お盆に結婚式に挙げるのは非常識?

お盆に結婚式 非常識?


結婚式は、おめでたく縁起がよいイベントです。結ばれたおふたりが晴れてその事実を華やかに報告する場であり、逆におめでたく縁起が良くなければならないというイメージも強いことでしょう。仏滅が避けられることや、2で割れるご祝儀金額が相応しくないといった考えも、その代表例といえます。そんな中、お盆はどうなのでしょうか。先祖の霊を迎え入れ、そして送り出すといった、神妙で決して騒ぎ立てるべきとはいえない時期です。おめでたくにぎやかなイベントである結婚式は、あまりマッチしているともいえません。実際のところ、どうなっているのでしょうか。お盆と結婚式の関係性について、ご紹介します。

お盆中に結婚式を挙げてもよい?

まず、お盆の場合結婚をしてはいけないという決まりがあるのかどうかについて、ご説明します。これに関しては、ずばり間違いです。そうなると、結婚式場を予約検討する際、そもそもお盆時期は検討すらできない状況になるわけですが、決してそんなことはありません。どうしてもお盆でなくては都合がつかない、縁起の面などは特に気にしないといった場合は、前向きに考えても問題ありません。

またそもそも、お盆=縁起が悪いというのはあくまで世間的なイメージであり、厳密にはそこまで敏感になるほどでもありません。先祖の霊を迎え入れ、送り出す神妙で荘厳な時期ながら、だからといって呪われたり不幸に繋がったりするといったこともないのです。ご安心ください。

とはいえ、両手放しでおすすめできないのも実際のところです。自分たちやご親族が良くても、他の招待客がどうか分かりません。お盆は帰省や墓参りの時期として知られているため、早いうちからすでに予定を入れているといったケースも少なくありません。そうなると、期待した人数より少ない参加者しか集まらない式となってしまうことも考えられます。お盆の挙式は決して不可能でもありませんが、訪れやすい式になりにくいことも予想されるので、その点も理解した上で検討するようにしておくべきです。

お盆に結婚式を挙げるメリット・デメリット

前項では、お盆に式を挙げる上でのデメリット面に少し触れていますが、逆にその時期だからこそのメリットも存在します。結婚式に適していないどころか、むしろ進んで合わせたくなるような面も持ち合わせているのです。メリット・デメリット、双方照らし合わせながら、検討してみてください。

結婚式をお盆に挙げるメリット

まずメリットについてですが、何よりうれしく感じられるのが、費用を安く検討できるという点です。結婚式は、何かと大きな出費となるイベントです。そのため、少しでも安くまとめられるととても助かります。その点、お盆は結婚式場としても人気薄なタイミングであるため、比較的お得な金額で設定されていることが多いです。予算に余裕がない、予算はあるが、食事や引き出物など他の面を充実させたいといった場合は理想的な選択肢のひとつともなるでしょう。その他、長期休みであることによる、ハネムーンへの出かけやすさもメリットに挙げられます。

結婚式をお盆に挙げるデメリット

逆にデメリットとしては、夏真っ盛りであることから気温が高い、前項にも挙げた通り、参加者が予定を合わせにくい、また自分たちが良くても、縁起を重んじるご両親やご親族から反対されるといったケースが挙げられます。たかが縁起とはいえ、されど縁起です。そこまで深く考えない人もいれば、何より重んじる人もいます。周囲の理解が得にくいという点も、ポイントになってくるでしょう。

お盆に結婚式を挙げてよい場合とは?

前述のようなデメリットが発生しにくい状況であれば、メリットに重きを置いてお盆の結婚式が検討できます。デメリットに繋がりにくい状況とは、どのようなものでしょうか。主には、式場が近く、混雑しがちな公共の移動手段や道路状況にわずらわされない、身内のみや、仲のよい人だけでおこなうため参加者の出足を気にしなくていいといったケースです。こうした場合については、費用を抑えられるといううれしい面が際立つ式となるため、比較的安心です。

お盆に結婚式を挙げない方がよい場合とは?

逆に、お盆に挙げるべきでない場合としては、前述の反対の状況といえます。遠方の知り合いを呼んで、時間をかけて来てもらうとなれば、大変です。お盆ならではの混雑にわずらわされ、お祝い気分も半減といったところでしょう。結婚式は、自分たちも去ることながら、日ごろお世話になっている知り合い方に満足してもらうという意味合いも強いです。その点で、深刻なデメリットとなってしまいます。遠方からの来場者が多い場合は、予算が厳しい場合であってもなるべくお盆は避けるべきといえるでしょう。

結論からいって、結婚式にお盆を挙げてもそこまで問題はありません。そもそも結婚式場がお盆でも受け付けているわけですから、深刻に考える必要はありません。人気薄のタイミングであるため、費用が抑えられるというメリットにも期待できます。ですが、縁起を重んじるご親族がいる場合や、遠方からの来場者が多いともなれば、一概に理想的ともいえません。パートナーやご親族、そして担当者と相談した上で、慎重に判断することが大切です。


wedding