ジューンブライドは梅雨の時期だけど雨が降る結婚式が縁起がいいのは本当?

四季の丘:ジューンブライド 梅雨の時期 雨が降る結婚式の縁起のよさ


晴れやかでおめでたいイメージの結婚式ですが、実は雨が大きく関連しています。というのも、結婚式の一番にぎわうシーズンこそが梅雨時期にあたる6月であるためです。雨が降れば、招待客が訪れにくく、ロケーションも悲しげなものとなり、また雨音も気になるかもしれません。にもかかわらず、6月は「ジューンブライド」と呼ばれる結婚に適したタイミングとして有名です。なぜ、このような風潮ができあがっているのでしょうか。また雨によるわずらわしさを解消するためには、どのような工夫をしておけばよいのでしょうか。結婚のベストシーズンである6月の式を、主役、そして招待客まで誰もが満足度高いものとするためのポイントをご紹介します。

ジューンブライドは梅雨の季節なのになぜ人気?

ジューンブライドという言葉が先行しているため、なぜ6月が結婚の定番なのかという理由については、あまり知られていないかもしれません。事実、そもそもの起源は海外であるため、日本人としてはあまり縁がないかもしれません。古くは、古代ローマの神話にさかのぼります。

かつて、ユピテルとユーノという男女の神がいました。そしておふたりは、6月に結婚して幸せな家庭を築き上げたそうです。このことから、女神であるユーノが結婚の守護神として6月に祭られるようになりました。これにより、6月に結婚すると女神ユーノに見守られるため、生涯幸せな結婚生活を送れるという言い伝えが誕生したのです。これこそが、ジューンブライドの起源といわれているそうです。「6月の花嫁」という意味になる「ジューンブライド」という言葉ですが、もともとはユーノの綴り「Juno」が始まりであったともいわれています。6月が結婚に適しているからジューンブライドなのではなく、女神ユーノの結ばれた時期こそが6月であるため、結婚=6月という風潮が成り立ったのです。

海外信仰の強い日本においても、このエピソードは早いうちから実践され始め、それが今に至るまで伝わり続けています。とりいれたのはウエディング業界で、梅雨の影響で売り上げが低迷する6月の状況を何とか打開するため、イメージ戦略に取り入れたのが始まりと言われています。かならずしも6月でなければならないというわけでもありませんが、よりよいイメージを持って結ばれたいのであれば、やはりこの月は最適といえるかもしれません。

結婚式に雨が降ると縁起がいいって本当?

6月が結婚の定番となると、やはり気になるのは雨です。冒頭の通り、雨が降ることでいくつかのデメリットも予想されます。ですが、雨が降ることはかならずしもマイナスというわけでもありません。むしろ縁起がよいとすらされており、雨が降った方がよいイメージを持って結婚を迎えられるといっても過言でないほどです。

理由としては、たとえば、「雨降って地固まる」のことわざにもある通り、より結びつきを強固にする存在とも言い換えられるためです。結婚は別れることがないよう、永遠の愛を誓い合うためのイベントです。そこにきて、「固める」イメージのある雨は好印象に感じられます。

次に、雨は天から降り注ぐ存在であるため、「幸せが降り注いでいる」ようなイメージが感じられるためです。幸せの象徴ともいえる「天」からの恵みに、むしろ感謝も覚えられるかもしれません。その他、幸せを祝福して、天が涙を流している、また中国では雨の竜が祝福しに来てくれているともいわれているそうです。雨には、よいイメージも多数存在しているのです。

雨が降ったときのために必要な事前準備

雨にはよいイメージも伴うとはいえ、やはり参加者としてはわずらわしい存在に違いありません。そのため、快適に感じてもらえるよう、事前準備も重要となります。わずらわしさを上回るほどの満足感を得てもらえれば、雨の結婚式でもきっと有意義に過ごしてもらえることでしょう。

代表例としては、アメニティグッズの準備や、タクシーチケットの用意、雨を活かした演出などが有効です。雨への気遣いを用意しているという事実もまた、好印象に繋がることでしょう。とにかく、参加する来場者の視点に立って考えることが大切です。その他、招待状に雨への配慮の言葉を添えておくというのも重要です。

梅雨に結婚式を挙げる場合の式場の選び方

式当日における工夫も大事ですが、そもそもの式場選びもこだわれるとよりよいです。前項で挙げた工夫は式場担当者と相談しながら考えられますが、こちらに関しては主催者自身で検討する部分となります。こだわってみてください。

主には、駅から近く雨に濡れにくい会場、送迎バスが用意されている、雨への臨機応変な対応が特徴的な施設、着替え部屋が用意されているなどがポイントとなるでしょう。6月の挙式を考えるなら、これらに該当する会場を選ぶことをおすすめします。

ジューンブライドは、古代ローマ神話を起源とする縁起のよいエピソードが始まりといわれています。日本でも広く知られているので、結婚のタイミングとして適しています。ですが、雨の降りやすい6月の挙式には配慮も欠かせません。わずらわしく感じられないよう工夫を凝らして、満足度の高い結婚式を目指してみてください。


wedding