おしゃれは足元から! ご新郎のタキシードに合う靴の選び方

千葉セントマーガレットウエディングの新郎新婦と服装について


結婚式ではご新郎の方はタキシードを着て挙式に出ることもあるでしょう。結婚式でフォーマルな衣裳としてのおひとつにタキシードがあります。ただタキシードを着るとしても、靴は何を履けばいいか迷う方もいるのではないでしょうか?そんなタキシードに合う靴をご紹介します。

ご新郎のタキシードに合うシューズの種類

フォーマルなタキシードを着るなら、それに合う靴は、エナメル靴またはオペラパンプスが正式です。フォーマルな靴としては、エナメルとエナメル以外の2種類があります。エナメル靴にしても、エナメルとオペラパンプスの2種類があります。エナメル以外の代表的な革靴としては、ストレートチップシューズなどがあります。オペラパンプスはその名の通り、オペラや晩餐会で履くような靴です。

最近ではタキシードを昼間でも着るような方も多くなっていますが、時間帯でも身につける靴は違ってきます。

  • 18時前は、ストレートチップシューズ
  • 18時以降は、オペラパンプスまたはエナメル靴
  • 18時前後の時間帯は、どの靴でも良い

このようになっています。

格式高いフォーマルな会場では、時間帯に関わらず、オペラパンプスやエナメル靴を履くべきと言われています。タキシードでもセレモニースーツを着るような場合で、カジュアルレストランやリゾートウエディングでは、ストレートチップシューズを、それ以外のフォーマルな場所では、オペラパンプスまたはエナメル靴を履くべきと言われています。

ちなみにタキシード用のフォーマルな靴の素材はエナメルですが、これはご新婦のウエディングドレスを汚さないためと言われています。革靴だと靴墨で磨いているために、白いドレスが汚れるおそれがあるのです。

結婚式でご新郎が履いてはいけない靴はある?

カジュアルな革靴としては、ローファーがあり、紐が付いていなく履きやすい靴です。ビジネスシーンでも履くことは出来ますが、タキシードを着ているなら避けた方が良いでしょう。

さらにアニマル柄も履くべきでない靴であり、ホストクラブのホストが履くような先の尖ったような靴も避けるべきです。アニマル柄は殺生に通じイメージさせますので、おめでたい席の結婚式では不適切な靴なのです。

革靴でもメダリオンという穴がない靴ほどフォーマルであり、つま先などに飾りが少ないほど、やはりフォーマルになります。つまりはメダリオンや飾りの多いような靴は、タキシード用の靴としては、適していません。

ただ最近はそれほどフォーマルにこだわる人も少なくなってきており、カジュアルな結婚式や披露宴や二次会なら、黒の革靴を履くような方もいます。二次会などでははき慣れた革靴の方が、動きやすく楽しめるかもしれません。

内羽式と外羽式の違い

靴のデザインでも内羽根と外羽根の2種類があります。内羽根はイギリスでパンプスに変わって登場したものであり、フォーマルな衣裳の靴としての歴史があります。これに対し、外羽根は、紐の部分が開きやすいので、着脱が素早くでき、調節してフィットさせやすいので、狩猟用や屋外労働用として発達してきました。

このような歴史がありますので、タキシードを着たなら、内羽根の靴を履くべきです。ただカジュアルなシーンでのタキシードなら、外羽根でも問題ないかもしれません。

靴の色の選び方

靴の色を選ぶときは、基本は黒になります。ただし最近ではタキシードの色に応じて、白や茶色を選ぶ方もいますので、タキシードの色と合わせてみて、選ぶと良いです。ただ忠実に格式に従うなら、やはり黒のエナメル靴などが良いでしょう。

靴もタキシードと同様に、ヨーロッパで誕生し発展してきた歴史があります。晩餐会などでもタキシードを着て、それに合う靴を履いて出席したのです。そしてその時代のタキシード用の靴と言えば黒のエナメルでした。それに従うなら、やはり黒の靴が良いでしょう。

ご新郎ご新婦でスニーカーを履くのもおすすめ!

結婚式では履くのは良くないですが、カジュアルなビーチウエディングや、二次会などではスニーカーを履いて出席する方も出てきています。そのような場合は、ご新郎ご新婦でおふたりともスニーカーを履き、デザインを揃えて色違いにするような方もいます。

スニーカーにはデザインも素材も色々な種類があるため、さらにラメをあしらったり、レースの模様を付けたりして、ゴージャスなデザインのスニーカーにしたりと、さまざまなアレンジやカスタマイズが可能です。工夫すれば、クラシカルなタキシードやウエディングドレスにも合わせられます。またはビビッドカラーの靴下を少し見えるようにするなど、楽しみ方はいくつもあるのです。

タキシードで履く靴の種類と選び方をご紹介しました。タキシードを初めて着るような方は是非とも参考にしてください。どうしても靴選びに迷うような時は、タキシードの色に合わせる、または黒のエナメル靴で内羽根のものを選ぶと間違いないです。結婚式で履くなら、必ずピカピカに磨いて汚れがついていないことを確認してから履くようにしましょう。


wedding-costume