結婚式でのご両親へのプレゼントならこれ! 人気の三連時計とは?

結婚式 ご両親へのプレゼント 人気の三連時計


結婚式でご両親への贈呈品として三連時計が贈るのが流行しています。王道な贈呈品としては花束やフォトフレーム、あるいは感謝状などが一般的ではありますが、今は「三連時計」に注目が集まっているようです。では、三連時計とは一体どういうものなのか紹介していきます。

三連時計が持つ意味とは?

三連時計は文字通り三つ連なっている時計の事を言い、一枚の木の板を3つにカットし、時計にしているものです。もともとは1枚の板から作られているため、それぞれの木目が繋がります。一般的に、中央の時計はご新郎ご新婦が、両側の時計はご両家のご両親が受け取るものです。三連時計の意味は、ご新郎ご新婦とご両家の親御様の3つの家庭が強い絆で結ばれ、さらには同じ時を重ねていくようにという意味があります。

三連時計におすすめの木の素材は?

三連時計には基本、1枚の木材が使われますので、その見た目や美しさに木の素材が大きく関わります。ご自身達に限らず、ご両家のご両親にとっても大切な記念品となりますので、発注するときはよりよい素材で製作をお願いすることをおすすめします。代表的な木の素材としては「ケヤキ」「カエデ」「クリの木」があげられます。それぞれの特徴をみていきましょう。

ケヤキ

ケヤキは強靭であり、耐朽性に優れた実用性のある木材です。木目は力強く、美しい見た目をしていて、古来より広葉樹として使用されてきています。硬く頑丈な素材なものの、加工は難しくなく、三連時計のような細かな製造が求められる商品に対しても取り入れられることが多いです。

カエデ

カエデは頑強な木材として知られ、身近なところではテーブルなどの家具に使用されます。頑丈でありながら木材としての価格はそれほど高くなく、コストパフォーマンスにも優れています。また、傷がつきづらい特徴があるほか、木目は柔らかく軽めの印象があります。木の質感が映える素材で三連時計をつくることができれば、きっと美しい仕上がりになるでしょう。

クリの木

クリの木は水質に強く、耐朽性に優れ、住宅の土台に使われることが多い素材です。質感は穏やかで、木目がふんわりと浮き上がるような見た目をしています。色合いは薄く、なめらかな印象がありますが、飽きづらい色合いや木目をしているので、三連時計にうってつけの素材です。

三連時計の種類

三連時計にはいくつかの種類があります。一つが「置き時計」として使われるもので、不安定にならないよう土台が付いていたり、裏面に支えが付いていたりするので、テーブルやサイドボードなどに配置しやすいです。

また、掛け時計として、壁にかけられるような作りになっているものもあります。置き時計と掛け時計の両方の使い方が出来るように作られているものもあり、オーダーの仕方によって使い道に幅が広がります。あらかじめ掛け時計として使う予定であれば、大きめのサイズで製作をお願いしたほうが、見栄えが良く実用性も高まります。

三連時計をオリジナリティ溢れるものにするには

三連時計を結婚式の贈呈品として取り入れるのであれば、いつまでも記念品として残るよう、オリジナリティを求められる事が多いです。例えばオリジナルメッセージを時計の表面や裏面に文字入れするものです。感謝の言葉であったり、記念の言葉、あるいは結婚式を挙げた日など、メッセージや記録を刻印しておいたりすると、オリジナリティが高まります。また、文字ではなく、イラストを時計にあしらえることで、より個性が強まる事でしょう。

自分たちの好きなものを取り入れたい場合は、時計そのものをキャラクターデザインの形に変える、あるいは模様を入れるなどして手作りをする方法もあります。結婚式の贈呈品であり記念品として形に残るため、個性を出すように作ってみるのも良いのではないでしょうか。

三連時計の渡すタイミング

三連時計をご両家のご両親に渡すタイミングは、主に披露宴です。一般的にケーキ入刀や余興などが終わり、ご新婦からご両親へと手紙を読んだ後に、花束や記念品の贈呈が行われます。三連時計を渡すときはこのタイミングで、花束と共に、三連時計をお渡しすると良いです。あるいは、花束の代わりとして、時計をお渡しする方法でも問題ありません。

渡すときは、化粧箱から時計を取り出し、そのまま時計を渡すようにしましょう。3つのうち1つがご新郎ご新婦のものとなりますので、自分たちの分は式場のスタッフに一時保管してもらいます。司会の人にどういった贈呈品が贈られているのか解説してもらったり、プロジェクターで動画を流してもらったりすると、よりゲストの皆さまに伝わりやすくなるでしょう。

結婚式や披露宴の内容は、時代と共にさまざまな変化が現れていきます。どのような贈呈品を用意するかも、今と昔では大きな違いがみられます。今や、ご両家とご新郎ご新婦の強い絆や今後の付き合いなども意味して三連時計を贈られる習慣も広がっていっています。花束だけでも十分素敵な結婚式となりますが、興味がある方は三連時計を用意して、記憶に残る素敵なプレゼントをしてみてはいかがでしょう。


wedding