長さから色までたくさんあるタキシードの種類と選び方

熊本クレアージュリゾートの新郎新婦と服装について:タキシード編


結婚式でご新郎が着る衣裳としては、タキシードが一番多いでしょう。ご新郎の衣裳としてはその他にもいくつかありますが、タキシードが定番と言えます。ただタキシードはよほどのことが無い限り日常生活で着ることがないので、どのようにコーディネートしたら良いかわからないという男性も多いでしょう。これから紹介するタキシードの種類と選び方を参考に自分に合う衣裳を選びましょう。

ご新郎がタキシードを着る意味とは?

タキシードはフォーマルウェアの一種であり、これはヨーロッパの貴族の服装が元になっています。現在は欧米諸国が基準であり、彼らの伝統を重んじてタキシードも衣裳としてあります。

タキシードは夜間の準礼服なので、夜のみ着用すべきと言う声もありますが、今は昼でも夜でも着て問題ありません。タキシードは、蝶ネクタイにカマーバンドに襟の拝絹と、この3つが特徴ですが、カマーバンドは付けない方も多いです。元々カマーバンドはコインなどを挟むのに使いましたが、今はあまり重要視されてはいないからです。

結婚式ではスーツでも良いかと考える方もいますが、スーツは略礼装または準礼装であり、正礼装とするなら燕尾服やモーニングコート、そしてタキシードがあり、それらを着るべきです。

タキシードは、黒ならスーツよりも濃い黒の生地、シルクなどを使い、蝶ネクタイをして、パンツには側章というラインがあり、シャツはヒダ入りでカフスボタンを付けるなど、事細かい決まりがあります。ただすべての決まりを満たす必要はないので、多少違っていてもタキシードとして着ることが出来ます。

タキシードのコートの種類

タキシードにもいくつか種類があり、大きく以下の3つに分けられます。

フロックコート

昼間の時間帯の礼装であり、19世紀中頃から親しまれるようになりました。当時はダブルブレストのジャケット生地を重ねるのが主流でしたが、時代と共にシングルが好まれるようになっています。

ジャケットの前裾が水平にカットされている直線的なデザインが特徴であり、モーニングコートが広まったので、結婚式ぐらいでしか見かけることはなくなりました。非常に男性的なシルエットであり、男らしく振る舞いたい式典にはぴったりです。

モーニングコート

昼に着る正礼装のタキシードが、モーニングコートです。18世紀にイギリスの貴族が、乗馬の後にそのまま宮廷にあがれるようにと、デザインされたのが始まりです。ただ日本では時間帯に関係なく、ご新郎ご新婦の父親が着ることが多いです。これは内閣の官僚が時間に関係なく着たために、時間を選ばず日本では着られるようになっています。

前裾が丸くカットされたモーニングカットであり、襟は検査機のように尖っているピークトラベルです。前あわせはシングルブレストという生地を重ねない形になっており、ボタンはおひとつです。パンツは黒とグレーの縞模様であり、コールパンツと呼ばれており、これが正式になっています。色も黒以外に、ブラウンやホワイトや、またはグラデーションなどがあります。

テールコート

日本語では燕尾服と言われている衣裳であり、夜間の礼装です。白い蝶ネクタイを付けるのが正装であり、ホワイトタイと呼ばれるドレスコードであり白が規定であり、ブラックタイのタキシードとは区別されます。

こちらも乗馬用の服として着るようになったのが始まりと言われており、今も馬術競技では着るようなこともあります。夜間の第一礼装であり、タキシードよりもこちらを着るべきとも言われることがあります。ちなみに有名なところではディズニーキャラクターがテールコートを着ていたりします。

タキシードの襟の種類

タキシードは、襟にも種類があり、襟のデザインによっても印象が変わってきます。

ノッチド・ラペル・カラー

一般的なタキシードの襟であり、下襟の先が尖っており菱形になっています。

ショールカラー

帯状の肩掛けの形をした襟であり、下襟が丸く緩やかにカーブしています。柔らかい印象のタキシードになります。

ピークド・ラペル・カラー

先の尖ったデザインであり、下襟が立ち上がって先端が尖っています。華やかであり胸元を綺麗に見せてくれるというメリットもあります。

タキシードの選び方

タキシードは体型で選ぶのはもちろんの事ですが、背が高いのか低いのか、体型ががっちりしているのか、細身なのかなどでもどれを選び方か変わってきます。

体型に合ったものを選ぶことはもちろん、デザインはご新婦のウエディングドレスを考慮して選ぶことが大切です。バラバラに選んだことで、おふたりの色がちぐはぐだったり、モチーフが異なっていたりしては恰好がつきません。ドレスと並んだときの見栄えを考えて、相性のよいタキシードを選んでください。

上質なタキシードはエレガントで女性を引き立て自分も引き立てます。いくらシンプルに着たとしても質の悪いタキシードでは、男のあなた自身の価値を下げてしまいます。素材や会場での見え方にも気をつかいましょう。

タキシードは、一着用意するなら、最近はレンタルよりもオーダーメイドで作った方が安くなっています。しかし、レンタルだとある程度形や大きさが決まっているので、体型で融通が利かない部分もありますので、試着やプロに訪ねてみるなどして似合うタキシードを見つけましょう。


wedding-costume