授かり婚におすすめの結婚式のスタイルとは?

熊本クレアージュリゾートの外観と花嫁:授かり婚について


授かり婚の場合、結婚式は妊娠中と出産後どちらに挙げるのが良いのか……そのように迷っている人は多いと思います。
それでは妊娠中と出産後について両方の目線で考えてみましょう。

授かり婚で結婚式を挙げるなら妊娠中・出産後どっちが良い?

妊娠中に結婚式を挙げたいと考えている人の中には、出産後は時間的に余裕を持つことができず結婚式をすることができないため、妊娠中に結婚式を挙げておきたいと考えている人が多いようです。

また、産後は体型を妊娠前に戻すことが難しい場合があるため、ウエディングドレスを理想的な状態で着ることができない可能性があるということも、妊娠中に結婚式を選ぶ理由としてあげられるでしょう。

なかには、出産後に結婚式をするとなると今更しなくても……そのような周囲からの冷ややかな目線を受けるのが怖いからという人もいるようです。

反対に出産後に結婚式を挙げる利点としては、子供と一緒に挙式ができる、体型を気にすることなく好きなドレスを選べるといったことが考えられます。
しかし全体的に見ると妊娠中の挙式というのがベターなようです。

出産をしてから1年間は強烈な忙しさで、出産後などは3時間おきに授乳をしなければならないということもあり、体力は著しく低下してしまっています。
そういったことからも出産後すぐの挙式は難しい場合があることを想定しておかなければなりません。

挙式や披露宴の準備はかなり大変なものですし、育児で手いっぱいの場合は時間を捻出することも困難です。授かり婚の場合の結婚式は出産後のことも考えた上で検討をすると良いでしょう。

妊娠中に結婚式を挙げる際に確認すべきこと

妊娠中に結婚式を挙げるのであれば、普通の人と同じように結婚式が挙げられるわけではない、ということを十分に理解しておきましょう。

結婚式をするという以前に自分が妊婦であるということを忘れないようにしなければなりません。
お医者さまへ事前に、結婚式を挙げるということを伝えておいて、体調面も万全に整えるようにアドバイスをもらっておくようにしましょう。
また、結婚式を挙げる場合は、安定期に入るまでは、控えておいた方がいいでしょう。
もし、お腹の中の赤ちゃんになにかあっては、結婚式どころではありません。

また、授かり婚であるという報告をどのタイミングでゲストの皆さまにしておこうか悩んでいる方もいるかもしれません。
もちろん、事前にゲストの皆さまおひとりおひとりに報告するのも悪いことではありませんが、それよりも結婚式本番で全員にまとめて報告をすると良いようです。
そうすることで公平であり何より面倒ではありません。

妊娠中でも負担のかからない結婚式のスタイルは?

妊娠中はつわりがあったり急にめまいがしたり、といったさまざまな体の異変が起こりやすい時期です。
そのため急な体調の変化が起きても対応できるように、お食事会ウエディングやフォトウエディング、少人数結婚式といったようにごくごく限られたご親族や仲の良いご友人だけを呼ぶ結婚式が良いかもしれません。

このような結婚式の場合には急に体調が変化した場合でも、その事情を知っている人、理解している人ばかりですので少し休むことができるので、無理をすることなく結婚式を進めることができます。

出産後のおすすめ結婚式スタイルは

中には赤ちゃんも式に一緒に参加することができるプランを準備している結婚式場もあります。
出産後はどのくらいの期間が立っているかによるもよりますが、産後1年間は母乳での育児をしたり、赤ちゃんも精神的にまだまだ不安定な状態です。

そのため母子ともに無理をしてはなりません。
赤ちゃんも一緒に参加できるプランを利用することで、しっかりと授乳室が完備されていたり、託児所があったり赤ちゃんにとってもお母さんにとっても魅力的な施設がしっかりと管理されているものが多いのです。

赤ちゃんも一緒に参加できるプランを利用して安心して結婚式を楽しめるようにしましょう。

授かり婚で結婚式を挙げる場合の式場の選び方

さずかり婚で結婚式を挙げる場合には、できるだけ通いやすいところや費用を最小限に抑えられるところを選ぶようにしましょう。
せっかくの結婚式だからとできるだけ多くのお金をかけたいという方は多いですが、子供が生まれるとさらにお金がかかりので、今後のことも考えておく必要があります。
そのため最小限の費用で、なおかつ少しでも理想的な結婚式を挙げることがベストです。

それを実現しやすいのが授かり婚の人向けのウエディングプランナーがいる結婚式場です。
削るところは削って、しっかりとお金を使うところは使う、なおかつ妊婦さんや赤ちゃんにとって優しい結婚式場は探せば見つかるはずです。

そしてそのような結婚式を挙げるためにはさずかり婚や妊婦さん用のウエディングプランナーがいるところ、というのがやはり理想的なのです。
そういった施設であれば、もちろん休憩室が完備されている場合が多いので急な体調の変化にも対応することができます。

授かり婚で結婚式を挙げる場合には、妊娠中に挙げるか出産後に挙げるかをよく考えた上で、より良い結婚式にするためにも、妊婦さんや授かり婚専用の結婚式場を選ぶことがおすすめです。上記を参考に素敵な結婚式を挙げてください。


proposal