結婚式の打ち合わせ回数はどのくらい?

821mr_r0011


結婚式を挙げる会場を決めると、当日に向けて地道な準備が始まります。全てを自分たちで作り上げるのではなく、基本的には担当者であるプランナーと一緒に計画していくのが一般的です。演出やお料理、その他のプランを決めていくためには、何度かに分け、プランナーとの打ち合わせが行われます。この打ち合わせについて、回数やいつから始まるのか、さらにはどういった内容を話し合うのか説明していきます。

打ち合わせはいつから始まる?

結婚式場を早々に予約しても、そのときから打ち合わせが始まるわけではありませんし、早くに予約したからといって、打ち合わせの時期が早まるという事もありません。どれだけゲストさまの人数がいるのか、結婚式の規模によっても異なるようですが、一般的には打ち合わせは挙式の3ヶ月前から開始されます。

中には1年前くらいから式場を予約するという人も多いのですが、そうすると3ヶ月前ではギリギリではないかと思うかもしれませんね。しかし、そういう事もなくひとつずつの打ち合わせは丁寧に、濃密な形で行われますので、3ヶ月前でも十分、結婚式は形になっていきます。

打ち合わせのスケジュールについて

結婚式の打ち合わせのスケジュールは、平均すると4回程度です。まずは招待状に関する打ち合わせがあります。この地点で、衣裳の打ち合わせの日程を決める事が多いです。2回目には、挙式や披露宴の内容、ゲストの皆さまについて、お料理について決められます。そして最終の打ち合わせでは、見積もりや座席を確定したり、当日使うアイテムの確認、進行について司会者と話したりします。通常の打ち合わせは3回ですが、衣裳の打ち合わせに1回で、合わせて4回される事が多いです。プランナーとの打ち合わせはだいたい1ヶ月に1回くらいのペースでされ、衣裳は予定が合う日程にされます。

打ち合わせではどんな内容で進めていくもの?

打ち合わせでは、結婚式を成功させるためにひとつひとつ細かく決めていきます。

1回目

1回目では、挙式や披露宴の大まかな流れ、招待状の作成、ゲストの皆さまを大まかに話します。招待状のデザインや本文を決めるのはこの段階です。また、衣裳の打ち合わせは通常の打ち合わせとは別の日程で行われますので、スケジュールを決めます。1回目にはそれほど細かく決める事は多くありません。

2回目

2回目は、特に細かく話し合う事が多いです。主に披露宴の内容で、余興や演出、BGMはどうするかといった事から、ヘアメイクの話、リハーサルの予定を決める事もあります。また、会場内の装飾や装花もある程度決めていかなければなりませんし、お料理やドリンクなどゲストの皆さまへのおもてなしの内容も決めていきます。映像関係から引き出物、プチギフトに関しても、確定ではなくともおおよそ形にしてしまいます。招待ゲストもこの辺りで確定させる事が多いです。

最終打ち合わせ

最終打ち合わせでは、結婚式の見積書を作成し、座席表もほぼ完成させます。当日に使用するアイテムがあれば確定しますし、持参するものがあれば結婚式場に預けます。そして、司会者との打ち合わせもあり、披露宴の進行について、どういう紹介をするのかなど、内容も決めていきます。衣裳の打ち合わせを除いて3回だと不安という方は、2.5回目の打ち合わせといったように、結婚式場によって打ち合わせを増やせる場合もあります。

結婚式準備を上手に進めるためのポイント

結婚式の準備は、打ち合わせのやりとりだけでは、お互いの認識にすれ違いがあったり、確認不足があったりします。担当のプランナーと連絡先を交換して、打ち合わせのとき以外にも、やりとりを進められますし細かな確認をしていった方が、結婚式の準備を上手に進められます。

時には、ゲストの皆さまの人数が確定しなかったり、演出に迷ったりする事も珍しくありません。打ち合わせの時間内に決められない時は話を持ち帰り、後から連絡して決める事も可能です。プランナーとは細かく連絡を取り合う事をおすすめします。

急ぎで結婚式を挙げたい場合でも数回の打ち合わせは必要になる?

打ち合わせの予定を確保出来るか分からない人もいるはずです。結婚式場によっては、打ち合わせ回数を調整出来る事もあり、0回で連絡のみで進めたり、1回のみで後は連絡のやりとりで済ませたりするなど、柔軟な対応を請けられる場合もあります。また、初回を申し込みの当日に出来るところもありますので、仕事や家庭の事情で日程を空けられるか不安な方は必ず相談してみましょう。「ウエディングアイランド マリゾン」では実際に打ち合わせ0回や当日挙式の実績がありますので、気になる方はお問合せください。

結婚式を成功させるには、打ち合わせで地道に計画していく事は欠かせません。スケジュールに合わせ、自分たちで決めたり用意したりするべき事も多く、忙しい反面、結婚式における思い出のひとつにもなります。スムーズに計画を立てていけるようになるためにも、打ち合わせの内容なスケジュールを把握し、しっかり準備していきましょう。”


proposal