結婚式のお料理選びはランクの見極め方をおさえておこう

8102017-03-14-79-Edit


結婚式におけるお料理は、ゲストの皆さまに対するおもてなしのひとつとして、十分に検討したいプランのひとつです。どういったお料理だと喜んでもらえるのか、相場やランクが分からない、見極め方を知りたいという人はたくさんいるかと思います。そこで、結婚式のお料理のランクの見極め方や種類、相場などを紹介しますので、ブライダルフェアなどでお料理をチェックするときの判断材料として役立ててください。

結婚式のお料理の種類

結婚式の定番料理であり、主な種類としてあげられるのは「フランス料理」「イタリア料理」「中華料理」「日本料理」「折衷料理」です。これらの仲でも、おもてなしの代表格と言えるのがフランス料理です。多くの結婚式場で用意されており、高級食材を交えたお料理を楽しめますし、ランクも豊富にあります。

イタリアや中国料理は、カジュアルな披露宴に向いていて、日本人に馴染み深い分野でありながら、多くの方の味覚に合うタイプであるため喜んでもらいやすいお料理でしょう。ご親族のみとする結婚式に対しても取り入れやすいお料理と言えます。

そして日本料理は、祝膳として親族や会社の方々など、幅広い方へのおもてなし料理として向いているものです。一品それぞれに目を奪われるような美しさがありますし、神前式のような形式では特に、相性のよいお料理でしょう。若いカップルの結婚式ですと、ご新郎ご新婦に合わせてゲストの皆さまの平均年齢も低めになりやすいため、フランス料理やイタリア料理を選ばれやすいですが、日本料理も高い人気があります。

最後に折衷料理は、日本料理とフレンチを組み合わせたもので、幅広い年齢層、お料理の好みを持つ方々に相性がよいです。フレンチを取り入れつつ、ご年配のゲストさま向けにあっさりとしたお料理を取り入れたい場合には、折衷料理が向いています。ゲストの皆さまの顔ぶれによって内容を工夫しやすく、あらゆる結婚式に合わせられるタイプでしょう。

お料理の相場はどのくらいを選べばよい?

お料理は結婚式場によりますが、打ち合わせの段階でプランを選んだり、予算を決めてお料理を決めたりするなどさまざまです。お料理の費用は、安すぎると質素な内容になりますし、高すぎると結婚式の費用の負担が大きくなります。平均的な相場ですと、ゲスト1人に対して、1万5千円から1万7千円です。この相場は、お料理に対する金額で、ドリンクやケーキはまた別にかかります。高すぎると負担は大きくなりますが、安いよりもゲストの皆さまに与える印象はよくなるでしょう。いずれにしましても、相場に合わせて設定するのが無難です。

お料理見極めのタイミング

お料理を見極めるタイミングは、ブライダルフェアや、結婚式を決めてから行われる試食会が主な機会です。ブライダルフェアの中には、実際のお料理で出されるメニューを試食できたり、一部を食べられたりする事があります。また、結婚式を決めてからも、目玉料理を試食するなど、お料理を見極められる機会は何度かあります。ゲストの皆さまにとって、結婚式への出席における楽しみのひとつでもありますので、慎重に選びましょう。試食をすれば、知らないお料理が出される事はありませんので安心です。

お料理はゲストの皆さまにどんなところを見られている?

ゲストの皆さまには、お料理のさまざまな部分を見られています。まずは品数です。品数が少ないと、物足りなさを感じたり、節約したのではないかと思われたりするため、ある程度の品数は押さえておきたいところでしょう。そしてメインディッシュです。主に肉料理をメインディッシュと言う事が多いですが、皆さまの目を引いたり、味に力を入れたりと、特にこだわりを持つべき部分でしょう。全体的な料理の見た目も重要で、豪華さや高級感を与えられる方が望ましいです。

また、料理はもちろんですが、飲み物の品揃えも重要です。お酒を楽しむ方々は多いので、あまりに種類の少ないコースですと、物足りなさを感じられかねません。出席するゲストの皆さまを考慮し、用意しましょう。

ランクを見極めるのに重要な食材

お料理のランクは、見る人、食べる人によっては分かれます。ご自身で試食をし、満足してもらえるランクのお料理を見極めるのもよいですが、担当者に聞くのが一番確実です。さらに、お料理の材料として、地元の食材を使っているところを選ぶと、地域のお料理を楽しめるのでおすすめです。お料理をゲストの皆さまに提供するとき、司会者に材料の説明をしてもらう事も可能なので、より高級感やこだわりを感じ取ってもらいやすいでしょう。

スタッフのサービスの質も見極めよう

披露宴の際、実際にゲストの皆さまにドリンクやお料理を提供し、おもてなしをするのは式場のスタッフです。スタッフが持つサービスの質も重要なので、見極めなければなりません。打ち合わせの段階でスタッフ全員と顔を合わせられるわけではありませんので、どういった雰囲気の人がいるのか、実際に過去に挙げられた披露宴の映像や写真、レポートを見るなど、結婚式場に在籍しているスタッフの質を見極めてください。

結婚式で提供するお料理は、ゲストの皆さまをおもてなしするとても大切な要素です。担当のスタッフに聞いて調べる事も重要ですが、ご自身の舌で調査する事も欠かせません。

積極的に地元食材を使用している結婚式場はこちら

海に浮かぶ結婚式場「ウエディングアイランド マリゾン」
アメリカ東海岸のリゾートホテルがテーマの水と大自然に囲まれた「クレアージュリゾート」
天空のウエディングステージ「四季の丘」


proposal