伝統的な挙式スタイル! 神前式で挙式を挙げる魅力とは?

熊本のクレアージュリゾートで叶う伝統的な神前式


神前式挙式と聞くと、一昔前の結婚式というイメージを持っている方もいるかもしれません。しかし、神前式挙式は、カップルからの満足度も高く、挙げてみたいとあこがれている女性も増えてきていると言われています。そんな神前式挙式とは、いったいどのようなものでしょうか。今回は、神前式で挙式を挙げる魅力に迫っていきましょう。

神前式挙式とは?

神前式挙式はいわゆる神道の結婚式のことで、神社で挙げられます。神前式の起源は、明治33年の日比谷大神宮で、大正天皇が挙げられたことだと言われています。こちらでは、神前式挙式の様式ややり方について解説していきます。

修祓の儀(しゅうふつのぎ)

ご新郎ご新婦が入場したのちに、まずはお祓いの意味を込めて執り行われる儀式です。神職の方がお祓いとして言葉を述べ、大幣(おおぬさ)と呼ばれる紙の巻かれた棒を振り払います。この際には、一同が立ち上がり、頭を下げてその言葉を受けます。

三々九度(さんさんくど)の盃

一つの器にお神酒をそそぎ、それを二人で順番に飲む儀式です。これは、同じ苦労を共にして、今後の人生を共に歩んでいくという誓いとなります。この三々九度という言葉は、器に3回に分けてそそぎ、それを3回に分けて飲み、それを3組の盃で行うことが由来となっています。神道において三と九は、陽数(奇数)であり、縁起の良い数字です。めでたい場で飲むお酒の儀式のため、陽数が取り入れられているのです。

玉串奉奠(たまぐしほうてん)

玉串は、榊の枝に紙垂(しで)という、紙を巻き付けたものです。この玉串は、神様は木に宿るという言い伝えから来ており、榊とは神様と人間とを境にする木という意味もあるのです。この玉串を神にささげて、拝礼の気持ちを表した儀式です。作法も決められているものですが、これは、神前式挙式を挙げる際に、教えてもらえます。

神前式の魅力について

日本より古くから伝えられている神前式は、厳かな雰囲気を感じられる挙式スタイルです。先述のような、様式美すら感じることができるでしょう。また、伝統的な儀式のため、経験・知識を深めることができることも魅力です。

そして、神前式の白無垢・和装も、非常に魅力的です。着物は体型をカバーしてくれますし、最近の白無垢・和装は色、デザインなどのバリエーションがとても豊富でとてもキレイなものがたくさんあります。日本人に生まれたなら、人生で一番幸せな瞬間を和装で飾りたいと思う女性は少なくないでしょう。

また、神殿での結婚式という魅力もあります。海外から人気が高まっている日本文化は、日本人の方にとって日本の伝統的な風習や場所と再評価されています。こういった背景から、神前式を選ぶカップルも増えているのです。

しかし、和装の結婚式はハードルが高いと思ってしまいがちです。確かに、打掛や白無垢、角隠しといった神前式の装いは、準備も大変だし、重たくて動きにくそうに感じられるかもしれません。ただ最近では、洋風のヘアスタイルでも神前式を行うことができる神殿も増えていたり、和装にあったネイルがあったりと、昔と比べてハードルが下がっていることも、神前式の人気が高まっている理由のひとつでしょう。

神前式ではご新郎が活躍できるのも魅力のひとつ!

結婚式は、ご新婦のためのもの!と思っている男性の方は多いかもしれませんが、神前式の場合は、ご新郎が活躍できる場面もあるのです。

それは、誓詞奏上(せいしそうじょう)というものであり、ご新郎ご新婦が神前に進み、ご新郎が誓いの言葉を読み上げます。その内容は、今日という日に二人が結婚するという旨、これからは助け合っていい夫婦を目指すというものです。

チャペル結婚式の誓いの言葉の場合、牧師さんから言葉を受けて、ご新郎ご新婦がそれぞれ返事をするのですが、ご新郎ご新婦(主にご新郎)が自ら誓いの言葉を述べるところに、自分たちで進むという気持ちを込められます。

この誓詞は定型文的なものがあるのでそれを読むこともできますが、なんと自分たちのオリジナルの誓いの言葉を作って読むこともできます。より自分たちのオリジナリティのある結婚式にしたいという場合には、誓詞を作ってみてもいいかもしれません。

チャペルと神前式で迷ったときには?

ここまで、神前式の魅力をご説明してきましたが、それでも、やっぱりチャペルウエディングにも憧れがあるという方の場合、どちらがいいのか悩んでしまうことでしょう。その場合には、神殿付きの式場を選んでみてはいかがでしょうか。

神殿がある式場であれば、和装での指揮を挙げた後に披露宴でドレスを着ることもできます。お色直しをして、いろいろな服装を楽しみたい、記録に残したいと思っている方にはピッタリです。

このように、神前式には、日本の伝統を感じることができ、魅力がたくさんあります。これから結婚式を挙げたいと考えている人は、人気の高まっている神前式を選んでみてはいかがでしょうか。


proposal