11月が結婚式を挙げる月として人気な理由とは?

セント・マーガレット ウエディング:11月の結婚式 人気な理由


結婚式を挙げる月として、1年の中でも1・2位を争う人気の月が11月です。では、なぜ多くのカップルが11月に式を挙げたいと考えるのでしょうか?その人気の理由について解説していきます。

一番の理由は「いい夫婦」の日?

11月22日は、語呂合わせで「いい夫婦」の日とされています。近年はこの日に入籍する芸能人や有名人も多く、縁起のいい日として有名になってきました。結婚式を挙げるにはまさにぴったりの日と言えるでしょう。ちなみに11月23日も「いい夫妻」の日と言われ、縁起がよいと言われています。
このことから11月22日・23日だけでなく、11月全体が縁起のよい月とされるようになりました。11月に結婚式を挙げれば、いつまでも仲のよい幸せな「いい夫婦」でいられるでしょう。

祝日が多いのも人気のひとつ!

11月3日の「文化の日」、11月23日の「勤労感謝の日」と、11月は一年の中でも祝日が多い月です。祝日が多いということは、ご新郎ご新婦はもちろんゲストの皆さまの都合もつけやすいということです。連休に当たれば、遠方からくる方も宿泊が可能になり無理なく来てもらえるでしょう。
また11月は他の月のようにお盆やハロウィンのような大きなイベントもなく、12月のように仕事やプライベートが忙しいということもないので、比較的のんびりとしていて招待しやすい月だとされています。更に春や年末年始のように何かと出費が多い時期でもないので、ゲストの皆さまのお財布にも優しいと言えるでしょう。

11月は気温が最適!

夏のうだるような暑さもなく、冬の凍えるような寒さもない11月。冬に向かっている時期ではありますが、カラッとした日が多く、穏やかな気温の日が安定して続きます。暑くも寒くもない月のため、服装で気温調節をしにくい場である結婚式にはとても適しています。
真夏の結婚式では汗でメイクが崩れたり、真冬の結婚式では上着を着ることができずに寒い思いをしたりすることがありますが、11月にはその心配がありません。更に春のように花粉が飛ぶこともないので、ゲストの皆さまにも快適に過ごしてもらえるでしょう。
また11月初旬から中旬は晴れになる日が多いとされています。日中は温かく、夏のように熱中症の心配もないため、ガーデンウエディングや屋外を使った演出も盛り上がるでしょう。

11月は和婚にもぴったり!

結婚式というとウエディングドレスを着る洋婚をイメージすることが多いですが、11月は白無垢を着る和婚・神前式にも向いています。
白無垢やお色直しに着る色打掛は枚数を多く重ねて着る必要があるので、夏は暑くて大変です。しかし11月なら気候が穏やかなので、快適に着こなすことができるでしょう。もちろん和装のゲストの皆さまも、夏よりも秋の方が過ごしやすくなります。
また秋といえば紅葉シーズンです。もみじやイチョウといった秋の風景は、日本古来の和婚にぴったりの景色。日本人である風情を感じながら、鮮やかながらも落ち着いた結婚式になるでしょう。前撮りを和装で、結婚式当日をウエディングドレスで行うというプランも人気です。

食欲の秋であることも人気のひとつ!

11月は美味しい味覚にあふれる季節。旬の食べ物が多いので、秋の食材を料理に取り入れることで季節感のある結婚式になります。また暑さでどうしても食欲がなくなる夏と違い、食欲が出る季節なのでゲストの皆さまに楽しく食事をしてもらえるでしょう。
秋の食材といえば、味覚の王様であるマツタケをはじめ、サーモンやサンマといった魚や、銀杏や栗といった木の実などが挙げられます。またリンゴやブドウ、柿といった果物や、サツマイモやカボチャも人気です。マツタケの土瓶蒸しやサーモンのカルパッチョ、栗やサツマイモを使ったデザートなどを取り入れて、美食ウエディングを叶えましょう。

人気の11月に結婚式を挙げたい場合式場はどのくらい前におさえるべき?

上記の通り、11月はさまざまな理由から結婚式に最適な月として非常に人気があります。そのため費用も他の月に比べて高めになりますし、何より予約が取りにくくなります。
結婚を決めてから挙式までは、半年~1年程度の準備期間が一般的。オフシーズンの結婚式なら半年前から準備を始めても大丈夫です。しかし11月に結婚式を挙げたいなら、遅くとも半年前、できれば1年前には式場をおさえておきましょう。特に土日や祝日、そして「いい夫婦」の11月22日は、かなり早い時期から埋まってしまいます。大安が重なる土日祝日は、1年以上前に埋まってしまうことも。希望の日程で挙式を行いたい場合は、なるべく早めに会場を手配することが大切です。婚約したらすぐにでも式場を探し始めるとよいでしょう。

縁起がよく、気候もよく、ゲストの皆さまの都合もつけやすい……と、挙式にあたり良いことがたくさんある11月。人気があるシーズンだということも納得です。その分式場が早くから埋まってしまうので、なるべく希望の式場は早めにおさえるようにしましょう。


wedding