ウエディングプランナーになるにはどんなステップを踏めばよい?

熊本四季の丘のプランナー


ウエディングプランナーは、結婚式でご新郎ご新婦にとって人生最高の晴れの日を演出サポートする仕事です。ご新郎ご新婦だけでなく、結婚式に出席した人全てが笑顔に満たされるのを見た瞬間、この仕事に就いてよかったと自信がわいてくることでしょう。そんな魅力あるウエディングプランナーになるためにはどうすればよいのでしょうか。

ウエディングプランナーになるためのステップ

ウエディングプランナーになるための方法は、大きく分けて2つあります。

1つは、高校卒業後に専門学校や大学に進学してホテルやウエディング会社に就職する方法。もう1つは、社会人として働きながらウエディングプランナーを募集している会社への就職を目指す方法です。

専門学校にはウエディングプランナーを目指せる専門コースがあり、大学の中でも観光系の学科やライフデザインやライフキャリアについて学べる学科があり、ウエディングプランナーを目指すのに適しています。さらに広くとらえて、経営やビジネス実務の学科に進むのもよいでしょう。ブライダル・コーディネートコースを設けている短期大学なども存在します。

一方、社会人として働きながらウエディングプランナーを目指すには、養成スクールで学ぶ方法があります。転職サイトなどでウエディングプランナーの公募はあっても、より下地がある人のほうが採用されやすいのが事実。働きながら通える曜日・時間設定で開校されている養成スクールもあります。また、養成スクールに通えなくても、ウエディングプランナーの資格を取得しておく、前職で人に多く関わるスキルを磨いておくなどの心がけがモノをいうでしょう。

ウエディングプランナーになるための資格

ウエディングプランナーは、この資格がなければ駄目という職業ではありません。ただし、競争力が高い憧れの職業である現状、関連資格を取得していたほうが有利になるのは間違いありません。もちろん、資格さえあれば必ずウエディングプランナーになれるというわけでもありませんが、実際にどのような業務があるのかなど細部まで把握しておくためにも資格取得はベターです。

ウエディングプランナーの資格としては、例えば全米ブライダルコンサルタント協会認定資格があります。プロ組織でありながらも、認定資格は初心者向けで、受験資格も不要です。2級と1級があり、1級に合格するとさらに上級のアシスタント・ブライダルプランナーの受験資格を得られます。さらに上級の実経験を要する試験もありますが、実務に就いてからも資格を軸にステップアップを目指せるのは意欲の源となるでしょう。

ウエディングプランナーになるための学校の選び方

ウエディングプランナーになるために専門的なことを学ぼうと思ったら、専門学校か大学、養成スクールに入学する方法があります。専門学校は高校卒業資格を持つ人が目指すケースが多いのに対して、養成スクールは社会人経験がある人が多いという特徴があります。

専門学校のメリットは、ウエディングプランナーについての知識や技術を実務に沿うように学べる点です。周囲にもウエディングプランナーを目指して入校してきた人が大勢いますから、切磋琢磨しあえるでしょう。デメリットは、ウエディングプランナーの専門に徹するあまり、他の経験を積みにくい点です。

大学に進学してウエディングプランナーを目指す場合、経営実務やビジネスについて、観光についての学科で学ぶのが近道です。ホテル業界や観光業界について広く学べるため、ウエディングプランナーより一歩進んだ広い視野で目指す職業を見つめることができます。デメリットは、ウエディングプランナー専門の学習時間が少ないという点です。

養成スクールのメリットは、専門学校同様にウエディングプランナーの実務を中心に学べる点です。プロのウエディングプランナーが講師になっていることも多く、実際の職場でのリアルな話を聞け、即戦力が身に付けられることでしょう。デメリットは、働きながら通う場合に仕事と学習の両立が大変というところでしょうか。

ウエディングプランナーに必要なスキル

人によっては、ブライダルやホテル業界とは全く異なる職業からウエディングプランナーに転職できることもあります。人気のある職業だけに、かなりラッキーなことです。しかし、ラッキーなだけでなく、前職で磨き上げたスキルがウエディングプランナーになってから役立つと見込まれたということ。学校で専門知識を学んでいなくても、あると便利なウエディングプランナーのスキルはどのようなものなのでしょうか。

ウエディングプランナーはご新郎ご新婦をはじめ、様々な人とコミュニケーションを取りながら挙式当日までのプランを進行させていきます。お客様だけでなく、身内のスタッフ全員とも上手にコミュニケーションを取ることが結婚式の成功につながるのです。そのため、コミュニケーションスキルは欠かせない能力だと認識しておきましょう。

さらに、ご新郎ご新婦を幸せにする提案力も重要です。また、企画提案はいくらでもできますが、提案してOKを得るという営業力も必須です。細部から全体に至るまでのコーディネートスキルも、センスが問われる能力です。センスは磨くことができますから、向上心を持つことも大切です。

ウエディングプランナーになるための最短ステップには、紹介したような方法があります。人によっては回り道をすることにもなるかもしれませんが、あきらめなければ憧れの職業に就けるときが来るはず。頑張って笑うか、あきらめて泣くかは自分次第です。どの選択肢を選ぶか、まずは検討してみてください。


wedding-planner