ブームの和婚! 神前式の費用はどのくらいかかるもの?

810IMG_1159_c


今、若者の間で神前式結婚式が見直されています、日本ならではの伝統を感じることができる想い出深い式を挙げたいと考えている人にもピッタリです。しかし、興味はあっても費用がどれくらいかかるかなど不安に思っている人も少なくないのではないでしょうか。神前式結婚式について詳しく解説しましょう。

神前式の挙式料の費用相場

神社で結婚式をする場合、神主さんに初穂料または玉串料という名前で謝礼を納めなければいけません。これが神前式結婚式の挙式料ということになりますが、ある統計調査によれば首都圏平均で38.1万円ということです。すべての結婚式における挙式料の首都圏平均は32.1万円なので、やや割高ということになるかもしれません。

しかし、ご新郎ご新婦だけでおふたりだけでささやかに挙式をするならば3万円程度で済むこともあります。挙式のみであれば20万程度で済むでしょう。もちろんどこで行い、何人ぐらいゲストさまを呼ぶのかによっても大きく異なってくるため、きちんと確認をしておく必要があります。

神前式の衣裳代の相場

神前式で衣裳をレンタルするならば、ご新婦は15万円から20万円、ご新郎は5万円から10万円程度が必要といわれています。さらに、小物・かんざしなどのレンタル代が別途かかったり、着付け代が必要になったりすることもあるので、事前にきちんと確認しておきましょう。

具体的には、白無垢なら20万円ほど、色打掛は25万円ほどが目安です。その他、豪華な本振袖の花嫁衣裳は30万円、男性の紋付袴は10万円が相場と考えておきましょう。

神前式は他にどんなところにお金がかかる?

神前式の挙式では、基本的に神棚に向かっての撮影は禁止されています。その他、撮影に関してはいろいろなルールを設けている神社も少なくありません。結婚式の写真は場所を変えて前撮りしなくてはいけないこともよくあるので、撮影代がかかりがちという点は覚えておきましょう。一方、神社提携のルールを熟知したカメラマンがいて、当日問題なく撮影をしてくれるケースもあります。もし、リーズナブルにしたいと考えているならば、そういった会場を探すようにしましょう。

また、神前式ならではの花嫁行列をしたいならば別途料金が必要になることもあります。小さな神社ではそもそも花嫁行列をするスペースがないかもしれません。事前に必ず神社によく確認するようにしてください。

ホテルでの挙式ならばそのまま別室に移動して披露宴ということも可能ですが、商業施設から離れている神社も多いため、ゲストの皆さまのためにマイクロバスなどをチャーターする必要もあるかもしれません。移動代がかさむ可能性があることを心に留めておきましょう。

神前式で節約するポイント

神前式で挙式を挙げる場合の費用の節約ポイントにはどのようなものがあるでしょうか。

儀式を絞る

神前式はさまざまな儀式によって構成されています。祝詞奏上の儀、三献の儀、誓詞奏上、玉串奉奠これらの5つの儀式をセットにしている神社が一般的です。さらに、ここに花嫁行列、巫女舞、親族杯の儀などをオプションとして加えることもできますが、必ず行わなければいけないというものではありません。節約したいならば省略してしまうのも良いでしょう。

DIYを取り入れる

最近では神社でもホテルでの結婚式のように、会場にいろいろなものを持ち込めるようになっています。自分で作ることができるものはDIYしてみるのもおすすめです。会場の装飾、ウエディングケーキなどを持ち込むならば、持ち込み料をとられることもあるので事前に確認が必要です。しかし、持ち込み料不要のところも増えてきているので、かなりリーズナブルにすませることもできるかもしれません。

衣裳を再利用する

神前式は和装婚なのでどうしても着物のレンタル代が高額になりがちですが、ご両親が使った衣裳がまだあれば再利用するという方法もあります。ご新婦は成人式できた振り袖をリメイクしてみるなどすると、工夫のしがいのある神前式といえるのではないでしょうか。

お得なプランを利用する

最近では神前挙式をより若者に認知してもらいたいという意向もあってか、少人数でお得に挙式できるプランも各種揃っています。特にゲストの皆さまが30人以下の場合は、かなりリーズナブルにできるかもしれません。ご両親、ご親族、ごく親しいご友人だけを招いた結婚式にしたいと考えているならば、神前式は大変おすすめともいえます。

さらに、早目に予約をすることで特典割引を利用できることもあるそうです。早くから予約をして準備を進めれば、ご新郎ご新婦ならではのユニークな結婚式を実現することできるでしょう。費用はあまりかけられないけれど時間はたっぷりあるというようなカップルにもぜひおすすめしたい神前式結婚式なのです。

いかがでしたでしょうか。神前式結婚式というと一昔前のもののようにイメージしている人も多いかもしれませんが、それは間違いです。今、流行に敏感な若者を中心に見直されているのです。日本の伝統をいかしながら、自分たちなりの工夫をできるというのも神前結婚式の魅力といえるでしょう。ウエディングドレスも素敵ですが、日本の花嫁ならではの白無垢姿というのも捨てがたいものです。白いドレスならば結婚式以外にも着る機会もあるかもしれませんが、白無垢に袖を通す機会は他にはないことは間違いありません。思い出に残る結婚式にしたいと考えているカップルも、ぜひ神前式結婚式を検討してみてはいかがでしょうか。

こちらの記事を読んだ方におすすめの記事はこちら

神前式だからやっておきたいおすすめ演出
伝統的な挙式スタイル! 神前式で挙式を挙げる魅力とは?
結婚式を和装で行う場合にこだわるべき着物の柄
和装で結婚式! 和ブーケの必要性とは?


proposal