ウエディングドレス選びはシルエットが大切! 種類と特徴をご紹介

熊本四季の丘のドレスサロンにあるドレスと靴


結婚式の花嫁衣裳と言えばウエディングドレスでしょう。挙式ではドレスを着る女性の方は多いと思います。しかしドレスは選んだ種類によって受ける印象が異なります。体型によっても選ぶべきドレスは違ってくるでしょう。ここでは、ドレスのシルエットについてご紹介します。

ウエディングドレスを選ぶ際にシルエットを意識すべき必要性

ウエディングドレスでも、いくつも種類があり、体型によっても似合う似合わないがあります。それぞれの特徴を知って、自分に合うスタイルのドレスを着ることが大切です。特にシルエットはコンプレックスを隠し、チャームポイントを引き立たせることができるうえ、会場の雰囲気も左右します。理想のドレスを選ぶことで、結婚式をより素敵なものにできるでしょう。

ロングドレスの種類

ロングドレスは全体のイメージを決めるシルエットです。自分の体型に合うかどうか、全体のシルエットがどのように見えるかどうかで選ぶ基準が変わってきます。

プリンセスライン

ウエディングドレスの王道とも言うべきウエディングドレスです。ウエストから上は体にフィットして、ウエストより下はふわっと広がっています。髪型やアクセサリーをアレンジしても着こなしましょう。

Aライン

プリンセスラインと並んで人気のドレスであり、ウエストより上はタイトに、下はスカートの袖に向かってAの形になっています。シンプルでありながら上品に演出できるので、こちらも人気のあるドレスです。

マーメードライン

人魚のシルエットのようなドレスであり、ゴージャスになり大きなリボンなどを付けても似合います。

スレンダーライン

全体的にスレンダーで細身の人に似合うスレンダーなドレスです。

ベルライン

ベルのようにふわっと広がっているドレスであり、メイクはシンプルにすると似合います。

短い丈のドレスの種類

短い丈のドレスは、どちらかというとガーデンウエディングなどのカジュアルな式や、披露宴や2次会などで似合うドレスです。種類は少ないので、選ぶならそれぞれ試着して似合うかどうか試すと良いでしょう。

ミニ丈ドレス

足を出したスタイルのドレスであり、結婚式というよりは披露宴などの場所に適したドレスです。足下が注目されるのでヒールなどを履いて、足下を演出すると良いです。

アンクル丈ドレス

アンクルドレスとも言い、膝丈までの長さのドレスです。バランスを考えるとヘアスタイルはアップにすると似合います。

スカートの種類

ドレスの下半身のイメージを決めるシルエットです。ボリュームを持たせたり、華やかなイメージにしたり出来ます。

オーバースカート

スカートが二重になった構造であり、上層のスカートを意味し、ボリュームアップ目的で使います。

タッキングスカート

スカートにひだのタックを付けてボリュームを出したデザインです。ふんわりとしたシルエットになります。

ティアードスカート

フリルやスカートの生地を、段々状に重ねたデザインです。ギャザーやタックを入れて、裾に向かって広げ、可愛らしい印象になります。

ギャザースカート

生地を縫って縮めて、ウエストから袖にかけて広がるひだのデザインです。ギャザーが多いほどボリュームが出ます。

バルーンスカート

風船のように丸いシルエットのデザインです。ゴージャスな印象になります。

ドレープ

布を垂らして緩やかな歪みやひだを作るデザインです。流れるようなイメージになり、優雅で高貴な印象になります。

ネックラインの種類

ドレスのデザインを左右する、こちらも重要なシルエットです。ネックラインとは首周りのことであり、顔に近い部分なので形によってイメージが違ってきますので、種類と特徴を覚えておくと良いでしょう。

ベアトップ

肩紐がないスタイルのことであり、体型を選ばず似合うネックラインです。体型を選ばず、しかも背中を美しく見せる事が出来ます。

ラウンドネック

丸くカットされたラインです。優しい印象であり、女性らしいネックラインになります。

スクエアネック

四角くカットされたネックラインであり、クールで気品ある雰囲気にします。首が短かい方や丸顔の方でも、それをカバーしてくれます。

ハイネック

首周りを覆うネックラインです。首の長い人におすすめです。

Vネック

V字にカットされたラインであり、大人っぽい印象になります。首が太かったり短かったりする場合もカバーし、少し胸元が強調されるラインです。

ハートカットネック

ハート型のカットのラインであり、バストにボリュームのある人向けです。

ボートネック

横に広く浅く広がったネックラインです。体型を選ばずに似合うラインです。

オフショルダー

肩まで大きく開いたデザインのネックラインです。

ワンショルダー

肩のどちらか一方を露出させたデザインのネックラインです。

スリーブの種類

こちらは上半身のイメージを決めるシルエットです。袖の部分のことであり、袖のあるドレスにすると、上品で落ち着いたイメージなります。逆にスリーブのないドレスにすることも可能です。

アメリカンスリーブ

首から斜めにカットし首を大きく露出させた袖です。肩を華奢に見せます。

フレンチスリーブ

肩先が隠れる程度の短い袖です。肩幅が気になるという方におすすめのスリーブです。

パフスリーブ

袖部分をふくらませたデザインであり、可憐な感じのイメージにします。

パコダスリーブ

袖口にフリルがついて、袖先に向かって広がったデザインです。エレガントな印象を演出できます。

ロングスリーブ

手首まで袖のあるデザインであり、大人っぽい印象になります。

ウエディングドレスのシルエットは、ネックラインや袖の希望をイメージしてドレスを決めると良いでしょう。しかし、ドレスの種類はとても豊富なので、自分の体型にあうスタイルはよくわからないかもしれません。そのような場合は、ドレスコーディネーターにアドバイスをもらうのもおすすめです。またドレスの素材や色でも印象が違ってきますので、特徴や種類を把握した上で素敵なウエディングドレスを選んでください。


wedding-costume