結婚式に参列する際に最低限おさえておきたい服装のマナー【女性編】

熊本四季の丘:女性ゲストの服装


結婚式という晴れの舞台は、お呼ばれされた側もウキウキと気分が高まるものです。まだ独身ならば出会いのチャンスにもなりますし、お洒落にいつも以上に力が入る女性も少なくないでしょう。しかし、結婚式に参列する場合の服装は、守らなければいけないことがありますので、マナーをおさらいしておきましょう。

結婚式のドレスコードの種類

結婚式と一口に言っても、ふさわしいスタイルはさまざまです。すべての冠婚葬祭の式典には正礼装、準礼装、略礼装がありますが、結婚式も例外ではありません。

もっとも格式が高いのが正礼装です。自分の子どもが結婚する時や、ドレスコードでの規定がある場合には正礼装でのぞみましょう。特に規定がない場合には準礼装での出席が一般的です。準礼装とはいわゆるセミフォーマルのことで、入学式、卒業式レベルの装いになります。昼間の結婚式ならばドレススタイルが望ましいところですが、派手に光るような素材は避けるのが無難でしょう。むしろ、ヒザ丈からセミロング程度のスーツやワンピースが無難かもしれません。

また、略礼装というのは、カジュアルスタイルのことです。格式ばらない、内輪だけの結婚式では略礼装でもかまわないでしょう。普段通りの服でかまわないとはいえ、ドレスを着たい人もいるかもしれません。そんな時には、派手すぎないカジュアルブランドのドレスを着用するのもひとつの方法です。

女性のドレスのマナー

正礼装、準礼装、略礼装のいずれの場合にも、いつもはあまり着る機会のないドレスを着用するにあたっては、露出度などに注意しましょう。胸元、腕などが過剰に出ているドレスは、やはり結婚式にはふさわしくありません。ただ、夜間の結婚式ならばイブニングドレスが基準となるので多少露出が多めでも問題ありません。

ドレスの色は、やはり花嫁とかぶる白は避けなければいけません。不祝儀を連想させる黒もやめておいた方がいいでしょう。どうしても黒にしたいならば、光沢のある生地にしたり、色物のショールやジャケットを羽織るようにしましょう。

いずれにせよ、結婚式の服装は季節感も考慮した着こなしを心がけることが大切です。パーティー用の服は薄手のものが多いですが、冬はボレロやファーなどをあしらい、暖かな着こなしをしてください。

着物を着る際のマナー

結婚式に着物で参列する際には、花嫁も着る可能性のある大振袖は避け、中振袖か訪問着を選ぶようにしましょう。花嫁より目立つようなことがあってはいけませんが、かといって晴れの舞台にふさわしくないような着物もいただけません。

また、結婚式というと黒留袖というイメージを持っている人も多いかもしれません。しかし、黒留袖はご新郎ご新婦のご両親、身内の既婚女性など限られた人だけが着用していることがほとんどなので、注意しましょう。

いずれにせよ、着物を着る際にも色は控えめに、柄はおめでたいものにするというのも非常に重要なポイントです。花嫁とかぶる白、ご親族とまぎらわしい黒は避けた方がいいでしょう。日本の花である桜の着物も結婚式らしい艶やかさがありますが「桜散る」を連想させるので縁起が悪いと言う人もいます。縁起を気にしない人もいますが、むしろ気を付けたいのは季節感かもしれません。冬の結婚式に桜の着物を着て行くようなことは避けるようにしてください。

小物類のマナー

結婚式に参列する時には、服装だけではなくバッグやアクセサリーなどの小物についても十分な配慮が必要です。たとえば、バッグは高価なブランドバックならばいいというわけではありません。大きすぎるバッグはマナー違反なので、必ずクロークに預けましょう。また、小さなパーティーバッグでは足りないからと、紙袋をサブバッグにするようなことも厳禁です。

アクセサリー類も華美過ぎないように留意しなければいけません。主役はあくまでも花嫁なので、ゲストの方がキラキラしすぎているアクセサリーを身に付けることは好まれません。ネックレス、イヤリング、ピアス、指輪などを使用すること自体に問題はないので、パールなどの上品なものを選択するようにして下さい。ダイヤモンドでも、結婚指輪や婚約指輪ならばOKです。

お洒落の仕上げは足元ですが、指や甲が露出している靴も結婚式にはふさわしくありません。ミュールやオープントゥは避けましょう。ブーツもフォーマルな場には不適切なので、冬場は注意してください。パンプスならば正装になるので、洋服の色にあったコンサバティブなデザインのものにしておけば、まず間違いないと言えるでしょう。

いかがでしたでしょうか。結婚式の参列にあたっては、女性の装いで守らなければいけないルールはいろいろとあります。服装だけではなく小物に至るまで気を配ることが大切なのです。しかし、いくつかルールがあるとはいえ、がんじがらめというほどではありません。許容範囲内でお洒落を楽しむことは十分できますので、ポイントを押さえて、自分なりのファッションを満喫してみてはいかがでしょうか。


wedding-attendance