結婚式のご祝儀の悩みを解決! 夫婦で参列される場合の相場やマナー

夫婦での参列マナー:福岡ウエディングアイランドマリゾンのラウンジ


結婚式に参加するときのご祝儀については、従来からあるマナーと近年のマナーのどちらを取ろうかと迷う人が増えているようです。夫婦で結婚式に参加するともなれば、礼儀をきちんと守りたいところ。ご祝儀のマナーにも、独身時代以上に周囲から注目されています。夫婦で結婚式に参加する場合のご祝儀の相場やプレゼントの贈り方などについて、正しい知識を備えておきましょう。

夫婦で参加する場合のご祝儀の相場

おめでたい結婚式にはお祝いの気持ちがあれば十分。ではあるのですが、おめでとうの気持ちをもっと顕著に形で示しやすいのがご祝儀です。新しい生活を迎えるご新郎ご新婦の門出にふさわしい贈り物、ご祝儀にも相場があります。

夫婦で結婚式に参加する場合のご祝儀の相場は5万円、兄弟姉妹などご親族の結婚式の金額7~8万円が相場だといわれています。ただあくまで相場は目安として見ましょう。ご新郎ご新婦と特に親しかったり、過去お世話になっていたり、ご自身の結婚式で相場以上の金額を包んでくれたりした場合は、それ以上の金額を包んでもよいでしょう。

ちなみに、夫婦で参加する場合にご祝儀を別々に包むのはありかどうか、ご存じでしょうか。一般的なマナーとしては、夫婦連名でのご祝儀を1つ贈るのが正しいとされています。結婚式に夫婦で招待されたら、招待状は1通で引き出物も1つであることは一般的です。にもかかわらず、ご祝儀を別々に贈れば、夫婦間で何かあったのか?とご新郎ご新婦側に余計な気遣いをさせてしまいかねません。ただし、あまりないケースですが、夫婦別々に招待状をいただいた場合は、ご祝儀を別にするのがマナーです。

金額を選ぶ際の注意点

結婚式のご祝儀は、割り切れる偶数の金額は控えるのが一般的です。ただしここにも例外があり、4万円は不適切でも8万円は問題なしとされています。また、9万円は奇数の金額なのによくないとされているのです。

なぜ4万円と9万円が不適切とされているのかといえば、4は死に、9は苦に通じるからに由来しています。実は、6万円も無に通じるという説があり、宗教的に避けるべきときもあるといいます。そして、8は末広がりを表す数字なので問題なしとされています。ちなみに、2万円は近年ではペアを表すから縁起がよいといわれるようになっているようです。

ご祝儀と一緒に渡すプレゼントはどんなものがよい?

夫婦で結婚式に参加する場合のご祝儀相場は、5万円。でも、本当は6万円のご祝儀を贈りたかったという気持ちが残ることもあるはず。そんなときは、1万円分くらいのプレゼントを贈るとよいでしょう。実際、ご祝儀とは別にプレゼントを贈る習慣は、よく行われています。下記にてプレゼントの一例をご紹介しますので、ご新郎ご新婦の2人へのプレゼント選びの参考にしてみてください。

食事券

夫婦で仲良く楽しめるペアチケットやディナーへの招待券などはいかがでしょうか?コンサートでも映画でも、スポーツ観戦でもOKです。ご新郎ご新婦の趣味から選んでみてはいかがでしょうか。

フォトアルバム

結婚式の際に写した写真をフォトアルバムにして、プレゼントするのもありです。2次会での写真でもよいですし、ご新郎ご新婦の晴れの日を残した記念写真がフォトアルバムになっていると、思い出を振り返るのに最適です。

ペアグッズ

二人の門出を祝って、ペアグッズを贈るのもおすすめです。色違いのお箸、ペアのワイングラス、2カップのコーヒーメーカーなど、実用的なものがよいでしょう。以前は割れ物の贈り物はNGとされてきましたが、最近ではもらった人が喜ぶことを優先して、割れ物が選ばれることも多々あります。

家電

家電を贈るのもとても喜ばれます。夫婦での食卓がさらに明るくなりそうなホットプレート、忙しい外出前にシュシュッと衣類を整えられるハンディスチームアイロン、きれいな空間で新婚生活ができるようにと空気清浄機、などを贈るとよいでしょう。

メッセージカード

プレゼントはただ贈るのではなく、メッセージカードを添えて贈ると、気持ちはより伝わるでしょう。記載するメッセージは、「末永くお幸せに」「結婚してからもまた遊ぼうね」など、相手への正直な気持ちを書きましょう。

夫婦で結婚式に参加するときのご祝儀の書き方

金額の問題が解決したら、ご祝儀袋の書き方のマナーに移りましょう。お祝い金額に見合ったご祝儀袋を用意したら、表書きの上段に、寿や御祝などの文字を書きましょう。下段には贈る人の氏名を書きますが、夫婦連名の場合は夫の名前を中央に、妻の名前を左側に書くことが多いです。なお、夫婦別姓の場合は、共にフルネームで書きます。中袋には、表に金額、裏に住所と氏名を書きます。ご祝儀金額の数字は、旧字の漢数字で書くようにしましょう。

お祝いの気持ちをより伝わりやすくするためには、ご祝儀における基本的なマナーを大切にすることが肝心です。贈られた人はもちろん、贈った人もハッピーな気持ちになれるようなマナーを心がけてみてください。


wedding-attendance