これからの生活のためにもしっかり考えたい結婚式の予算の決め方

熊本四季の丘:結婚式の予算の決め方


結婚式を挙げるときの費用の相場は、大体どのくらいのものなのでしょうか。結婚式での予算の相場や、予算の上手な決め方について一度しっかりと考えてみましょう。

結婚式を挙げる費用の相場ってどのくらい?

結婚式の費用の相場は、大体240万円前後だと言われています。

結婚式は年々少人数化しているとも言われていますが、高額な費用をかける人もまだまだ多いです。

結婚式の費用、ウエディングスタイルによってもまた大きく異なります。招待人数が多く演出や使用するアイテムがしっかりと整っている結婚式場は、やはり高額になります。

反対に少人数のカジュアルな結婚式場の費用が低めになっており、お食事会ウエディングなどがあります。

このように使用する結婚式場によって、かかる費用は大きく異なります。

結婚式の予算はどう決める?

結婚式の費用は必ずしも全額自己負担というわけではありません。ゲストの皆さまから受け取ることができる会費や祝儀などがあります。

ではどのくらいの金額を自己負担すればよいのでしょうか。
平均すると50万円以上は負担することになるようです。そのため、おふたりで自己資金をある程度は貯めておく必要があります。

もちろんご新郎ご新婦のご両親から援助してもらえることもありますし、援助してもらえないこともあります。そういったこともどの程度の費用をかけられるのか、予算はどのくらいになるのかといったことに大きく関係してきます。

しかし、結婚式が終わってからも新婚生活を送るためにお金が必ず必要になります。そのため、そういった点も考慮したうえで、抑えられるところは抑えるといった予算の決め方が重要になります。

ご祝儀や祝い金はどのくらいになる?

ご祝儀や祝い金がどのくらいになるか把握することは、結婚式費用を補ううえで、重要なポイントになります。そこでご祝儀や祝い金の金額について、ある程度理解しておかなければなりません。

招待客別のご祝儀としては、ご友人や同僚は基本的に3万円です。そして上司が50,000円以上となることが多いようです。

恩師の場合には5万円前後、ご親族は6万円といった金額が基本になります。

ご祝儀や祝い金はご新郎ご新婦の関係性や立場によっても異なるので、ご出席される方ごとの相場を把握した上で、どのくらいの金額が集まるかを考えておくことが大切です。
また、ご祝儀に相場があると言っても受付やスピーチをお願いする方に対しては、お礼をお渡しすることがマナーですので、そういったものも差し引いて考えておく必要があります。

しかし、このようなご祝儀や祝い金といったものをあてにした費用の見積もりは、一見するとあまりよいことではないように思われるかもしれません。しかし、大半の結婚式では、そのようなことも考慮したうえで費用を算出するのが一般的ですので、気にする必要はないのです。

結婚式の予算を増やす方法はある?

結婚式の予算というのは、いくらでも出せるわけではないと思います。費用を高額にすればするほど楽しい結婚式になると考える方も多いかと思いますが、その分負担は大きくなってしまいます。

そのため、できるだけ妥協すべきポイントは妥協し、なおかつ譲れないところは譲らないという姿勢が重要です。

そのように試行錯誤した場合でも、結婚式の予算が足りなくなってしまうということもありますので、そのような場合には、結婚式の予算を増やす手段をしっかりと考えましょう。

例えばご両親からの援助を依頼するのもおひとつの方法です。しかし、ご両親からの援助を受けられない場合もあるかと思います。その場合には、ブライダルローンを組むのもおすすめです。もちろんローンですので返済をする場合は、利息がかかります。しかし、どうしても妥協したくないポイントやお気に入りの式場選びをしたいのであれば、ローンを活用するのもよいでしょう。

予算オーバーしてしまった際の対処法

結婚式の費用をできるだけ抑えて、なおかつ自分たちの理想は最大限に叶えたいという方も多いでしょう。そのような場合でも、予算がオーバーしてしまった場合には、対処が必要です。

まず、予算がオーバーしてしまったときは、見積もりや見積もりの内容以外でかかっている費用を見直しましょう。そこで妥協できるポイントがないかチェックをして削れるところを削ります。

また、結婚式場に準備してもらうものや費用がかかるものの中には、実は手作りすることでコストを大幅にカットでき、なおかつより良いものに仕上げることが可能なものもあります。手作りできるものをお金をかけて依頼しているのであれば、手作りするのも上手な節約の方法のおひとつです。

結婚式における費用は非常にシビアな問題です。そのため妥協せざるを得ない部分なども出てくるでしょう。しかし、工夫次第では妥協せずとも実現できることはありますし、むしろより良いものに出来る場合もあります。つい、あれもこれもなってしまいがちですが、予算がオーバーしてもしなくても、見積もりを見直すことや、本当に必要であるか吟味することは大切です。


proposal