挙式・披露宴・二次会どれかを別日で行っても良い?

8100817skio_19826指


最近ではさまざまな事情から、挙式と披露宴、二次会を別日に行うことが増えています。遠方のお客様にも気兼ねなく来ていただける、好きな場所で挙式ができるといったメリットもありますが、中には戸惑う方もいるようです。挙式と披露宴、二次会を別日で行う場合にするべき配慮をわかりやすくまとめました。

挙式・披露宴・二次会を別日で行うメリット

挙式と披露宴、二次会を別日に行うことにはたくさんのメリットがあります。ご招待するお客様の負担を考えなくてよいので、挙式の場所は海外でもリゾートウエディングでも、自由に選ぶことができます。

また最近では、ご新郎とご新婦の出身地が別々だった場合にも、挙式と披露宴を別日に分けて行うことが増えています。挙式を先に済ませておいて、その報告もかねて後日披露宴を地元で開くことで、ご親族の方にも気軽にお越しいただくことができます。お招きする方としても、交通費を負担することがないので経済的に助かるといった面もあります。

挙式とは別日に披露宴を開くときに、お呼びするお客様のメンバーを調整するカップルもいます。職場の方だけを集めて報告をしたり、ご友人だけでカジュアルに、またにぎやかに結婚をお祝いしてもらったり、そのスタイルはさまざまです。

挙式・披露宴・二次会を別日で行うデメリットや注意点

しかし同時に、挙式、披露宴、二次会を別日に開く際には注意すべき点もあります。両方にお招きしたお客さまには、両日来ていただくための準備や費用の負担があるからです。

結婚式は行う側も大変ですが、呼ばれる側にも用意がたくさんあります。平服のご招待であっても、普段着で披露宴に行くことはできません。それなりの服装が必要ですし、女性の場合は美容院へ行くという方もいるでしょう。また、お渡しするご祝儀の準備も必要です。挙式と披露宴、どちらの日にご祝儀を渡すのか、はっきりさせておく必要があります。

従来の結婚式と披露宴は、同じ日に行われることがほとんどでした。二次会も、披露宴のあとにご友人が集まってお祝いするといった流れであることが普通です。そうした流れに慣れた方には、挙式と披露宴、二次会が別日に行われることはわかりづらいかもしれません。披露宴のみにご招待するお客様が、両日の日付を知らされた場合、どちらに行けばよいのか迷ってしまうこともあるでしょう。混乱させないように、挙式と披露宴の日取りについてはきちんと説明するようにしてしましょう。

挙式、披露宴、二次会を別日で行う場合のポイント

挙式と披露宴、二次会を別日に行う場合は、いつ、どの場所に来てもらいたいかをはっきりとお知らせしましょう。お招きした方を混乱させるような通知は避けるべきです。もともと、結婚式に参加するのはだいたいが近い身内ばかりです。事情を説明すれば大半の方が納得してくれるでしょう。また、日付さえはっきりすれば、服装やご祝儀について悩む必要もなくなります。

また、挙式の後で行う披露宴では、式の様子を映した映像や写真をお客様に見ていただけるよう工夫してみましょう。特に海外で挙式をされた場合など、印象的な風景が話題になることは間違いありません。スライドショーや動画などにして披露宴会場のスクリーン流すことがおすすめです。

さらに、できれば披露宴と二次会は同じ日に行うことがベターですが、海外やリゾート地で挙式と披露宴をした場合には、二次会を別日に設定することで来ていただくことのできる方も多くなるでしょう。その場合、気の置けないご友人とのカジュアルなお祝いの場と設定するといいかもしれません。

挙式・披露宴・二次会を別日で行う場合は招待状に注意しよう

混乱を避けるため、挙式と披露宴の招待状は別々に作った方がよいでしょう。式にも参加いただく方には、挙式と披露宴の招待状をそれぞれ一通ずつ送ります。披露宴のみ参加いただく方には、披露宴だけの招待状をお送りするのが最も誤解を生まない方法です。

ただし、披露宴のみにお越しいただくゲストの皆さまには、先に身内だけで挙式を行うことをあらかじめお知らせしておきましょう。そうすれば、披露宴で流れる式の写真や映像もスムーズに受け取っていただけます。

二次会を別日に行う場合も同様で、挙式や披露宴を先に開いたことを述べ、改めてご挨拶がしたい旨記載しておくとよいでしょう。もちろんこの二次会でも、挙式や披露宴の映像は喜んでもらえます。素敵な挙式でのエピソードをご報告できるといいですね。

海外で挙式を行うカップルも増え、披露宴のみ地元で開く方も多くなっています。挙式と披露宴を別日で行うことには、ゲストの皆さまの負担が少なくて済む、お式を挙げるおふたりは好きな場所を選ぶことができるといったメリットがあります。ただ、挙式と披露宴が別日で案内されてしまうと、どちらに招待されているのかわからなくなることがありますので、日付はわかりやすくお伝えしましょう。


proposal