結婚式でご新郎が着る服装にはどんな種類がある?

熊本クレアージュリゾートのタキシード姿の新郎


結婚式でご新婦が着る衣裳と言うとウエディングドレスが定番ですが、ご新郎が着る衣裳となると、いくつかあるので迷うことでしょう。ここでは洋装から和装まであるご新郎の結婚式用の服装についてご紹介します。

フォーマルな結婚式のご新郎の服装の種類

結婚式でのご新郎の服装としては以下のような種類があります。

タキシード

着る人を選ばない定番の服装であり、日本では昼夜問わず着られます。バリエーションも豊富で、最近ではロング丈が主流です。

フロックコート

セレモニーにふさわしい服装であり、格式が高いです。重厚なチャペルなどに似合い、膝までの長いジャケットが独特のシルエットを作ります。最近では丈の短いショートバージョンもあります。

モーニングコート

昼の正礼装で、中にベストを着用します。朝から午後6時(冬は午後5時)までの格式の高い結婚式及び披露宴で用いられる正装です。足を長くスマートに見せることができ、どんな体型でもスタイリッシュに見えます。シャツやネクタイの色、柄を工夫すると、若い人向けにもなります。

セレモニースーツ

ファッショナブルなデザインで、カジュアルなシーンに似合います。スーツと形状が似ており、ベストやチーフを活かしてカジュアルにできます。

テールコート

上下とも黒にするのが正装であり、夕方以降に着るべきと言われています。後ろ姿がツバメのようなデザインなので、テールコート、日本語では燕尾服と言われます。

紋付き袴

神前式などで着られる服装です。一番上の格式の正装は5つ紋の黒紋服です。神社などで行う結婚式で着るような服装です。日常ではなかなか着ることにない和装なので、結婚式に着ることがないなら、スタジオで記念に着て写真撮影しても良いかもしれません。

ビーチウエディングでのおすすめ服装

ビーチウエディングを行うなら、ご新郎の服装は花嫁と合わせて白をメインとした服装にするという方法があります。カジュアルタキシードなど気軽に着られるような服装を身につけると、浜辺という場所にも合うでしょう。悪くはないのですが、あまりにもフォーマルすぎる服装は、海岸では浮いてしまいます。服装の色は白でなくても紺などを着るというようなご新郎の方もいます。

最近はスーツでもビーチスーツという、パンツが短パンになっている服装もあります。チャペルなどで着るには適していませんが、ビーチウエディングの浜辺なら似合うかもしれません。ただし着るなら脚の毛は処理して綺麗にしておいた方が無難です。

砂浜の上を歩きますので、革靴でも歩けないことはないですが、歩きにくいので、スニーカーやサンダルなど、履きやすく歩きやすい靴にすると良いかもしれません。

カジュアルウエディングにぴったりなご新郎のおすすめの服装

タキシードを着たいなら、襟をショールカラーにして、サテン素材を使用しないと少しカジュアルになります。蝶ネクタイの柄を変えるか、ラウンドネックのベストを選ぶなどのさまざまな方法があります。またタキシードでもチェック柄にすると、大きくイメージも変わりカジュアルになります。ガーデンウエディングなどカジュアルな人前挙式などにもぴったりです。

スーツならデニムスーツにすると、こちらもカジュアルなイメージになり、ネクタイに蝶ネクタイを合わせると可愛くワンポイントの演出ができます。通常のネクタイにするならチェック柄やコットン素材のネクタイにすると良いでしょう。

靴も革靴ではなく、スニーカーを履いて行う方もいます。スニーカーでもラメをあしらい、レースを貼り付けて華やかにするという方法や、ご新郎・ご新婦両方ともスーツでの結婚式という方法もあります。スニーカーだとラフな結婚式になり、親しみやすい演出ができるでしょう。ご新郎・ご新婦同じ種類で同じデザイン、そして色違いにすると言うのも良いかもしれません。

ご新郎の服装はご新婦とおそろいにするのもおすすめ!

結婚式ではご新婦とご新郎の方が、おそろいのコーディネートにするような事も多くなってきており、おふたりで揃えればとてもほほえましく見えます。お揃いに出来るようなアイテムは、定番としてマリッジリングがありますが、その他にも以下のようなものがあります。特にスニーカーやストローハットは、結婚式の後でも身につけられるので、末永く使えるアイテムです。

  • リボンで作る勲章のロゼット
  • ブーケとネクタイ
  • サッシュベルトと蝶ネクタイ
  • ストローハット
  • スニーカー

特に海外ではブーケとネクタイの色を揃えるのは定番となっています。色やデザインを揃えれば、おふたりが仲良しだということもアピール出来ます。ガーデンウエディングなどではストローハットを、ラフなスタイルの結婚式ではスニーカーを揃えると良いです。タイやポケットチーフなどの小物や、ベストなどさりげないアイテムの色をご新婦とそろえるのも統一感が出ておしゃれです。

ご新郎の方のための、結婚式での服装をご紹介しました。フォーマルなものからカジュアルな服装までいろいろあり、どのような結婚式を行いたいかで、着る服装も決めると良いでしょう。服装も色々種類がありますので、オシャレにしてひと味違う結婚式にするというのも、思い出深いものになります。


wedding-costume