おふたりで楽しめる結婚式のファーストミートとは?

おふたりで楽しめる結婚式 ファーストミート


結婚式において、ファーストミートという文化があります。日本ではそれほどなじみのある文化ではないように思えるかもしれませんが、もともと海外の挙式で一般的であるプログラムのおひとつです。

ファーストミートとは?

ファーストミートは、結婚式が開かれる直前まで、ご新郎ご新婦が別々の場所で準備するものです。そして、式の直前になって初めて、お互いの姿を披露する文化です。海外では多く取り入れられおり、結婚式の前にご新婦の花嫁姿を見る事で、幸せになれるという言い伝えがあり、習慣として誕生しています。

例えば、海外の映画ではご新郎が入場を先に行い、それからご新婦が入場してきます。その時、美しい姿に息を呑むような様子が描かれている事が多いですが、それはリハーサルをしたり、ご新郎ご新婦が一緒に衣裳の着替えをしたりせず、おふたりが入場して初めてウエディングドレスの姿を見るからなのです。

ファーストミートを行う手順

ファーストミートは、結婚式の準備の段階から意識する事が大切です。あくまで前提として、結婚式までご新婦のウエディング姿をご新郎が目にしない事が欠かせません。なので、準備の段階では、プランニングに関する打ち合わせは一緒に計画していけますが、衣裳選びについては、ご新郎とご新婦は別々に準備する訳です。ご新郎にとってもどかしい気持ちが芽生えるかもしれませんが、準備の段階から耐えます。

結婚式のリハーサルは数日前、あるいは当日に行われる事が多いです。当日の場合は、リハーサル時がファーストミートとなる瞬間です。事前にリハーサルをし、ある程度の式の流れが理解出来ており、当日にリハーサルを必要としないのであれば、まさに本番となる挙式のタイミングで、ファーストミートができます。ご新婦はご新郎に対してもそうですが、ご両親に対するファーストミートを行われる事も稀ではなく、結婚式当日、衣裳へ着替えた段階で行われる事があります。

感動的なファーストミートの方法

ファーストミートと一口に言っても、いくつかの方法があります。感動的な思い出として残したいのであれば、いくつか方法をチェックし、どれにするか検討してみましょう。

階段を使ったファーストミート

挙式場の形にもよりますが、多くの式場には大階段が設置されています。ファーストミートで、この大階段を使って初めて、ご新郎ご新婦が顔をあわせるというのも非常に感動的です。ご自身たちが感動できるというのもありますが、写真映えも非常に良いので、おすすめのファーストミートです。

ご新婦がご新郎を目隠しして行う方法

結婚式当日、おふたりの着替えが終わったら、スタッフの協力のもと、ご新婦がご新郎のもとに行きます。ご新郎の後ろからご新婦が目隠しをして、気持ちの準備ができたら目隠しを外し、ウエディング姿を目にする方法も魅力的です。夫婦らしさ、そして初々しい恋人のような魅力があるのではないでしょうか。

壁や扉を使ったファーストミート(道の曲がり角やドアもおすすめ)

ファーストミートでは、壁や扉を使った演出も素敵です。壁一枚、あるいは扉を挟んでご新郎ご新婦が立ちます。会話は出来ているものの、肝心な姿が見えない状態から、一気におふたりが顔を見ますと、感激できるはずです。あるいは、曲がり角を使って、手はつなげているけど姿は見えていない状況など、近くにいるのに姿はまだ見られないという演出も良いです。これらのようなファーストミートは、まるでドラマのような写真に残ります。

友人参加型のファーストミート

友人参加型のファーストミートでは、親しいご友人にご新郎の目隠しを協力してもらい、一気にご新婦の姿を見るというものです。複数のご友人をご新郎とご新婦の間に集め、一気に友人がはけると同時に、姿を目にできるような形も良いかもしれません。

ファーストミートはどのように楽しむ?

ファーストミートの楽しみ方はさまざまです。扉や大階段、道の曲がり角で写真撮影をして、一つの作品のような形として残す事も出来ますし、ファーストミートまでの映像を動画として残すのも良い記念になります。また、こま撮りをして、おふたりが出会うまでの瞬間を一瞬も逃さず写真にする楽しみ方も良いでしょう。ご新郎ご新婦がその瞬間を楽しむだけではなく、やはり後から見て結婚式当日を思い返せるような一枚に残しておきたいものです。

ファーストミートの注意点

ファーストミートの注意点は何より、ご新郎ご新婦が決定的な瞬間より先にバッティングしてしまわないようにする事です。そのためにはプランナーや周囲の方々の協力が不可欠となります。一番にプランナーへファーストミートをしたいという事を伝え、協力してもらいましょう。また、当然ですがどういった衣裳にしたのか伝えない事、そして結婚式当日直前には、少しでも時間に余裕を持てるよう準備を進めることがおすすめです。

ファーストミートはご新郎ご新婦同士以外もおすすめ!

ファーストミートの基本はご新郎とご新婦の間でされますが、ご新婦のご両親に対してする事も可能ですし、感動してもらえるのではないでしょうか。ほかにも、親しいご友人にも同じようにファーストミートとして花嫁姿を見てもらいたい場合は、プランナーにしっかり相談しておきましょう。ゲストの皆さまの多くは挙式場でファーストミートとなりますが、そのほか記念に残る形で写真におさめたいのであれば、演出を検討してみると良いでしょう。

ファーストミートにはさまざまな演出方法があります。まだあまり馴染みのないものかもしれませんが、感動的な体験ができることは間違いありません。おふたりの新たな門出を祝うのにピッタリなプランでしょう。


wedding