ブライズメイドにはどんな役割が込められている?

千葉セントマーガレットウエディングで学ぶブライズメイドの役割


日本ではまだあまり馴染みがないかもしれませんが、欧米の結婚式ではブライズメイドはなくてはならない存在と言えます。ドラマでお揃いのドレスを着てご新婦のまわりに並んでいるのが、ブライズメイドです。日本でも徐々に注目されつつあるブライズメイドですが、その役割について解説します。

プライズメイドとは?

ブライズメイドとは、花嫁の付添人、立会人とも言われています。花嫁をいろいろな形でサポートするのがブライズメイドのしごとです。花嫁のご友人、姉妹、ご親族で、基本的に未婚の女性に任されます。一方、ご新郎のことをヘルプする人々はアッシャーと呼ばれています。

ブライズメイドの歴史は古く、その起源は中世ヨーロッパです。花嫁の幸せに嫉妬する悪魔から花嫁の姿を隠すために、花嫁によく似た格好の女性を付き添わせたことが始まりと言われています。

そのため、現在でもブライズメイドはお揃いのドレスを着て結婚式に花を添えているのです。バージンロードで花嫁を先導して歩くブライズメイドたちの華やかな姿に、結婚式のムードも一気に華やぎます。

ブライズメイドの役割

ブライズメイドの役割は、結婚式、披露宴、2次会などを企画段階からお手伝いすることです。結婚式当日にゲストの皆さまの目をひくお揃いのドレスも、ご新婦と相談して選ぶことになります。

ブライズメイドは、結婚式の数ヶ月前から数週間前に開かれる花嫁の独身最後のパーティー、ブライダルシャワーを企画することに始まります。女性だけが参加できるこの集まりでは、花嫁へのプレゼントも欠かせません。記念になる品を選びましょう。

結婚式当日は、花嫁の入場にさきがけてバージンロードを歩きます。花嫁のすぐ前を歩くのは、ブライズメイドのリーダー、メイド・オブ・オーナーが務めますが、非常に重要な役割です。

式の最中はベールやドレスの裾をなおすなど、常に花嫁が美しく見えるように心を配りましょう。花嫁のグローブやブーケを預かることもあります。式が滞りなく進行するように、できるかぎりのサポートをするようにしましょう。

また、ブライズメイドは立会人でもあります。ご新郎ご新婦の結婚の誓いを最も近い場所で見届け、おふたりが約束を交わしたことの証人になるのです。

また、ゲストの皆さまで混雑してくると、受付係だけでは対応しきれない場面も出てきます。必要に応じてゲストの皆さまの案内をするのもブライドメイドの役割のおひとつです。ブライズメイドが全面的に受付を担当するケースもあります。

ブライズメイドのドレスの選び方

お揃いのドレスに身を包んだブライズメイドのいる結婚式は、それだけで華やかさが違います。ただ、ブライズメイドのドレスを選ぶ際にはいくつか注意しなければいけないポイントがありますので、確認しておきましょう。

まず、ブライズメイドはご新婦より目立たないようにしましょう。ウエディングドレスとかぶる白、クリーム色などは避けた方が無難です。ただ、ドレスではなくシンプルなワンピースにするならば、結婚式らしい雰囲気を演出することもできるかもしれません。

また、黒いドレスは厳禁です。なぜならば、ブラックのドレスには「私はこの結婚を認めない」という意味があるからです。消去法で何らかの色物がふさわしいということになりますが、あまりに派手な原色でも花嫁より目についてしまいます。パステルカラーの膝丈ドレスなどにすれば問題ないでしょう。

ブライズメイドは通常、3~5人で行います。5人以上ということもありますが、当然、プロポーションもひとりひとり違うはずです。どんな体型でもキレイに見えるデザインのドレスを選択するようにするのも大切なことでしょう。シンプルでありながら、ひとつどこかに目をひくアクセントがあしらわれているようなドレスならば、あまり着る人を選びません。

また、日本らしく和装にするというのもひとつの方法です。まったく同じ着物を揃えるのは難しいでしょうから、それぞれが成人式で着用したものを着るのでもかまいません。ただし、花嫁以上に目立つことのないように、帯を控えめなデザインにするなどの工夫をしましょう。もし、ブライズメイドが和装ならば、アッシャーも紋付袴にすれば、和の状況をたっぷりと楽しむことができそうです。

親しいご友人だけを招いての結婚式ならば、よりカジュアルなスタイルでもOKです。お揃いの花冠をつけるなど、キュートな装いもいいものです。何よりも気軽な装いならば、ご新郎ご新婦の自然な笑顔をたくさん引き出すことができるのではないでしょうか。

いかがでしたでしょうか。これからご友人の結婚式が控えているならば、ブライズメイドを取り入れてみるというのも賢い選択です。ご新郎ご新婦だけではなく、ご友人とワイワイ作った結婚式というのもきっと思い出に残るはずです。また、ブライズメイドの体験は必ず自分が結婚式を挙げる立場になった時にも、活かすことができるはずです。ご新郎ご新婦もそのご友人も、たくさんの人がハッピーになれる、イチオシのブライズメイドを検討されるなら式場のウエディングプランナーに相談してみてください。


wedding-attendance