ご新郎として結婚式でひげは剃るべき?

熊本四季の丘の新郎新婦:新郎の身だしなみ


人の第一印象は最後まで、「あの人はこういう人」といった風に人の記憶に残るものです。結婚式にはご新郎となる自分とご新婦、パートナーのご家族の他、互いの知人やご友人や会社の上司などが出席します。自分ではスタイルやファッションとしてひげを生やした場合、人はどんな印象を受けるのでしょうか。結婚式は言い方を変えると正式な「法律婚」の宣言でもあるため、結婚を誓う神聖な場所であるということは意識しなければなりません。今回はご新郎の「ひげ」についてみてみましょう。

結婚式でのひげはあり?

最近の結婚式は、ホテルや結婚専門の式場などで行われることが比較的多いでしょう。そこでよく見かけるホテルマンや従業員などは、如何に個人的な理由があろうとも、ほとんどひげは認められていません。これは単に利用者から不潔に思われるだけではなく、もてなす側の態度としては、高圧的にも見えるからといった理由があります。確かに若くてもひげを生やしていると、ちょっと偉そうに見る向きも一部にはあるでしょう。これが一般的な、男性のひげの印象と考えて差し支えありません。

男性のひげは、相手のご家族の印象にもつながります。結婚式は、格式が高ければ余計に式に出席する人は、相手のご親族なども含まれることがあるため、そこでご新郎がひげを生やしていると、良い印象を持たれないかもしれません。結婚式の印象は、お葬式や他のご親族が集まる正式な式などがあった際での印象にもつながります。

格式の高い結婚式の代表は、神式の結婚式が一番知られているでしょう。仏教でも宗派によって、その影響を受けた結婚式はありますし、地方色豊かなその地域独特の結婚式もやはり格式はそれなりに高いものがあります。キリスト教式でもやはり正式な教会での結婚式は一般で知られる式よりも、かなりの相違があって、やはりひげは好まれる傾向にはありません。後々のことを考えて、ひげを剃るかどうかを考えましょう。

一方カジュアルな結婚式では、ひげが生えていても問題ないでしょう。具体的には、友人や知人を招いて行われるパーティ方式のような、格式に拘らない結婚式です。結婚は要するに婚姻届を役所が受理すればそれで入籍できますから、結婚式には費用をかけたくないという方は、こういった結婚式を選ぶことが多いようです。

砕けた雰囲気の式で、会場も格式が求められるようなところでなければ、あまり気にする必要はありません。とはいえ、会社の上司や相手のご親族などが出席するのであれば、ひげは控えておいた方が無難です。

ひげがOKな場合でも注意すべきこと

無精ひげとファッションとしてひげが人にみられる大きな違いは、その細やかなお手入れを日常的にしているかどうかです。ただ単に「今伸ばしている途中だから」と、生えっぱなしにしているようでは、それはファッションではありません。首回りの剃り残しが完璧で、長さと生やす範囲を細かくお手入れしている場合であれば、清潔感があって見苦しくないため、許容されるケースが多いでしょう。

お手入れが行き届いたひげというのは、お手入れにそれなりに時間や費用をかけているのです。それにひげの似合う人の顔つきは、大体決まったパターンがあり、頬がスマートにシャープで縦に顔が長く、彫りが深いとか、顎の形が美しいなど一定の条件が揃って綺麗にみえるものです。単に貫録を出そうというだけでは、人によっては不潔に感じるかもしれません。

やはり結婚式は新たにスタートする門出の機会ですので、ひげを生やしたまま式をする場合は、綺麗で清潔感のある長さや形に整えるようにしてください。写真を撮られる機会も多いため、中途半端に生えているようであれば、思い切って剃ってしまうほうがよいでしょう。

濃い人が悩みがちな青ひげ対策

ひげの手入れや脱毛やボディシェイプ、フェイシャルマッサージなどがメンズエステでは行われています。今ではもうすっかりおしゃれな男性の間では定着しており、濃すぎるひげの脱毛に通っているという男性も増えてきています。ひげか濃い人の特徴は、ひとつは毛が太いことと、毛が密集していることがありますが、それ以外に毛根が素肌から透けて見える点があります。これが「青ひげ」の原因です。

青ひげを完全に無くすには脱毛が一番有効ですが、まず充分な結婚式前のひげのお手入れで、理容室や自分で深剃りをしておくことです。皮膚を温め剃刀でひげをそるやり方です。

それに加えて、メンズ用のファンデーションとかBBクリームでひげの箇所と、周辺の皮膚を馴染ませておくメイクをするなどの工夫が効果的です。結婚式の直前では、当日手鏡を持って行くか、洗面所で充電式シェーバーを使って再度ひげを剃るなど、入念なお手入れは必要でしょう。

結婚式を行う場合は、ひげはない方が無難な印象をから持たれる事が多いです。清潔感は誠実な印象を持たれやすいものです。新しい生活をこれからスタートするわけですから、ひげを生やしたまま式を行う場合は、清潔感であることを第一に考えて整えるようにしましょう。


wedding-beauty