子連れ婚でも楽しめる最適な式場の選び方とは?

千葉セントマーガレットウエディングでの子どもと一緒に挙げるウエディング


子どもが生まれてからの結婚式や再婚で結婚式の場合には、子連れでの結婚式となることも多いです。では、子連れ婚における式場選びのポイント、そして子連れ婚のメリットやデメリットについて考えてみましょう。

子連れで結婚式を挙げるメリット

最近では結婚式のスタイルはさまざまなものがあります。妊娠をきっかけに出産後に式を挙げる人もいますし、再婚して子どものいる方が結婚式を迎えるということもあります。

すでに子どもがいる人にとって気になることといえば、やはり子連れ挙式のことでしょう。子連れ婚のメリットはやはりご新郎・ご新婦だけではなく、子どもも主役のおひとりとして参加することによって、とてもにぎやかに式を楽しむことができます。

子どもがある程度の年齢であれば、ご新婦を誘導したり結婚指輪の交換をする役割などを任せることができます。それは結婚式を盛り上げるうえで非常におすすめです。

またご新郎ご新婦だけでなくゲストの皆さまに子どものいる方もいると思います。子連れ挙式はご新郎・ご新婦だけではなく子どもも主役ですので、ゲストの皆さまで参列してくれている子どもにとっても楽しい思い出になるでしょう。

子連れ婚の結婚式場はどんなところがおすすめ?

子連れ婚を行う会場は、ご新郎・ご新婦の子どもの年齢によって判断するというのがベストです。

授乳しなければならない小さな子どもがいるのであれば、授乳室がある式場を選ぶことがおすすめです。
ミルクを作るお湯などもスムーズに出してくれる体制が整っている式場などであれば安心して快適に過ごすことができるでしょう。

もしくは小さい子どもを預かってもらうのであれば、託児施設がある会場、子どもの一時預かりにしっかりと対応してくれる会場を選ぶというのがベストです。結婚式であるにも関わらず、式場から遠い自宅の近くにある託児施設を利用したとしても、仮に結婚式中に何かトラブルなど起きた場合にすぐに対応できないからです。

近くに託児所があれば空いた時間を利用して、少しでも子どもの様子をチェックすることができます。すでに食事のできるであれば、お子様セットのようなものを準備してくれる会場であれば、子ども楽しませることもできるでしょう。

もちろんお子さんが小さかったり、まだまだ手のかかる時であればプライベートウエディング、ゲストハウスウエディングなどの環境で結婚式を挙げられる会場を選ぶのも良いです。気心の知れた身内や友達だけでの結婚式であれば、仮に子どもがぐずったりって泣いてしまったりしても、気まずい気持ちにならずに済みます。

子どもにはどんなことをしてもらうと良い?

子どもの存在は、その場の雰囲気を非常に和らげてくれたり、盛り上げてくれたりととても大きな役割をしてくれます。子連れ婚をするのであれば、ご新郎・ご新婦だけでなくもうひとりの主役である子どもにもしっかりと役割を果たしてもらいましょう。

よくあるのは人前式の証人であったり、ウエディングケーキの運び役といったものです。
ウエディングケーキのような大きなケーキを子どもが運んでくればとても可愛いですし、会場をしっかりと盛り上げてくれるはずです。

このように子どもにして欲しいことは色々とあると思いますが、年齢などによって適した役割を任せることが大切です。明らかにまだまだ小さいお子さんを無理矢理連れ出したり、指輪を運ばせたりといったことがないようにしましょう。見ていてもゲストの皆さまをヒヤヒヤさせてしまっては式を楽しんでもらうことができないので注意してください。

式場を選ぶ際に欠かせない子どものための設備

結婚式を行うのであれば、本人たちの子どもはもちろん、ゲストの皆さまにどのくらいの年齢の子どもがいるのか、ということを確認しておかなければなりません。小さいお子さんがいる場合には、結婚式に出席したくてもできないゲストの方もいるためです。

託児所に預けるわけにもいかない、という年齢の子どもがいるのであれば必ず結婚式場に小さな子どもがいても安心できる、授乳室やおむつ替えスペース、キッズスペースといったものがしっかりと設備されている会場を選ぶようにしましょう。

中には結婚式場で託児してくれるところもあります。結婚式場内で託児所が完備されていれば、結婚式を行う本人たちにとってもゲストの皆さまにとっても非常に安心感が強いのではないでしょうか。

また、子どもたちと一緒に写真撮影などをする場面では、小さな子どもがぐずってしまったり会場から出なければならなくなるような場合があるので、託児所があれば安心して式を進めることができます。

子連れ婚における主役はおふたりだけではなく、お子さんも同じです。そのためお子さんが主役として楽しめること、そしてお子さんはもちろん式の出席者全員が安心して結婚式を楽しめることが重要です。またゲストの皆さまが連れてきている子どもにも快適に過ごしてもらえるような施設選びや環境作りも大切ですので、上記を参考に子連れ婚の準備を進めていきましょう。


proposal