結婚式に参列する際に必須のご祝儀袋の選び方

ご祝儀袋の選び方:熊本の四季の丘内にある石庭


結婚式に持っていくご祝儀袋は、柄物の風呂敷やハンカチを使ったおしゃれなデザインなど実にさまざまな種類があります。このご祝儀袋にはお祝い事の決まりがあり、ご新郎ご新婦との関係によって失礼にならないようなスタイルを選ぶことも大切です。

今回は基本的なご祝儀袋の選び方をはじめ、金額や関係性によってふさわしい結婚式でのご祝儀袋の選び方を紹介します。結婚式で恥をかかないようにするために、ぜひ、参考にしてみてください。

ご祝儀袋の基本的な選び方

結婚式のご祝儀袋は、「のし」と「水引(みずひき)」が付いているものを選ぶのがマナーです。のしは「のしあわび」の略のことで色紙を折り畳んだ飾り物のことで、水引はご祝儀袋を包む飾り紐を指します。

まず、右上にのしが付いているかどうかを確認しましょう。のしがないご祝儀袋はNGです。次に水引の形が結び切りになっているかどうかを確認しましょう。何度も結び直しのできる蝶結びになっているご祝儀袋はNGです。結び切りは、一度結んだらほどけないとされる結び方で、慶びが重なるように10本がまとまっていることも伝統的な約束事の一つです。

あらかじめ表書きが印刷されているご祝儀袋であれば、「寿」、あるいは「御結婚御祝」と記されているのが正式だと覚えておきましょう。

ご祝儀袋の色の選び方

結婚式のご祝儀袋のデザインは、どんどん新しいタイプが出てきて斬新さに目を奪われることもあります。中には、結婚式にご招待される前から、可愛くてカラフルな祝儀袋を見つけていつか使ってみたいと思う方もいるかもしれません。

ただし、結婚式のご祝儀袋の色の選び方としては、ベースが白を選ぶのが基本です。特に、目上の方やご親族、先輩などにお祝いを贈る場合には、白を基調としながらも水引やのしにも伝統を守ることが礼儀にかないます。のしは紅白、水引は金銀を選ぶようにしましょう。

せっかく招待していただいたのに結婚式に出席できない場合は、ご祝儀も気持ち程度で問題ありません。ご祝儀袋も、本式のタイプではなく、印刷された略式でOKです。とはいえ、のしや水引が省略されていては結婚式のお祝いという意味がありません。印刷でも、紅白の水引があるご祝儀袋を選びましょう。

贈る相手ごとのご祝儀袋の選び方

結婚式への参加は、ご新郎ご新婦との関係性が重要な問題です。ご祝儀袋も同様で、贈る相手とどのような間柄なのかをわきまえて選ぶ必要があります。例えば、夫婦連名で、あるいはご親族が結婚式に参加する場合には、ご祝儀もかなりまとまった金額になるのが一般的です。金額が大きいときのご祝儀には、金額に見合ったご祝儀袋を用意するのがマナー。格式のあるご祝儀袋としては、檀紙という表面に波のようなしぼが入ったタイプがあります。

会社関係などのおつきあいの場合は、水引の色が金銀ではなく紅白でもOKです。会社関係やご親族でも、連名でご祝儀を贈ることがあるでしょう。そのようなときには、目上の人から順に、右から氏名を連ねるのがマナーです。

最近、話題になっているカラフルなご祝儀袋には、紙製はもとより布製や木製のタイプまで登場しています。このようなアレンジタイプのご祝儀袋を贈っても問題ないのは、ごく親しいご友人関係や後輩などと認識しておきましょう。どんなに美しいご祝儀袋でも、略式の印象を与えてしまいます。また、カジュアルタイプのご祝儀袋でも、カラーは淡いものが好印象です。水引も、失礼にあたらないアレンジかどうかを確認しておいたほうがよいでしょう。

金額に合わせたご祝儀袋の選び方

ご親族や夫婦連名での結婚式への参加のケースでもご紹介したように、ご祝儀袋はご祝儀の金額によって合わせることも大切です。カジュアルなご祝儀袋に5万円以上ものご祝儀が包まれていたら、受け取る側も困惑しかねません。まとまった金額が包まれていることは、ご祝儀袋を見ただけでわかるようにするのが正式マナーです。

3万円程度のご祝儀を包むのであれば、ごく一般的なご祝儀袋が向いています。紅白ののしと金銀あるいは紅白の水引をかけたタイプで、結び切りをアレンジした、あわじ結びでもOKです。同じ2~3万円程度のご祝儀でも、ごく親しい友人関係や後輩へのご祝儀であれば、おしゃれでカジュアルな最新流行のご祝儀袋でも問題ないでしょう。結婚式当日に参加できない場合は、さらに略式となる印刷タイプのご祝儀袋でも問題ありません。

ご祝儀袋ひとつとっても、結婚式にはマナーがたくさんあります。お祝いする気持ちがあれば何でもよいというわけではなく、ご新郎ご新婦を援助してきた目上の方にも失礼のないように、正式なマナーを心がけるようにしましょう。

また、ご祝儀袋は「ふくさ」に入れてもっていくのがマナーです。そのままかばんに入れると、折れ曲がってしまったり、汚れてしまったりしてしまいます。ご新郎ご新婦へのお祝いとなる品を不格好な状態で渡すわけにはいきません。「ふくさ」に包んで持参しましょう。


wedding-attendance