結婚式にキレイな笑顔作るために……忘れてはいけないホワイトニング

熊本クレアージュリゾートの新郎新婦、ゲストの笑顔


結婚式や披露宴など一生に一度のセレモニーは笑顔の多いイベントです。笑った時に見える歯が白くてキレイだと、笑った時の印象も明るくなります。ここでは、美しくて白い歯をつくるためのホワイトニングについてご説明します。

結婚式前のホワイトニングの必要性

結婚式の主役であるご新郎ご新婦は、式の間、常に多くの招待客から注目を浴びます。歯が白いと清潔感もありますし、いつも以上に笑顔も素敵に見せることができますので、ホワイトニングで歯を白くすることは非常に効果的です。結婚式は写真を撮ることが多いですので、結婚式前にホワイトニングで歯を整えて、自信を持って式に臨むようにしましょう。

結婚式前のホワイトニングの必要性・ホワイトニングはいつ行うのがベスト?

ホワイトニングの一番の利点は、メンテナンスが効くことです。自宅で行うルームホワイトニングはもちろん、メンテナンスであれば歯科医によるオフィスホワイトニングなどが選べます。もちろん1回目の初期費用はそれなりにかかりますが、以後はメンテナンスなので、頻度次第ではそれほど費用がかかりません。ホームホワイトニングとオフィスホワイトニングを併用するやり方は、デュアルホワイトニングと呼ばれています。

短時間で効果を実感しやすいのは、自費になりますがオフィスホワイトニングです。最近では歯に過酸化水素の薬剤を塗り、光照射で歯を漂白する施術が行われています。ホワイトニングは決して1回の施術で歯が白くなるのではなく、歯の影響を考慮して数回に分けて行われます。従って結婚式の準備で施術を行うなら、余裕を持って結婚式1か月前くらいを目安に、施術をするための予約などを行うと良いでしょう。

歯の色素は非常に個人差が多く、中にはその回数を重ねてもそれ以上は白くならないケースもあるので、時間的な余裕は必要です。最初の施術から少なくとも1週間は間をあけますから、色戻りを防ぐにはオフィスホワイトニングとルームホワイトニングの併用が不可欠になります。

また海外では徐々に広がりをみせている、短時間で歯を白くする「ブライト・ホワイト」といった専用機器を使ったホワイトニングも、費用は高いですが一部国内の審美歯科治療では行われています。

ホワイトニングをする際の注意点

ホワイトニングで施術をしても、歯の元来の色素は個人差が激しいので、全ての人が真っ白な歯になるわけではありません。

ホワイトニングの施術の前にまず咥内の検査が必ず行われます。そこで虫歯や歯周病などが見つかった場合、薬剤などの悪影響から施術が出来ないケースもあります。

問題なければ、薬剤の浸透を促進するために歯の表面は必ずクリーニングを行います。それによって、ホワイトニング以後は知覚過敏などの症状が出る可能性があることを理解しておきましょう。もちろんこれは一過性で、施術が完全に終了すれば改善されることが多いようです。

ホワイトニングに使う薬剤は、人体に悪影響は無いとされていますが、妊娠中の方、授乳中の方は施術を避けたほうがよいでしょう。赤ちゃんの健康に危険を及ぼした事例はないようですが、薬剤の影響がまったく出ないとは限りません。

また、ホワイトニングには特有の「色戻り」があります。これは、歯の表面には元来ペリクルと呼ばれる歯の保護に役立つ独特の被膜形成が、ホワイトニング施術後に起こります。

この時、コーヒーや紅茶、チョコレートやカレー、人口色素のある食べ物など口にすると、歯の退色に繋がることがあります。施術後、医師から説明は必ずありますが、施術後24時間以内の飲食は、それらを控えましょう。色戻りの危険も考慮し、ホワイトニングは結婚式の直前ではなく、時間に余裕を持って行うと良いでしょう。

ホワイトニングをしたあとに色戻りを防ぐには

ホワイトニング施術は、1か月くらいを目安に見るとかなり長い期間、日常生活では色戻り、詰まり退色を防ぐために飲み物や食事に気を付けなければいけません。色のついた食べ物や、紅茶やコーヒーなどのような植物性の色素が強い飲み物、香辛料を使うカレーライスや、砂糖や醤油の色素で退色してしまう焼き鳥や焼き肉もダメです。

色の濃い口紅はもちろん、色素が付けられた市販の歯磨き粉も使用を中止しなければなりません。つまり結婚式当日までは、少なくとも食事やメンテナンスを継続するために、退色せずにその白さを継続していく必要があるのです。

基本的には色の淡い、あるいは薄いものや白いものを中心に口にすれば大丈夫ですが、ホワイトニング施術をする歯科医では、大抵の場合、専用の歯磨き粉、歯磨きペーストが市販されてますし、通販でも入手できます。またホワイトニングは手施術で一生継続するものではなく、あくまで継続して費用をかけてメンテナンスするものだという事を忘れないで下さい。

白い歯は、元々白い人でも普通に歯磨きしてそれを維持しているわけではありません。「白い歯は財産」なのです。他人と対面して会話をするときは、人はよくその人の口元を見ています。また歯はその人の表情を左右するパーツです。一生に一度の結婚式に、写真写りもよく自分を明るく見せることができるホワイトニングに挑戦してはいかがでしょうか。


wedding-beauty