最近は増えている!? ブーケトスをやらない人が増えているワケ

ブーケトスをやらない 増えているワケ


ブーケトスは結婚式で必ず行うもののように思っている人もいるかもしれませんが、それは間違いです。最近では、ブーケトスはやらないカップルの方が多いというのはご存知でしたでしょうか?いったいなぜ、ブーケトスが下火になってしまったのでしょうか。また、ブーケトスに代わる方法はあるのでしょうか。気になる最新のブーケトス事情について詳しく解説します。

ゲストの皆さまが恥ずかしがってしまう

結婚式といえば、挙式後のブーケトスが定番のようなイメージを抱いている人も多いかもしれません。しかし、最近はブーケトスなしの結婚式が増えているとのことです。いったいなぜ、ブーケトスが避けられるようになってしまったのでしょうか?

そもそもブーケトスは「次の花嫁はアナタ」という意味を込めて、花嫁から未婚の女性に投げられるものです。西欧では花嫁の幸せをお裾分けするお遊び的な要素が大きく、日本でもチャペル式の結婚式が広まるのと同時に知られるようになりました。

しかし、最近ではブーケトスを行うカップルは2割程度という統計もあります。これほど下火になってしまったのは、未婚女性が「晒し者にされている」と、嫌がる人が増えたためと言われています。確かに、ブーケトス前に司会者に名前を呼び出されるというのは、晒し者にされているような感覚を覚える人がいるかもしれません。また、ご新婦が投げたブーケを必死に取ろうとする姿を見られるのは恥ずかしいと感じる方も多いようです。

ブーケトスは、20代前半の女性には好評価ですが、20代後半を過ぎていくとさまざまな挙式に参列しているためか、あまり積極的に参加したいという気持ちが起こらなくなるそうです。

予算の都合の問題も……

結婚式で以外とお金がかかるのが生花代です。ウエディングドレス用花束、カラードレス用花束の他に、ブーケトス用花束を用意しなければならないとなると、大きな負担になってしまうことは間違いありません。それでも、ご新郎ご新婦ともにブーケトスに意欲的ならば取り入れてみてもよいでしょう。しかし、どちらか一方が乗り気でないならばブーケトスを省略するというのもひとつの方法です。

ブーケトスをするか判断に悩んだ時は?

もし、ブーケトスをやる・やらないで悩んだ際には、まずはゲストの皆さまの構成を見直してみましょう。未婚者の方が圧倒的に多く、若いゲストの方ばかりならばブーケトスで問題が起きる可能性は低いかもしれません。しかし、既婚者の方が多い場合は注意が必要です。未婚の方がブーケトスの際に未婚であることが際立ってしまわないように配慮を忘れないようにしましょう。既婚者の方が多い場合には既婚者の方にもブーケトスに参加してもらうようにするのもひとつの方法です。

ブーケトスの代わりになるものはある?

いろいろと考えた末にブーケトスをやめると決めたのならば、代わりに何かイベントを行ってみてはいかがでしょうか。未婚女性ではなくゲストの皆さま全員を対象とすることによって、揉め事を回避することもできます。たとえばある地方では、嫁入りの時に紅白餅やお菓子を配るとのことですが、ブーケトスの代わりにそのような日本古来のしきたりを利用するのもよいでしょう。

また、最近ではご新郎によるブロッコリートスを取り入れているカップルもいます。ブロッコリーは成長して子房をつけるので子孫繁栄の意味を込め、ブロッコリーを花束に見立ててラッピングしてご新郎が未婚男性ゲストの皆さまに投げるのです。マヨネーズをセットにしたブロッコリートスを用意して、ゲストの皆さまを笑いの渦に巻き込むご新郎ご新婦もいます。ブロッコリートスから派生して大根トス、にんじんトスなどの野菜トスをするカップルもいるということですが、必ず式場の許可をとってからにしましょう。

やはりご新郎ではなくご新婦のアクションで式を締めくくりたいならば、ブーケプルズもおすすめです。花嫁のブーケの先に何本かリボンを出しておいて、それを未婚女性が引きます。一本のリボンだけがブーケとつながっていて、それを当てた女性が次の花嫁になるという、西洋の言い伝えから生まれた習慣です。ブーケトスのように競ってつかみとるものではないので、その姿が恥ずかしいと感じてしまう方の心配も軽減されるのではないでしょうか。花嫁のブーケからリボンが伸びて、まわりをドレス姿の女性ゲストに囲まれているというのはSNS映えする構図ともいえます。ブログなどに結婚式の様子をアップしたいと考えているカップルならば、取り入れてみるのもよいのではないでしょうか。

テレビドラマなどでは、おなじみのブーケトスですが、実際には恥ずかしい思いをしたことがある未婚女性も少なくありません。しかし、やはり結婚式の締めくくりとしてはご新郎ご新婦とゲストの皆さまが共有できるイベントが欲しいところです。もし、ブーケトスをしないならば、それに代わるいくつかの方法を試してみてはいかがでしょうか。


wedding