結婚式に呼ぶゲストの皆さまをリストアップする際のコツ

福岡ウエディングアイランドマリゾン:新郎新婦と招待ゲスト


結婚式に呼ぶ招待客のリストアップはどのように行えばよいのでしょうか。誰を呼ぶのか、どのくらいまで呼べばよいのかというのは、なかなか判断が難しいものです。

そこで、結婚式にご招待する方のリストアップのポイントについてご紹介しますので、抜け漏れがないよう、早めの準備を行いましょう。

ご招待する方のリストアップの必要性

披露宴会場を選ぶときは、どの程度の規模で披露宴を行うのかが重要になります。そのため、ご招待するゲストの皆さまのリストはできるだけ早い段階で作っておき、状況をつかんでおく必要があります。

大体でもご招待するゲストの皆さまの人数が決まれば、会場の広さもおのずと決まってきます。もちろん予算との相談も重要です。予算を大幅に超えてしまうことがないように、予算についてはしっかりと把握しておくようにしてください。

招待客リストを効率よく作成するために外せないポイントは、ご家族やご親族、職場の人などを、おひとつおひとつグループ分けをしてからリスト化するということです。主賓や必ず招待する人は誰なのか、といった優先順位を付けて、考えるようにしましょう。

仕事仲間やご友人はどこまでか、などを把握するのも重要になりますので、想定している会場の規模なども考慮したうえで決断しましょう。

リストアップするときに考えるべきこと

リストアップするときには、やはり誰に祝福をしてもらいたいのか、などが何よりも重要になります。ゲストの皆さまの人数は少しでも多い方がよいと思われるかもしれません。しかし、ご両家の人数などのバランスも重要になります。

基本的にはご両家の招待人数に差があっても問題はありませんが、ある程度ゲストの皆さまの人数が同じくらいの方がバランスがよくなります。

だからといってわざわざ無理をしてご両家の人数を合せるような必要はありません。ご新郎・ご新婦の人数に差があるというのは、決して珍しいことではないからです。

以前はご両親の体面や、家と家との結びつきなどが重要視されていましたが、現在では普段からお世話になっている人やこれからもお付き合いを続けたい人を中心として、結婚式に招くことが多くなっています。

また、リストアップをする時には、過去に結婚式に招待してくれた人は必ず招待するようにしましょう。

ご親族のリストアップに関しては、ご両親にお願いをしてリストアップしてもらってください。ご親族以外のゲストの皆さまのリストアップに関しては、おふたりが相談をしつつピックアップしていくようにすることがおすすめです。

リストアップのコツ

リストアップするときはご親族の数が多かったり、呼びたい同僚がたくさんいる、ということもあると思います。そういった場合には、優先度を考えつつご両家のバランスも考え、リストアップしましょう。

ご親族の数が多いのであれば、家単位で考えてみてください。人数が多い場合には、各家ごとで招待状を発送し、その家から代表者に出席をしてもらう形でも全く問題ありません。

ご親族が遠方に住んでいる場合には、ご両親とも相談をしたうえで決めてください。

また親しい同僚がたくさんいる場合には、全員呼ぶと相当な数になってしまうことがあります。そのため直属の上司やお世話になっている人などに絞るようにしましょう。転職したばかりの人は、以前の上司を呼ぶのではなく、現在の上司を呼ぶようにしましょう。

友人を呼ぶときは、高校の友人や大学の友人などそれぞれのグループが異なることによって、お互いに面識がない場合もあります。そのため、友人をおひとりきりにしてしまうことがないように、同じグループには、少しでも顔見知りの人がいるようにしてあげてください。

リスト化した際に書いておくべきこと

招待客をリスト化したあとは、その人の肩書や住所、電話番号といった情報も一緒に書いておくことがおすすめです。招待状を作成する際や席次表を作成する際にも確認の手間が省けるのとても便利です。

このように結婚式はご招待客のリストアップがとても重要です。リストアップをするうえでゲストの皆さまに失礼があってはなりませんし、呼ぶべき人を呼んでいないということがあってもなりません。

このようにリストアップにはいくつかポイントもありますので、その点をしっかりと押さえておくようにしましょう。


proposal