおふたりが結婚式を挙げるには、いろいろな気苦労があるものです。しかし、大変な分、無事やりとげた後にはおふたりの絆はよりいっそう強くなっているでしょう。お互いの家族も交えてよく話し合いながら、ご新郎ご新婦はもちろんすべての参列者が納得できるような方法を模索してみてはいかがでしょうか。

こちらの記事を読んだ方におすすめの記事はこちら

結婚式の前撮りの必要性とタイミング
国内でリゾートウエディングをするメリットとは?
挙式・披露宴・二次会どれかを別日で行っても良い?


proposal