結婚式を挙げたくない彼のブライダルフェアへの誘い方

8101020SKO_67646


結婚式は、どちらかといえば男性よりも女性の方が挙げてみたいと夢見る事が多いのではないでしょうか。対して、男性側は結婚式に乗り気でない事は少なくありません。あまり乗り気ではない彼をブライダルフェアに誘うにはどうしたらよいのか、頭を悩ませる女性は少なからずいるはずです。そこで、彼をブライダルフェアに誘う方法について紹介していきます。

ブライダルフェアに誘う前に把握しておきたい彼の気持ち

彼をブライダルフェアに誘う前に、なぜ結婚式を挙げたくないのか、男性の気持ちがなかなか理解できない人もいると思います。理由を把握しておけば、フェアに誘う口実を作りやすくなるかもしれません。

まず、男性が結婚式を挙げたくないと考える理由のひとつに、単に面倒臭いという考えが多いでしょう。挙式や披露宴の準備はかなり手間がかかりますし、ご親戚やご友人たちゲストの皆さまの調整、衣裳の調達や演出の打ち合わせなども大変です。こういった結婚式に対するイメージが、男性が式をあげたくなくする大きな理由であることが考えられます。

また、経済的な部分も大きな理由になります。普通の結婚式場で式を挙げるとなると、少なくとも100万円近く、規模やこだわりによっては200万円や300万円、あるいはそれ以上かかるケースも稀ではありません。豪華にすればするほど、その費用はかさんでいきます。一生に一度の思い出とはいえ、一回の結婚式に多額のお金がかかるのが経済的に厳しいというのは、多くの方に共通するところかもしれません。

そして、人によっては人間関係も関係する事があります。ゲストさまとしてお招きするご友人が少ないと、結婚式を挙げる気にならないというのも無理はありません。ご新郎側のゲストは少なく、ご新婦側のゲストは多いような格差がついてしまうことに抵抗を抱く方も少なくありません。そういった理由から、結婚式に消極的になってしまう男性は多いでしょう。あるいは、ご親族との仲が悪く、誘いづらいというのも関係している人はいるかもしれません。

ブライダルフェアへの誘い方

ブライダルフェアは、結婚式場で行われるウエディングのイベントで、式場の雰囲気を直接見たり、詳しい説明を聞く事が出来たりと、結婚式を挙げるつもりであるご新郎ご新婦にとっては、非常に参考になるものです。ただ、結婚式に対して消極的な彼ですと、このブライダルフェアに誘う事自体が難しい場合があるでしょう。

単に話を聞いたり、会場を見たりするだけのフェアですと、彼は一緒についてきてくれないかもしれません。しかし、今は実際の披露宴で出されるお料理の一部を食べられたり、フェアに参加する事でプレゼントをもらえたりするようなものもあります。美味しいお料理を食べられ、物をもらえるという事であれば、彼もついてきてくれるかもしれません。あるいは、デートの一環として、どこかに遊びに行ってからブライダルフェアに行ったり、あるいはその逆で参加してみるのもよいでしょう。

ブライダルフェアの中には有料のところもありますが、結婚式場によっては無料で参加出来るところもあります。わざわざお金をかけたくないと考えている彼は、無料のフェアであればついてきてくれる可能性があるでしょう。また、アクセスとしても行きやすいところを選んであげることがポイントです。

いずれにしましても、彼を連れて行きたい女性は、どうしてブライダルフェアに行きたいのかという理由を具体的に伝える事が大切です。曖昧な理由では、時間がかかるだけと考えられてしまうかもしれないので、しっかり気持ちを伝えましょう。

ブライダルフェアへ誘う場合の注意点

彼をどうしてもブライダルフェアに誘いたい人は、いくつか注意すべき点があります。まず、彼に断りもせず、ブライダルフェアの予約を入れてしまう事は避けましょう。また、誘いたいがためにしつこく結婚式の話をしたり、何度も無理に誘ったりするのも、機嫌を損ねてしまうかもしれません。仮にそれらの方法で彼を誘い出す事が出来たとしても、十分に楽しんだり、一緒に相談しあいながら会場を見たりできないと、お互いがよい気はしないはずです。やはり理想は、彼が納得した上でついてきてくれて、会場で一緒に結婚式の事を想像しながら検討する事です。嫌がっている彼を無理やり誘ったとしても、よい形でブライダルフェアを見に行けるとは限りませんので、丁寧に誘うように心がけましょう。

女性にとって結婚式は、人生の中で最高に輝ける場でもありますし、記憶に強く刻まれる思い出の1日となるイベントでしょう。当然ですが、結婚式はおひとりで挙げる事は出来ず、彼の存在が必要不可欠です。ブライダルフェアでは、結婚式について具体的な説明を受けたり、お料理を食べられたりと貴重な体験を出来ます。将来的に結婚式を必ずあげたいと考えているのであればまず、彼を上手にブライダルフェアに誘い出す事が大切でしょう。

こちらの記事を読んだ方にお勧めの記事はこちら

結婚式に呼ぶ人が少ない…そんなときの対処法はある?


proposal