結婚式の招待状の出し方にはどんなマナーがあるの?

千葉セントマーガレットウエディングで使える招待状


結婚式の招待状を出すときにはいくつか注意点があるのをご存知でしょうか。招待状を出すときのマナーや、相手に失礼のないようにする書き方についてご紹介します。

結婚式の招待状はどのくらい前に出すべき?

結婚式の招待状は、結婚式が行われる日の2ヶ月前には発送するのが基本になります。余裕を持つのであれば、3ヶ月前の発送が理想的ですが、遅くても2ヶ月前には出席人数や式の準備をスムーズに進めるために発送をしておくのがベストです。

ちなみに同封する返信はがきの期限は、基本的に約2ヶ月以内と言われています。そのため、結婚式当日の1ヶ月前から2ヶ月前には、出席人数がある程度把握できるようになります。そういったことからも、結婚式の招待状を2ヶ月前に発送するのがベストだと言われているのです。

結婚式の招待状の出し方のマナー

招待状は手渡しの場合と、郵送の場合の2つがあります。

結婚式はご新郎ご新婦がゲストの皆さまを招きます。式に出てくれるようにお願いをすることになりますから、招待状を手渡しできる職場の人やご親戚の方、マメに合うご友人などへは手渡しをするのが理想的です。
また、ゲストの皆さまの中でも主賓や仲人、挨拶や祝辞をお願いする方、そして恩師といった方に対しては招待状を手渡しにするようにしましょう。

しかし、いくつか注意すべきこともあります。招待状を手渡しする場合には、事前に結婚式に出席できるかどうかを確認したうえで、招待状を持参するようにしてください。
その時に、挨拶や余興などをお願いする場合には、一言添えるようにしましょう。

招待状の封筒は宛名などがあれば印刷をします。その時は住所などが必要ですが、手渡しの場合には氏名だけを書くだけで大丈夫です。住所が印刷されている場合、郵送するつもりがたまたま会う時間ができたのでついでに渡そう……と思ったと勘違いされてしまうことがあるからです。

招待状の書き方のマナー

招待状の書き方ですが、文章は区切ることを意味する句読点は入れません。そのかわり区切る部分には、一文字分の空白を入れます。

そして図柄はセンター揃えにして、一文字下げて段落をつけないようにしましょう。

招待状の書き方は漢字にも注意が必要です。「忙しい」という漢字は、「心を亡くす」と書きます。これは縁起のよい文字ではないので、平仮名にするか、他の言葉を使うようにしましょう。

また、「重ね重ね」、「返す」と言った重ね言葉や忌み言葉を使用しないようにしてください。そして、レストラン名など横文字で読み方の難しいものは、誰にでもわかるように読み仮名はもちろんカタカナ書きなども入れるようにして読みやすくしましょう。

紙質は破れたり、折れたりしないようなある程度厚さのあるものを使用するようにしてください。封筒の宛名と招待状は、招待状が横書きなら横書き、縦書きなら縦書きに揃えるようにしましょう。招待状が縦書きであるにもかかわらず、封筒は横書きといったようなことにならないよう注意が必要です。

同封物がある際のマナー

結婚式が失敗しないためにも、招待状はとても重要なポイントです。日ごろお世話になっている人たちに、気持ちよく結婚式に出席してもらうためにも、失礼のないように招待状を送らなければなりません。

そこで、招待状を封筒へ入れる際の重ね順や同封するものについてご紹介します。招待状に同封するものというのは、次のようなものが一般的です。

本状

これは招待状を送る時になくてはならないものです。招待状の表紙の中に織り込まれているもので、リボンなどで結ばれています。

メッセージカード

ご新郎ご新婦のご両親からの挨拶文や結婚式の日にちなどが記載されているメッセージカードなども入れることができます。

依頼状

余興やスピーチを頼む方には、付箋などで依頼状を同封します。

会場への地図

文章だけではなく、イラストや目印となる建物、道順、交通手段などを記載した会場への案内地図を同封しましょう。

返信用ハガキ

受取人の氏名、住所が書かれたものを用意しましょう。切手も忘れずに貼った状態で同封をします。

付箋と小さいものは招待状の本状に挟むようにしていれましょう。

封筒へ入れる重ね順は開けた時に、招待状の表紙が表になるよう一番上にして、次に返信用ハガキ、会場への地図を入れていくのが理想的です。

返信用切手のマナー

結婚式の招待状の封筒と返信用ハガキにはご新郎・ご新婦自らが切手を貼ります。この際に使用する切手は、郵便局などで購入することができる慶事用切手を用意するのが一般的です。慶事用切手を使用しなくても、非常識ではありませんがその場合にはTPOをしっかりとわきまえたうえで、慶事にはふさわしくない柄は避けるようにしましょう。暗い印象のものは使用せず、華やかなものにすると招待状の印象もより良くなります。

もちろん返信用ハガキの切手も同様の慶事用切手を用意します。子どものいる家庭ではキャラクターの切手でもよいですが、ご年配の方や上司、恩師に対してキャラクター切手はふさわしくありませんので注意するようにしましょう。

招待状は結婚式のプロローグともなるものです。
招待状で恥をかいてしまうようなことや、送る相手に失礼にならないようにするためにも、出し方や書き方、封筒への入れ方などのマナーは十分に理解した上で招待状を作成するようにしてください。


proposal