結婚式に参列する際の服装で肩出しがNGなわけとは?

熊本四季の丘ゲストの服装


結婚式に参列する時には、お洒落なドレスを着ることができるというのも楽しみのひとつでしょう。しかし、実はどんなドレスでも自由に着用して良いわけではなく、一定のマナーを守らなければいけないことはご存知でしょうか。どんな結婚式に招かれても対応できる、身だしなみの基本を紹介します。

結婚式で肩出しがNGな理由とは?

結婚式にゲストとして参加する時、パーティードレスを着用する人も多いでしょう。パーティードレスはノースリーブのデザインも多く、着ているだけでも華やかな気分になるものです。しかし、実は結婚式では肩出しはNGということはご存じでしたか?

これは、元々は教会の結婚式で、肌を露出させることがタブーとされていたことが起源です。これが一般にも波及して「結婚式で肩を出すのはダメ」というマナーが成立していきましたが、最近では「花嫁だけは肩を出してもOK」というように緩和されています。しかし、教会では現在でも「ウエディングドレスは肩の出ない長袖を着用のこと」と指定しているところもあります。

結婚式での肩出しがNGなシーン

結婚式に招かれたら、基本的には肩の隠れるファッションでのぞむのが無難です。特に昼間の結婚式では、必ず肩は隠れるようにしましょう。チャペルはもちろんのこと、神社でも肩を軽々しく出してはいけません。結婚式だけではなく披露宴も同様です。

肩出しがNGとされているシーンでは、他にも注意しなくてはいけないポイントは多々あります。たとえば、サンダル、ミュールなどの爪先が出るカジュアルなもの、ブーツなどはいずれもフォーマルな場面にはふさわしくありません。かかとが3cm未満のパンプスならば、ある程度あらまった雰囲気を出すこともできるのでおすすめです。また、大人の女性ですからノーメイクもマナー違反になります。薄化粧でもかまわないので必ず何かしらのメイクはするようにしましょう。

結婚式では肩出しがOKな時間帯もある?

どのような形の結婚式でも「結婚式とは厳かなもの」という考えが多いです。したがって、神前式だけではなく人前式でも式で肩を出すのは避けるべきでしょう。

ただし、披露宴も終わり、親しい間柄の人だけが自主的に集う2次会ともなれば、肩を出しても問題ないでしょう。また、夜間の披露宴ではイブニングドレスが基本になるため、肩を出してもマナー違反にはなりません。しかし、夜だけの特別ルールは必ずしも定着しているわけではありません。ご年配の方の中には「夜でも肩出しはダメ」と、考える人もいるので、参加されるゲストの皆さまのことも考えてお洒落を楽しみましょう。

ノースリーブのワンピースには何を合わせたら良い?

肩をしまうには長袖、半袖のワンピースを着用するというのもひとつの方法ですが、パーティー用の服はノースリーブが多いというのも事実です。せっかくお気に入りの一着を見つけても「ノースリーブだから」と、あきらめていては、自由にデザインを選ぶのも難しくなってしまうでしょう。

そこで、おすすめしたいのがボレロ、ショール、ジャケットなどの利用です。ノースリーブのワンピースやドレスでも、上からこういったものを羽織って肩を隠せば何の問題もありません。

しかし、黒のドレスに白のボレロというような、不幸を連想させるような組合せは避けましょう。スリムに見える濃い色を着たいならば、黒よりも紺が断然おすすめです。ただ、地味になりがちなので、光沢のある生地を選び、パールなどのアクセサリーで華やかさを添えるように心がけてください。

また、ファーボレロも「殺生をイメージさせる」と思う人もいるので、おめでたい結婚式や披露宴では避けた方がいいかもしれません。おすすめの素材はレースです。キュートにもエレガントにも着こなせるので、ひとつ持っていれば末永く重宝するアイテムとなることでしょう。特に黒のレースボレロに、明るい色のドレスというのは定番とも言えるコーディネートです。色物のドレスにすれば白のレースボレロでもかまいませんが、白は結婚式当日は花嫁だけが着られるカラーですので、注意が必要な上級者向けのアイテムといえるでしょう。

さらに一歩進んで、ドレスではなくボレロがメインという着こなしもあります。シンプルなドレスにスパンコールのボレロというのも、結婚式らしい華やかな雰囲気を出すのにピッタリです。結婚式だけではなく、その他の式典にも使用できる1着なので、持っていて損はないのではないでしょうか。

リーズナブルにすませたい人におすすめなのが、最近増えているフェイクボレロです。ボレロをはおっているようなデザインのワンピースですが、一着ですむのでお財布に優しいところがメリットです。しかし「毎回同じ服」ということにもなりかねないというデメリットもあり、好みが分かれるところでしょう。

いかがでしたでしょうか。基本的に結婚式や披露宴での肩出しはNGですが、それでも工夫ひとつで十分にお洒落を楽しむことができます。ワンピースやドレスとボレロを数着用意して、いろいろと組み合わせをしてみてはいかがでしょうか。


wedding-attendance