結婚式の招待状を返信する際にイラストはあり?マナーをおさえておこう

千葉県、セントマーガレットウエディングで使える招待状


結婚式の招待状をいただいたら、参加するかしないかの返信を送るのがマナーです。参加すると返信したら、よほどのことがない限り欠席するのは失礼ですし、逆に欠席を申し出たのに後から参加したいとお願いするのもマナー違反です。同時に大切になってくるのは、招待状を返信する際のタイミングや返信内容について。ここでは、結婚式の招待状を返信する際のマナーを紹介します。

基本的な招待状の返信マナー

結婚式の招待状の返信には、守るべきマナーが複数あります。次に紹介するマナーを守って、恥ずかしくないようにしましょう。

記入時の筆記用具

一般的には毛筆や万年筆を使い、黒いインクでの記入がマナーです。ただ、使い慣れない毛筆や万年筆で書いて不格好になるのであれば、書き慣れているボールペンで書くのもありです。あらかじめ記載されている文字に二重線などを入れる部分も多いため、定規を用意してきれいな線を引くことも大切です。

記入時のマナー

返信の宛名は、通常なら「山田 太郎 行」というように、「氏名」と「行」の2つが記載されています。返信する際は、「行」に二重線を引いて、「様」と書き直すようにしましょう。

「出席」か「欠席」かを選ぶところは、通常、「御出席」「御欠席」、もしくは「ご出席」「ご欠席」と記載されているので、出席なら「御」もしくは「ご」を二重線で消して、「出席」部分に〇をします。その際、欠席の文字を二重線で消すのを忘れないでください。やむを得ず欠席する場合は、「御出席」と「御欠席」の「御」を二重線で消してから欠席に〇をつけましょう。「残念ながら欠席させていただきます」と横に記載しておくと丁寧です。

招待状を返信するタイミング

結婚式の招待状は、あらかじめ返信期限が設けられています。期限までに返信することはもちろん、招待状が送られてきたらできるだけ早く返信するのがマナーです。目安として、招待状が送られてきた1週間以内に返信するとよいでしょう。

参加できるかどうかすぐに判断できない場合は、ご新郎ご新婦に事前に連絡して、状況をきちんと説明するようにしましょう。状況を説明する際に意識してほしいのが、曖昧な伝え方をしないこと。いつになったら判断できるのかを明確に伝えて、ご新郎ご新婦が安心できるような配慮をしましょう。

招待状の返信で注意したいのが、欠席と返信する際のタイミングです。「欠席」とすぐに返信をするのは、相手に対して失礼に当たります。ご新郎ご新婦にしてみれば、お祝いしてほしいと、せっかく招待状を送ったのに最初から出席するつもりがないのかとガッカリさせてしまうかもしれません。出席できないとしても、1週間くらいは間を空けて欠席の返信をするようにしましょう。さじ加減が難しいところですが、思いやりを持って対応しましょう。

招待状返信をする際にイラストを記載してもよい?

お祝いと慶びの気持ちを込めて、結婚式の招待状に返信する際にイラストを描いて送るのがブームになっています。出席や欠席の欄は残したままで、部分的に華やかな装飾を描いてみたり、ハッピーなイメージのイラストを描いてみたりと人それぞれに趣向を凝らしています。中には、返信ハガキの全面を使用して、四コマ漫画を描いている人などもいます。

このような趣向が、特にご新婦さんに喜ばれているようで、記念にもなると話題になっているようです。返信アート、返信デコなどとも呼ばれていて、SNSに残す人も大勢います。

ただし、イラストを描いてもよい場合はごく親しい間柄に限られます。例えば先輩の結婚式だとしても、とても仲がよくて歓迎してもらえる関係ならよいでしょう。ご親族や上司などの結婚式の場合は、返信ハガキにイラストを描くのは控えておくのが賢明です。

招待状にイラストを記載する場合の書き方

結婚式の招待状の返信ハガキに描くと喜ばれるイラストは、おめでたいことが一目見てわかるような内容がよいでしょう。例えば、ご新郎ご新婦が笑顔で寄り添っていたり、花柄やハートマークなどをあしらっている返信アートもあります。人気のキャラクターを描いて、明るい雰囲気を出すのもありです。ご新郎ご新婦が好きなキャラクターなどを添えてみるのもよいアイディアといえるでしょう。

イラストに卓越した人なら、ストーリー性のあるイラストを返信ハガキの全面を使って描いてみるのもよいでしょう。落ちが上手くいっていれば、ギャグ漫画でもOKの場合があります。

大切なのは、ご新郎ご新婦に喜んでもらうこと。そして、お祝いの気持ちをイラストでわかりやすく表現することです。結婚式に招待された席にもう座っているかのような気持ちでイラストを描くと、失礼のないイラストに仕上がりそうです。

少し前には、結婚式の招待状の返信ハガキにイラストを描くなど、タブーだったはずです。しかし、時代の風潮は変わるもので、いまや返信アートが流行っているから描きたいと思う人も増えているほど。親しい間柄だからこそできる、招待状の返信ハガキに描くイラスト。ひょっとすると、ご新郎ご新婦にとって、ご祝儀以上に記念に残したい思い出になってくれるかもしれません。仲のよいお友達がこれから結婚するなら、今のうちから返信アートの内容を考えておくのもよさそうです。


wedding-attendance