結婚式を和装で行う場合にこだわるべき着物の柄

福岡ウエディングアイランドマリゾンの和婚


結婚式ではウエディングドレスを着て、チャペルで行う方もいるでしょう。その一方で和装で日本古来の結婚式を行う人も沢山います。神社などで行う神前式などでは、和装で挙式を行うのが一般的であり、着物を着て式に出ます。和装で結婚式を挙げる場合、普段はあまり着る機会がないため、柄の選び方に迷う方もいるでしょう。ここでは結婚式にぴったりな着物の柄の選び方をご紹介します。

結婚式を和装で行う魅力とは?

近年、和装で結婚式を行う人は増えており、また着物が見直されています。着物はその場を華やかにして、日本人の体型とも合い、他の人と同じ柄はない、あなただけの花嫁衣裳を着ることが出来ます。また結婚式後でも、普段の時でも末永く着られる良い衣裳です。

着物の柄は着る人の年齢や体型を選ばないために、母親の着物をそのまま着ることも出来ます。帯を変えたりすれば、同じ着物でもイメージを変えることができることも魅力のおひとつです。着物は結婚式に呼ばれたゲストの皆さまの中にも着る方がおり、会場内に数名の着物の方がいるだけでも、その場に花が咲いたような明るい印象にしてくれます。

花嫁の着物の種類

花嫁衣裳用の着物は、白無垢・振袖・十二単衣・色打掛があります。

白無垢

武家社会の流れを汲み、婚礼のための正装です。帯や小物まですべて白で揃えており、花嫁の無垢で純真な様子を白で表しています。嫁ぎ先の色に染まるという意味があり、角隠しか綿帽子を付けて着るのが一般的です。

振袖

未婚の女性の第一礼装です。花嫁になる女性は振り袖を着るのはこの機会が最後のチャンスです。裾を引きずるように着た着物が引き振袖です。

十二単衣

平安時代以降の貴族の正装です。単衣の袴の上に桂を重ね着したことが名称の由来です。

色打掛

白以外の打掛のことです。掛下の上に色鮮やかな着物を羽織ります。白無垢と同等に正装であり、角隠しを着用することも出来ます。挙式は白無垢、披露宴は色打掛という人も多いです。

結婚式におすすめの着物の柄

古くから日本人は式のある土地で、着物にも自然を表現してきました。それぞれの着物の柄にも意味があり、桜は春に、紅葉は秋というように、季節感のある着物の柄を着るべきです。

鶴は千年という言葉があるように長生きの象徴です。つがいで生活するために、夫婦睦まじい仲の象徴でもあります。

鳳凰

中国の伝説上の生き物であり、乱世に知性が持つ人が生まれたら現れという生き物です。飛鳥時代からの華麗で格調ある文様として使われています。

貝桶

江戸時代の貝合わせという遊びの道具を元にした柄です。バラバラにした貝殻から一対の貝を当てるという遊びから、運命の人に出会えたという意味合いも込められています。

檜扇

平安時代の姫が身につけた檜の薄板の扇柄です。優雅なデザインであり、末広がりなので、将来が開けるという意味合いもあります。

丸文

円の形が無限を表し、縁起の良い文様なので、花嫁衣裳によく使われ、円は縁にかけています。花や鏡など合わせて華やかなデザインになっています。

松竹梅

四季を通じて緑濃い松、まっすぐ伸びる竹、寒さの中でも花を咲かせる梅と、慶事の象徴の柄です。

丹頂鶴と蓑亀

「鶴は千年、亀は万年」と言われるように、鶴と亀はどちらも長寿の象徴として、晴れ着に好んで用いられる紋様です。蓑亀は甲羅に喪をまとった亀で、特に縁起の良いものとして珍重されました。

着物の柄はこのほかにも、牡丹や菊や花菱など多数あります。

体型に合わせた柄の選び方

着物は体型を選ばず着ることが出来ますが、体型に合わせて着物の柄を選ぶことでより引き立たせることができます。

例えば、小柄な方であれば細かい柄を、大柄な方であれば大降りの柄がよく似合い、背が高ければ着丈を調節し、太めの方でも前の合わせ方で美しく見せられます。

着物を選ぶなら、軽めの素材のものを選んだ方が、着ていても疲れなくて良いです。色や柄によっても印象が違い、その人の雰囲気なども考慮しますので、必ず試着して、自分の目で確かめた方が間違いないです。どこにどの柄を配置しているのかでも印象が大きく変わってきますので、試着した際には確認するようにしてください。

試着したら、正面はもちろん、後ろ姿やバストアップ、袖など、細部にわたって見ていって確かめましょう。前と後ろの柄が同じでも配置が違う場合があるので、見え方も変わります。必ず鏡を使って確かめるようにしてください。

会場によっても色や柄は考えるべきであり、神前式なら白無垢が一番の正装です。披露宴や二次会で着物を着るなら、会場の色も考慮しましょう。たとえば、赤い床の会場で赤い着物だと、保護色になってまったく映えません。髪型も和風の会場なら日本髪に、オシャレな会場なら洋髪にと、髪型にも意識を向けてみてください。

もしも結婚式で着物を着るなら、柄にもひとつひとつ意味があることを把握しておくことが大切です。その時期に似合うような意味合いのある柄の着物を着るようにして、自分の体型に合ったものを選ぶようにしましょう。


wedding-costume