ブライダルフェアで当日予約をする際の注意点

821mr_r0008


ブライダルフェアは、結婚式場の見学、本番をイメージ出来るような挙式場や披露宴会場のチェック、そのほか衣裳の試着をしたりお料理の試食をしたり出来るなど、結婚式を挙げる皆さまが有益な情報を得られる場です。基本的には予約をして会場に足を運びますが、当日予約で参加する事も出来ます。では、当日予約におけるメリットやデメリット、そのほか必要な準備について説明します。

ブライダルフェア当日に予約をするメリット

結婚式のイメージを膨らませるため、ブライダルフェアに参加しようと考えているカップルは、当日に予約をされる場合があります。当日に予約となるとかなりギリギリのように思えるかもしれませんが、いくつかのメリットがあります。

結婚式場によっては、当日予約を限定とした特典があったり、割引が設けられている場合があったりします。基本的にブライダルフェアは参加人数が限られていますが、その空きを埋められるという式場側のメリットもありますので、多少なりとも参加者に対して特典がある事が多いです。

また、予約なしで参加する場合ですと、プランナーとの相談時間を十分に確保できない場合がありますが、当日でも予約をすると、相談する時間をある程度用意してくれます。そのために、スケジュールの空き状況に応じて、結婚式の日取りを取りやすいなどの魅力もあるのです。予約があるのとないのとでは当日の対応が大きく違ってきますので、事前に予約が取れなかった方は、たとえ当日になってしまったとしても、予約の連絡を入れる事をおすすめします。

ブライダルフェア当日に予約をするデメリット

ブライダルフェア当日のギリギリに予約をする事には、いくつかのデメリットがあります。まず、カップルのおふたりは結婚式を挙げたいというひとつの夢を持って参加されるのでしょうが、直前で参加されるという事は、ご両親に式を挙げる事を伝えきれていない場合が多いでしょう。そうすると、結婚式の日取りを仮に決めたとしても、ご両親に後々になって反対されてしまう可能性がありますので、おふたりのモチベーションや、キャンセル料など、さまざまな点でデメリットが発生しかねません。

また、結婚式場は、事前にヒアリングをした上で、相性のよいプランナーをアサインするよう対応してくれるところがあります。余裕を持った予約ですとそのような対応もしやすいのですが、当日となるとそうもいきません。ウエディングプランナーとの相性を判断する時間がない例も十分にあるでしょう。さらに、当日予約ですと、挙式や披露宴の演出の体験、実際に出されるお料理の試食など、それらの体験が出来ない場合があります。

少しでも結婚式のイメージをつかんだり、その式場の特徴を把握したかったりするのであれば、当日の予約ではサービスを十分に受けられないかもしれません。ゆっくりと会場をチェックしたり、プランナーと相談する時間が欲しかったりするのなら、前もって予約しておく方が安心です。

ブライダルフェアに必要な事前準備

せっかくブライダルフェアに行くのなら手ぶらではなく、十分に準備を整えてから参加される方がよいです。「カメラ」「ペン」「メモ用紙」「手帳」「バッグ」「結婚式関連の雑誌や画像」など、これらがあるとブライダルフェアへ効率的に参加出来ます。

カメラは挙式場や披露宴会場の中を後から見返す事が出来るよう、必ず準備しておきたいものです。今なら、スマートフォンがあるためカメラを持ち歩いているようなものですが、充電はしっかり確認しておきましょう。また、メモ用紙やペンは、会場の雰囲気や細かい点、その時感じたことなどをメモしておくのに必要です。撮影した写真からでは伝わらないものもあるので、用意しておくと便利です。

プランナーと話をすると、実際のスケジュールについて具体的に話すこともあります。カレンダー付きの手帳を持っておくと、具体的なプランを検討しやすく、その他の結婚式場も見たいという場合に、比較しやすくなるでしょう。そしてバッグですが、ブライダルフェアでは大きめのパンフレットをもらったり見積書などの書類をもらったりします。ぐしゃぐしゃにならないよう保管できるバッグを用意しておきます。具体的なイメージがある方は、結婚式の雑誌、画像などを用意してプランナーに見せると、どういう結婚式にしたいのか伝えやすくなります。

さらに、結婚式の予算を事前にある程度決めておくと、プランナーとの話が進みやすいですし、交渉もしやすいです。どういった雰囲気や演出にしたいのか、交渉する内容も決めておくと、相談がスムーズになりますし、失敗しづらいでしょう。

急ぎですと、ブライダルフェアを当日に予約するのは仕方がないかもしれません。しかし、出来るだけ多く体験したり、満足いくような見学が出来たりするように、余裕を持って事前に予約することをおすすめします。事前の予約と当日の予約では、サービス内容に大きな違いが出る可能性があるため、注意しましょう。


proposal