ゴールデンウィークに結婚式を挙げる際の注意点やマナー

ウエディングアイランド マリゾン:ゴールデンウィーク 結婚式 注意点やマナー


連休でなにかと都合のよいゴールデンウィークに結婚式を挙げたいと考えているカップルもいることでしょう。とはいえ、ゴールデンウィークは結婚式を挙げるのに適しているのでしょうか?そこで、ここでは、ゴールデンウィークに結婚式を挙げる際の注意点やマナーについて紹介します。

ゴールデンウィークの結婚式の費用は安い?高い?

意外かもしれませんが、ゴールデンウィークの結婚式は比較的リーズナブルです。なぜならゴールデンウィークは会社の人やご友人との旅行などの予定を入れている人も多いので、参列者が少なくなりがちで結婚式を挙げるのを避ける方が多いためです。

そのため、結婚式場も低料金で提案しているところが多く、キャンペーン価格、割引価格にしてくれている場合があります。会社の休みも取れやすいので、結婚するカップルには穴場的なお得プランといえるでしょう。

ゴールデンウィークに結婚式を挙げるのは迷惑?

結婚式を挙げるカップルにとってお得なゴールデンウィークの結婚式ですが、参列したり招かれたりする人にとっては迷惑でしょうか。結論としては、一般的にゴールデンウィークは旅行やレジャーの予定を入れる人が多いので迷惑に思われてしまう場合が多いといえるでしょう。特に家族がいてさらに小さいお子さまもいる家庭となれば、レジャーの予定を入れていることも多いので、丁重にお願いするか、欠席覚悟で招待しなければならないということも頭に入れておきましょう。

また費用もご祝儀や交通費としてかかるので、旅行やレジャーも予定している人としては日程的に行けても出費が気になるかもしれません。また連休の初日などならまだしも、中日だったりすると予定を入れてしまっている、または予定を入れたいと考えている人も多いはずです。結婚式に来てくれたとしても、内心迷惑に感じられてしまうかもしれないということも気にしておきましょう。

結婚するカップルにとって迷惑だなと感じながら来てくれる招待客に祝福されるのも、あまり気持ちのよいものでもないはずです。そのため、もしゴールデンウィークに結婚式をしたいなら、他の日程で結婚式を挙げる以上に気を遣う必要があるかもしれません。たとえば、ゴールデンウィークを予定で埋めてしまう以前の、比較的早いタイミングで招待する、お気持ちとして、引き出物を少し豪華にする、招待状に気遣いの文言を添えるなどするとよいでしょう。

とはいえ、相手が身内となればまた話は変わってきます。遠方から来てくれるご親戚の方には、むしろ丁度長い日程が取れるゴールデンウィークの結婚式は好都合の場合もあります。身内だけ、内輪だけで少人数の結婚式をするなら、ゴールデンウィークは逆に最適となるかもしれません。とはいえ、遠方から招待するというのもまた心苦しいものがあります。交通費や宿泊費などの配慮は、忘れないようにしましょう。

ゴールデンウィークに結婚式を挙げる際の注意点

ゴールデンウィークの結婚式は欠席覚悟で招待すべきとはいえ、やはり実際に欠席が多い傾向があります。とはいえ、招待客を最初から少なく見積もっておくというのも、もし招待客が予想より来ることになってしまった場合、会場が狭かったとなると大問題です。招待客の人数は事前によく確認をしておきましょう。

また2次会、3次会についても負担になってしまう場合もあります。ご友人などがいて率先して会を開いてくれる場合は、むしろ予定がつけやすく問題なくお願いできると思います。ですがその場合でも、あまり無理をお願いしすぎないように注意しましょう。特に妊娠中の方や小さなお子さまのいる方には、期待を大きく持たないようにするべきです。

ゴールデンウィークに結婚式を挙げる際のおさえておきたいマナー

前述でも挙げた通り、ゴールデンウィークの結婚式は中日を避けた初日が理想的です。最終日という選択肢もありますが、その場合翌日から会社などがあったりするので、中日よりはましかもしれないものの、やはり初日の方がおすすめです。また招待する場合には早めに連絡しておき、とにかく謙虚な気持ちが大事です。「ゴールデンウィークでお忙しいと思いますが」などと、招待状を送る以前から気遣いの連絡ができているとよりよいです。日程が決まったら、招待客へは早めにお知らせしましょう。できれば半年前くらいがベストですが、少なくとも3ヶ月前にはお知らせしておくべきです。

ゴールデンウィークの結婚式は大勢の人を呼ぶということではなく、ご親戚や本当に親しいご友人数人を呼んで、少人数で結婚式をするというのもひとつの手段だといえます。費用が抑えられるというメリットもあるので、状況によっては理想的な選択肢となるかもしれません。

ゴールデンウィーク中の結婚式は迷惑に思われてしまうと言っても例外もあります。旅行先での結婚式ということとなれば、喜ぶ人も多いかもしれません。日程は限られているものの予算はあるといった場合には、検討してみてもよいでしょう。その場合、旅行先への交通費や宿泊代なども自分たちで費用負担すべきことも忘れないようにしましょう。場所が決まったら直接、具体的な場所を教えて相手の反応や興味のある場所なのか聞いてみるのもよいでしょう。

ゴールデンウィークに結婚式を挙げるのは、費用が比較的リーズナブルというメリットがあります。しかし、招待客にとっては旅行やレジャーの予定を入れたいゴールデンウィークに結婚式に招かれるのは、迷惑になってしまうことも考えられます。身内のみの結婚式であれば、遠方のご親戚などは連休の方が動きやすいことも考えられますが、ご友人や職場の仲間など、大勢を招待する際は欠席が多くなることを考えた上で、ゴールデンウイーク中の結婚式を検討してみてください。


wedding