花嫁の寒さ対策に欠かせないウエディングドレスの羽織にはどんなものがある?

花嫁の寒さ対策 ウエディングドレスの羽織


「冬のウエディングは寒いものだから、花嫁は我慢するしかない」と諦めていませんか?ウエディングドレスに合わせる羽織物は難しく、「着たいけどどんなものを着たらよいのかわからない」という人も多いのではないでしょうか。ウエディングドレスに合わせるおすすめの羽織物を紹介します。

寒さ対策に欠かせないウエディングドレスの羽織物

冬のウエディングはゲストの皆さまだけでなく、肩が出るドレスを着る花嫁さんも寒さ対策は欠かせません。もし、寒さ対策をしていないと、凍えてしまい結婚式どころではなくなってしまうかもしれません。ウエディングドレスに羽織物を羽織ることは、寒さ対策になるだけでなく、ドレスの印象を一気にチェンジすることもできます。ドレスの雰囲気を変えて個性を出すこともできるので、「人と一緒はイヤ」という人にもおすすめです。

ショール

上品で優しい印象にしてくれるショールは、暖かい素材を選べば寒さ対策もバッチリです。色物や柄物など種類も多く、寒さも対策しながら自分らしいドレス姿にチェンジできますよ。レースやシフォン素材がおすすめです。

ボレロ

素材や種類がたくさんあり、ウエディングドレスにも合わせやすいのでもっとも人気の羽織物です。レースやシフォン、ビーズ、ニットなど色々な素材やデザインがあります。袖も半袖タイプや七分丈などがあり、自分に合ったものが見つかるでしょう。羽織るだけでドレスの雰囲気もグッと変えることができます。

ケープ

肩や背中を覆うもので、袖はなく短めのマントのような形をしているものを言います。下半身まであるものはクロークと言いますが、同義にされることもあります。ロングケープはプリンセスのような可愛さで見た目もオシャレで可愛く、寒さ対策としても完璧です。

ジャケット

ウエディングドレスに手持ちのジャケットを羽織るというのも、オシャレに寒さ対策できるのでおすすめです。ウエディングドレスにデニムジャケットの組み合わせは特に人気で、カジュアルですが上級者なドレス姿に変身できます。お色直しくらい雰囲気を変えることもできます。そのほかレザーの茶色や黒のライダースジャケットもおすすめです。ウエディングドレスとライダースという上級者な着こなしは、人とは違うファッションを楽しみたいという人にはうってつけです。

シャツ

カジュアルなウエディングにしたい人は、ウエディングドレスにシャツを羽織るのもおすすめです。実は真っ白のウエディングドレスに対してデニムシャツやチェックシャツ、白シャツの相性は抜群です。上級者な着こなしでワンランク上のウエディングドレス姿になりましょう。

羽織物のタイプの種類

ウエディングドレスの羽織物で悩む女性も多いですが、実はウエディングドレスの羽織物には意外とたくさんの種類があります。ワンカラータイプのものや柄入り、スパンコールやニット、レース素材といった素材の種類も人気で、素材を変えるだけでも、一気に雰囲気を変えることができます。

また、半袖や七分丈、長袖など、袖の長さもさまざまです。半袖タイプのボレロは二の腕を隠したい女性に人気のアイテムですが、寒さ対策も考慮するのであればもう少し袖が長い方がよいかもしれません。肘がカバーできれば寒さも感じにくいと言われているので、寒さ対策には七分丈以上がおすすめです。袖の種類もパフスリーブやフレアスリーブなど可愛らしいものも多いので、ドレスに合ったものを選びましょう。

寒さ対策なら長袖のウエディングドレスもおすすめ

「寒さ対策を重視した羽織物」を探している花嫁さんには、長袖タイプのウエディングドレスもおすすめです。ウエディングドレスは袖がないものが一般的なので、寒さ対策として長袖のウエディングドレスにするという選択肢は忘れられがちです。長袖のウエディングドレスはエレガントですし、腕が太いなどの体型の悩みをカバーしながら寒さを対策することもできるのでおすすめです。

素材は女性らしいレースやシルクなどが人気です。ドレスラインはなりたい花嫁イメージや体型などを考慮して選ぶとよいでしょう。ドレスラインは主にスレンダー、マーメイド、Aライン、プリンセスなどがあり、Aラインやプリンセスは基本的には身長や体型などはあまり選びませんが、スレンダーやマーメイドは身長が高めで細身の人におすすめです。

ドレスのボリュームは会場の広さも考慮しないと失敗してしまいます。狭い会場でボリューミーなドレスでトレーンが長いと、歩くことすら困難になってしまいます。逆に広い会場でスレンダードレスを着ても目立たなくなってしまいます。ドレスを選ぶ際は会場の広さも考えて選ぶようにしましょう。

ウエディングドレスの羽織物は、定番のものからワンランク上のものまでたくさんあります。レースやシフォン素材なども女性らしく素敵ですが、寒さ対策としてはそこまでは期待できないでしょう。あえてデニムジャケットやチェックシャツなどオシャレ上級者な着こなしにチャレンジしたり、思い切って長袖のウエディングドレスにしてみたりするのもおすすめです。自分のなりたいイメージやドレスに合った羽織物を見つけて、ドレス姿を楽しみながら寒さ対策をしていきましょう。


wedding