おもてなし婚に最適! 二部制ウエディングの魅力

おもてなし婚  二部制ウエディング


結婚式にはさまざまな形式があります。その中で「二部制ウエディング」というものはご存知でしょうか。結婚式や披露宴をする大筋の流れは通常の式と大きな違いはありませんが、二部制に分ける事で、また違った結婚式を楽しめます。では実際のところ、二部制のウエディングとはどういった形式で行うものなのでしょうか?ここでは二部制ウエディングの魅力や進行方法をご紹介します。

二部制ウエディングとは?

二部制ウエディングは、端的に述べれば披露宴を一部と二部に分け、二回行う形式の事を言います。多くの二部制ウエディングでは、一部の披露宴で親族を中心に行い、二部ではご友人や知人のみとする披露宴が行われるものです。

二部制に分けて披露宴を行う魅力は、幅広いゲストの皆さまに満足してもらいやすい点にあります。例えば、格式を重んじるご両親やご親戚が多い場合、全てのゲストの皆さまをひとまとめにする披露宴ですと、会場全体が堅苦しくなりやすくご友人や職場の同僚の方などが気を使ってしまい、最高のおもてなしがしにくくなってしまうことがあります。その点、二部制ウエディングではご両親、ご親戚とご友人を分けて行うことができるで、招待するゲストさまに合わせて納得のいく披露宴を催せることができるのです。

また、ご親戚が多かったり、ゲストさまとしてお招きしたいご友人や知人、あるいは仕事の関係者が多かったりする場合、ひとつの会場では収まりきらないという例も少なくありません。そのようなケースでは、二部制ウエディングにすると、会場に収まりきらない事はありませんので、大人数の披露宴に対しても有効なスタイルとして人気があります。

二部制ウエディングのゲストさまの分け方

二部制のウエディングを取り入れるとき、どのようにしてゲストの皆さまを分けるのか分からない事もあると思います。一般的には一部をご家族やご親族の方のみ、あるいは会社の上司なども含めて行われる事が多いです。要は丁重に扱いたい方や、自分達からして目上の立場となる人がメインとなるのが一部に分けられます。

対して二部は、親しいご友人や知人のように、仲良く接したい人たちをメインとして分けます。パーティの形式としては、一部は着席しての披露宴に対して、二部は立食パーティとして気軽に身動きやコミュニケーションを取りやすい形式にすると良いでしょう。

中には一部を友人や知人、二部をご親戚などにしたいと考える人もいるかもしれません。ただ、披露宴は通常、挙式がされた後に開かれるため、二部制の方々にはどうしても一部の披露宴が終わるまでの待ち時間が発生します。ご親戚や目上の人が多い人を待たせるのは失礼に当たりますので、一部に分けるのが無難です。もちろん、二部に分けたご友人達も待たせてしまう結果にはなりますが、会場エリアを工夫し、空いた時間を楽しく過ごせるような工夫を取り入れると良いかもしれません。

二部制ウエディングの進行スケジュール

二部制ウエディングにはさまざまなスタイルの進行スケジュールがあります。代表的な3パターンをご紹介します。

挙式後に披露宴を二部実施するスタイル

挙式、一部、二部と続く進行スケジュールは、挙式が終わってから一般的な披露宴を行いつつ、1.5次会のような感覚で披露パーティに進められるため、流れがとてもスムーズです。ただ、挙式に参加してくれた人で二部に分けられている場合、パーティ開始までの空き時間が発生してしまうのが注意点です。何かしらの空き時間の過ごし方を提案するフォローを入れるべきでしょう。

披露宴、挙式、披露宴の順番で行うスタイル

一部パーティ、挙式、二部パーティと続くスタイルの進行スケジュールは、一部と二部の全ての方々に挙式に参加してもらいやすいメリットがあります。また、二部のパーティは始まるとき、ご両家のご両親が同僚や友人に挨拶しやすい流れでもあります。ただ、挙式を行う前に披露宴をされる事にやや抵抗があるご親族も少なくないと言われるので注意が必要です。その点は、お披露目会として一部のパーティを行うのもひとつの方法でしょう。

挙式も披露宴も二回行うスタイル

挙式、一部パーティ、挙式、二部パーティと続くスタイルの進行スケジュールは、全員のゲストの皆さまの前で結婚を誓えるメリットがあります。一部で列席されたゲストさまが、そのまま二部に列席する事も可能です。二部のゲストさまに披露宴まで待ってもらうような空き時間も発生しないため、ゲストの皆さまへの配慮がなされたスタイルと言えるでしょう。ただ、細かくスケジュール管理を行わなければご新郎ご新婦が休む時間を確保できない場合があるので注意が必要です。また、長時間使用できる会場を押さえる必要もあります。

二部制ウエディングを行う場合の結婚式場の選び方

二部制ウエディングを行う場合、適した会場を選ぶ必要があります。というのも、通常の結婚式と違い、二部に分けた式は時間が長めにかかります。ホテルや専門式場の場合、他の組の予約が後に入っている場合があったり、そもそも二部制に対応してくれなかったりする可能性があります。そこで、二部制ウエディングを取り入れたいのであれば、「レストラン」や「ゲストハウス」を貸し切って利用するのがおすすめです。レストランやゲストハウスを貸し切る場合、自由度が利く披露宴を挙げられますし、時間的な問題もありません。特に挙式を二回行うスタイルですと、最も時間がかかってしまいますので、レストランやゲストハウスを借りて披露宴を行われる事をおすすめします。

ゲストの皆さまをまとめて招き入れる一般的なスタイルとは違う二部制のウエディングは、雰囲気を変えたパーティができたり、多くのゲストと触れ合いやすかったりするメリットがあります。人数が多い方にも対応出来るスタイルですので、ご希望の場合は二部制ウエディングを採用してみてはいかがでしょうか。


wedding