結婚式で取り入れておきたいサムシング・フォーについて

結婚式 サムシング・フォー


結婚式に関する言葉で「サムシング・フォー」と一度は聞いた事があるのではないでしょうか。ただ具体的にどういった意味を示しているのか、結婚式に取り入れられるものなのか、イメージが湧かない人も多いかと思います。そこで、サムシング・フォーについて紹介していきますので、参考にしてみて下さい。

サムシング・フォーとは?

サムシング・フォーは一言で言い表すのであれば「おまじない」の一種です。これは、ヨーロッパのおまじないで、花嫁が幸せな結婚生活が送れるようにと受け継がれてきています。結婚式の当日、花嫁がサムシング・フォーを身につけることで、必ず幸せになるというジンクスがあるのです。

サムシング・フォーの由来は、英語圏の伝承童謡として有名な「マザーグース」という歌で、イギリスやアメリカが発祥です。海外の結婚式では多く取り入れられており、200年以上も昔から取り入れられています。

具体的にサムシング・フォーとは「何か古いもの」「何か新しいもの」「何か借りたもの」「何か青いもの」を示しており、それら全てを身につけて結婚式当日を過ごす事が、幸せな結婚生活へのおまじないなのです。

サムシング・フォーで揃えるべき4つのアイテム

サムシング・フォーを結婚式で取り入れるならば、4つのアイテムを揃える必要があります。それぞれ、具体的にどういったものが必要なのかを知り、式までに準備してみましょう。

Something Old

「Something Old」は、何か古いものを意味しています。この古いものという言葉には、これから始まっていく新しい生活を、より豊かに過ごしていけるよう、祖先から伝えられてきたものを受け継ぐという意味が込められています。サムシング・フォーの文化が残るヨーロッパでは、母親や祖母より受け継いだジュエリーが一般的です。あるいは、ウエディングドレスが受け継がれ、それをSomething Oldとして身につける場合もあります。

Something New

「Something New」は何か新しいものを意味しています。これは、新しい生活がより幸せになるように願いを込めて、新品のものを身につけるということです。例えば、結婚式の当日に新調するとすれば、ウエディングドレスやシューズなどでしょう。ですが、特にこれといった決まりはなく新しいものであれば、なんでも問題ないと言われています。

Something Borrowed

「Something Borrowed」は、何か借りたものを意味しています。これは幸せな結婚生活を送っている既婚者から幸運を分けてもらうものです。その人の幸せにあやかる意味があり、例えばハンカチを借りたり、ベールを借りたりするなど、そういった小物を借りる傾向があります。

Something Blue

「Something Blue」は何か青いものを意味しています。青は幸せを呼ぶ色であるほか、信頼や忠実などを象徴する色と言われています。聖母マリアのシンボルカラーとしても有名な色であることはご存知の方も多いのではないでしょうか。花嫁の純潔、貞操、清らかな部分を表すために、人の目につかない部分に身につけられる事が多くあります。例えば、ヨーロッパの文化ではガーターベルトに青色のリボンをつけておく事が多いようです。

これらのように、サムシング・フォーは全部で4つのアイテムがおまじないとして用意されます。元はヨーロッパの文化であったために日本ではあまり馴染みがありませんでしたが、今では日本にも浸透しつつあるため、実際にサムシング・フォーを結婚式に採用されている方も少なくありません。

サムシング・フォーのおすすめアイテムや演出

サムシング・フォーを結婚式に取り入れるだけではなく、その他のおまじないなど、幸福を呼び寄せることも知っておくと、縁起の良いものをたくさん結婚式に取り入れやすくなりますので、いくつか紹介していきます。

アーモンドドラジェ

アーモンドドラジェは結婚式のおまじないとして人気があります。これはフランス語で幸福の種といわれ、砂糖でアーモンドの実をコーティングしているお菓子です。アーモンドドラジェは古来から子宝に恵まれやすくなると言われており、結婚式のようなお祝い事には欠かせないお菓子でしょう。一般的にプチギフトのように、ゲストの皆さまへ渡すお菓子として使われる事が多いです。

フラワーシャワーやライスシャワー

挙式が終わったあとに、教会からでてくるご新郎ご新婦にゲストの皆さまが祝福する演出がフラワーシャワーやライスシャワーですが、フラワーには幸せを妬む悪魔を花の香りで清め、ご新郎ご新婦を守るという意味が隠されています。対してお米を使うライスシャワーは、お米が豊かに実るように、子宝に恵まれるといった子孫繁栄の願いが込められています。

ブーケトス

ブーケトスは、多くの結婚式で取り入れられているでしょう。挙式が終わってからご新婦が女性のゲストの皆さまに向かって後ろ向きでブーケを投げ、受け取った女性が次の花嫁になるという言い伝えです。幸せのバトンタッチという意味があるようで、今や定番であり一般的でもある演出ではないでしょうか。

6ペンスコイン

マザーグースの歌に登場している6ペンスコインを1枚、花嫁の左足の靴の中に入れておくと、ご新郎ご新婦は豊かにいつまでも暮らしていけるという言い伝えがあります。6ペンスコインはイギリスにて約400年に渡り使用されてきましたが、今では製造されていないアイテムです。ブライダルグッズを取り扱う店舗では購入出来るので、プランナーの方に相談してみると入手しやすいでしょう。

サムシング・フォー、そしてその他さまざまなアイテムや演出がありますが、どれも縁起を担いだものが多いです。今ではなく将来も幸せに過ごしていけるよう、結婚式にこれらの縁起物を取り入れてみてはいかがでしょうか。


wedding